2021年夏ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング

【やすらぎの刻~道】169話のネタバレと感想!1ヶ月の総集編・翔(菅谷哲也)が大変身!?

【やすらぎの刻~道】169話のネタバレと感想!
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】169話が2019年11月29日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】169話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末!「やすらぎの郷」との徹底比較
テレビ朝日【やすらぎの刻~道】視聴率と最終回までネタバレなどあらすじを含めて記載。初回から最終回までの視聴率を随時更新。前編「やすらぎの郷」の最高視聴率と平均視聴率を掲載。最新ニュースやゲスト出演者についても更新する。週単位でのあらすじも掲載。テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。
ドラマ【やすらぎの刻~道】キャストとあらすじ!トットちゃん出演決定!?
『やすらぎの郷』の続編「帯ドラマ劇場」『ドラマ【やすらぎの刻~道】キャストとあらすじと主題歌などを紹介。テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰の脚本にも注目。石坂浩二、浅丘ルリ子らの前編からのキャストといしだあゆみや大空真弓ら新メンバーを紹介。二層構造のドラマで昭和時代を描く「道」のキャスト、風間俊介や清野菜名を紹介。

ADVERTISEMENT

【やすらぎの刻~道】169話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】169話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】169話のネタバレ

「そろそろ来る頃だと思って、まとめておいた」
と菊村(石坂浩二)は父(梅宮辰夫)に原稿を渡す。

1ヶ月を振り返ります。

**

道の顔ぶれの紹介。

公平(橋爪功)としの(風吹ジュン)は東京で暮らす竜(駿河太郎)の家に泊まり、東京見物をする。竜の家には、16歳の翔(菅谷哲也)がいるのだが、登校拒否をしている。

清里が別荘地になり賑わうものの、公平の住む村・小野が沢はあまり変化はなかった。
ある日、翔が公平宅を訪ねてくる。
そして、翔は圭の畑で働き出した。10日で根をあげるが、しのの言葉で再び働き始める。
そんな中、戦争で山に逃げた鉄兵(藤竜也)が戻ってきた。
鉄兵の姿に憧れた翔は、炭焼き小屋を手伝う。
冬を鉄兵と過ごし、春になると戻ってきた翔は、詩子と知り合いになった。

鉄兵が亡くなり、葬儀は公平の家で行なった。
詩子とデートをする翔は、以前、しのから貰った手紙と10円玉を見せる。
手紙と10円玉の入っていたポチ袋は、カレンダーの紙で作ったもの。
翔はそれを「宝物」だという。

**

「やすらぎの郷」では、マロがボケ菌について話す。
めぐみ(松原智恵子)は、認知症がひどくなり病院へ移る。
完全にボケためぐみ。桂木夫人も認知症の症状が現れている。
玉子(いしだあゆみ)にきたCMの仕事を自分の仕事だと思いこんでいる。

そんな中、冴子(浅丘ルリ子)はこっそりと柳介(関口まなと)と会っていた。

<続く>

【やすらぎの刻~道】169話の感想

1ヶ月分の総集編。
菊村先生振り返りの回です。
あっという間のギュッとつまったストーリーでした。翔は随分と変わりました。
そして、なんとなんと、予告で清野菜名さん!?と話題に。いったいどんな役?三平役の風間晋之介さんも再び登場するみたいですし、目が離せません。
なんといっても177話と178話は吉岡秀隆さんが出演。楽しみです。

【やすらぎの刻~道】に吉岡秀隆!【北の国から】の純と母(いしだあゆみ)の共演で続編の可能性は?
『八つ墓村』の金田一耕助、映画『男はつらいよ・お帰り寅さん』の満男と主演続きの吉岡秀隆さんがテレビ朝日昼ドラ【やすらぎの刻~道】の【郷】パートに出演します。 倉本聰脚本のドラマは、【北の国から 2002遺言】以来、17年ぶり。 吉岡秀隆...

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

やすらぎの刻
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】