【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末!「やすらぎの郷」との徹底比較

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末!

テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。
主人公菊村(石坂浩二)が描く脳内劇『道』の世界と現代の2つの物語で構成される『やすらぎの刻~道』(やすらぎのとき~ みち)。
主題歌は中島みゆき「慕情」「進化樹」「離郷の歌」
初回放送(2019年4月8日)から最終回結末までの全話ネタバレを紹介。

『やすらぎの郷』(2017年4月~9月)の続編。 「帯ドラマ劇場」『やすらぎの刻~道』(やすらぎのとき みち)がスタート。 テレビ朝日開…
スポンサーリンク

『やすらぎの刻~道』のネタバレあらすじ

▲第1週のネタバレあらすじ

『やすらぎの刻~道』第1週は、主人公・菊村栄(石坂浩二)の昔書いたシナリオがどうして没になったのかを描いています。

現代と過去を行きつ戻りつ、そこに菊村の描く脳内劇も加り、物語は進んでいきます。

第1話(2019年4月8日)の視聴率は6.7%。
第2話(2019年4月9日)
第3話(2019年4月10日)
第4話(2019年4月11日)
第5話(2019年4月12日)

▲第2週のネタバレあらすじ

『やすらぎの刻~道』第2週は、菊村(石坂浩二)が誰のためでもなく、自分のためにシナリオを描き始めていきます。それは没になった『機の音』とは別のオリジナルストーリー。『道』と題したシナリオが映像化。主人公は“ツイテナイ”が口癖の根来公平(風間俊介)と決める。

第6話(2019年4月15日)
第7話(2019年4月16日)
第8話(2019年4月17日)
第9話(2019年4月18日)
第10話(2019年4月19日)

▲第3週のネタバレあらすじ

『やすらぎの刻~道』第3週は、菊村が描く『道』がそのまま映像化。山梨のとある集落に暮らす養蚕農家の四男・根来公平(風間俊介)はひそかにしの(清野菜名)に恋している。兄・三平は上級生・犬山らに睨まれている。犬山に逆らえない公平は、三平に嘘をつき……。

第11話(2019年4月22日)
第12話(2019年4月23日)
第13話(2019年4月24日)
第14話(2019年4月25日)
第15話(2019年4月26日)

▲第4週のネタバレあらすじ

『やすらぎの刻~道』第4週は、戦争が身近なところに訪れている昭和を描いています。三平に頼まれ室井先生の書物を隠すことになった公平。そんな中、公平の幼なじみりんとの別れが訪れる。19話から現代に戻り、菊村はロク(橋爪功)の“ツイテナイ”話を聞く。

第16話(2019年4月29日)
第17話(2019年4月30日)
第18話(2019年5月1日)
第19話(2019年5月2日)
第20話(2019年5月3日)

▲第5週のネタバレあらすじ

『やすらぎの刻~道』第5週は、父・冴次(佐戸井けん太)が亡くなり、17歳になった公平(風間俊介)の目を通して貧困の日々を描いています。公平の住む集落は生糸の不況に伴い養蚕は衰退するなど大きく変わろうとしていた。公平はしの(清野菜名)に想いを寄せ続けているのだが……。
衝撃的事実を知ってしまい大きなショックを受けることになる。

第21話(2019年5月6日)
第22話(2019年5月7日)
第23話(2019年5月8日)
第24話(2019年5月9日)
第25話(2019年5月10日)

▲第6週のネタバレあらすじ

『やすらぎの刻~道』第6週は、ニキビ(関口アナン)の祖父が失踪。公平らは祖父を探し歩く。祖父は若い頃思いを寄せ合っていたトメと会っていたのだった。
根来公平(#風間俊介)は、青っ洟(若林元太)が婚約したというニュースを聞いて仰天するが、実はその話には裏があり……。

第26話(2019年5月13日)
第27話(2019年5月14日)
第28話(2019年5月15日)
第29話(2019年5月16日)
第30話(2019年5月17日)

▲第7週のネタバレあらすじ

『やすらぎの刻~道』第7週は、菊村栄(石坂浩二)が『道』のシナリオをもう一回見直していきます。
そして、一同に見守られながら息を引き取った“大納言”こと岩倉正臣(山本圭)の遺品整理をしていると、ちょっとした騒ぎが起こる。

第31話(2019年5月20日)
第32話(2019年5月21日)
第33話(2019年5月22日)
第34話(2019年5月23日)
第35話(2019年5月24日)

『やすらぎの刻~道』のネタバレゲスト

『やすらぎの刻~道』に出演するゲストを紹介します。

▲柳葉敏郎

役:湾岸テレビプロデューサー・財前

主人公・菊村栄(石坂浩二)に2時間半のドラマシナリオを依頼。
ともに山梨をめぐる。

2話、3話と登場する財前(柳葉敏郎)。菊村の作品「機の音」を制作に力を注いでいる風だったのだが……。

(ストーリー展開とともに、随時更新します)

『やすらぎの刻~道』の最終回ネタバレ

『やすらぎの刻~道』の最終回ネタバレは、放送終了後に更新します。

1年後。最終回はどうなるのか。楽しみにしていきましょう。

『やすらぎの刻~道』のまとめ

1年に渡る超大作『やすらぎの刻~道』。
昭和初期から平成へ、そして令和。時代の移り変わりに感動を与えるドラマになるでしょう。

本記事は、最終回まで随時更新していきます。

▲前編「やすらぎの郷」(2017年4月3日~9月29日)

帯ドラマ劇場『やすらぎの郷』全129話。
初回視聴率 8.7%
最終回視聴率 6.1%
期間平均 5.8%
(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。

記事内画像:テレビ朝日公式HP

視聴率:ビデオリサーチ調べ、関東地区

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク