【鎌倉殿の13人】ネタバレ、あらすじを最終回まで紹介はコチラ

鎌倉殿の13人
https://www.nhk.or.jp/kamakura13/index.html

【鎌倉殿の13人】ネタバレ、あらすじを最終回まで紹介

2022年のNHK大河ドラマ【鎌倉殿の13人】のあらすじネタバレを紹介します!

脚本は三谷幸喜。主演は。鎌倉幕府の第2代執権・北条義時が主人公の物語です。

今回は【鎌倉殿の13人】のネタバレ・あらすじについて!

【鎌倉殿の13人】の動画(NHKオンデマンド)は、U-NEXTがおすすめ!


ADVERTISEMENT

【鎌倉殿の13人】のネタバレ・あらすじ(最終回まで)

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のあらすじネタバレを最終回まで紹介していきます。

第1話「大いなる小競り合い」

鎌倉殿の13人1話

放送日:2022年1月9日(日)※15分拡大

あらすじ:平安時代の1175年、平清盛(松平健)が大権力者として君臨していた。北条義時(小栗旬)は伊豆で、兄・宗時(片岡愛之助)、姉・政子(小池栄子)らとのんびり暮らしていた。しかし、北条家の状況が一変することが起こる。流罪人・源頼朝(大泉洋)が義時の幼なじみ八重(新垣結衣)と恋仲になり、男の子が生まれたのだ。清盛から頼朝の監視を任されていた八重の父・伊東祐親(浅野和之)は激怒!頼朝が姿をくらます中、北条家にも捜索命令がくだって…。

第1話のネタバレ↓↓

【鎌倉殿の13人】1話│八重(新垣結衣)が美しすぎる!

第2話「佐殿の腹」

鎌倉殿の13人2話

放送日:2022年1月16日(日)

あらすじ:伊東祐親(浅野和之)は、流罪人・源頼朝(大泉洋)を処断しようと兵を率い、迫る。しかし、北条義時(小栗旬)の父・時政(坂東彌十郎)と兄・宗時(片岡愛之助)は頼朝をかばって対立へ。一触即発となる中、平清盛(松平健)を後ろ盾に相模の武士団を束ねる大庭景親(國村隼)が現れる。一方、義時は姉・政子(小池栄子)らの機転で頼朝とともに富士の山すそまできたが、矢を射かけられて緊張が走る。

※サブタイトルにある「佐殿」(すけどの)は源頼朝のこと。なぜそう呼ばれていたかというと、平治の乱の際、頼朝は右兵衛権佐(うひょうえのすけ)に任命されていたから。流罪人になって解任され、前・右兵衛権佐になっても、仕えていた者たちが敬意をこめて「(右兵衛権)佐殿」と呼んでいました。

※より詳しく:「佐」(すけ)とは次官(ナンバー2)という意味で、「右兵衛佐」は右兵衛府の次官という意味。左兵衛府と合わせて、兵衛府(ひょうえふ)という官庁が当時ありました。要は、源頼朝は偉かったのですね。

第2話のネタバレ

第3話「挙兵は慎重に」

鎌倉殿の13人3話
(C)NHK

放送日:2022年1月23日(日)

あらすじ:治承4年(1180)4月、源頼朝(大泉洋)と引き離された八重(新垣結衣)は伊東祐親(浅野和之)の家人・江間次郎(芹沢興人)の元へ嫁がされていた。対岸の江間館を見つめる北条義時(小栗旬)。そんな折、頼朝の叔父・行家(杉本哲太)が北条館を訪ねてくる。怪しがる政子(小池栄子)。しぶしぶ対面する頼朝だが、行家は平清盛(松平健)へ反旗を翻した後白河法皇(西田敏行)の御子・以仁王(木村昴)の令旨を携えていた…

第3話のネタバレ:放送後アップ予定です。

【鎌倉殿の13人】全体のあらすじ

<あらすじ>

主人公は、鎌倉幕府二代執権・北条義時(小栗旬)。

華やかな源平合戦、その後の鎌倉幕府誕生を背景に、権力の座を巡る男たち・女たちの駆け引きが描かれつつ…

ただの若者だった義時が、源頼朝(大泉洋)に影響を受け、時に冷酷な行為も見事にやってのけて試練を乗り越えていきます。

義時は、鎌倉殿の13人が勢力争いの中で次々と脱落していく中、最後まで残り…

13人の中で一番若かったはずの義時が、最終的に鎌倉幕府を引っ張っていく実質的な最高権力者に!

近藤勇が主人公の「新選組!」、真田幸村が主人公の「真田丸」の両作では【敗者の美学】【滅びる者たちの輝き】を描いてきた三谷幸喜さんが、【歴史の勝者】を描きます。

しかし勝者だけれど、そのプロセスで傷ついてきた勝者。三谷幸喜さんらしさは失われない大河ドラマになりそうです。

【鎌倉殿の13人】タイトルの意味

『鎌倉殿の13人』というタイトルの意味は?

「鎌倉殿」とは、鎌倉幕府の将軍のこと。

「13人」とは、2代目の将軍・頼家(金子大地)の時の13人の家臣たち。

頼家は、まだ若くて2代目なので気合が入りすぎたのか、暴走してしまいます。

そのため、この「13人」が合議制で進めていくことに…。

このとき、日本の歴史上、初めて合議制で政治が動かしたと言われています。

脚本の三谷幸喜さんは「僕好みの設定」とコメント。

思い起こせば、三谷幸喜さんは会議が好きなのか、織田家の継嗣(けいし)問題および領地再分配に関する会議が行われた「清洲会議」(きよすかいぎ)を小説化・映画化してますね。

⇒結論:鎌倉殿の13人とは、源頼家の13人の家臣という意味。

NHK大河ドラマのネタバレ関連記事

2019年:『いだてん

2020年:『麒麟がくる

2021年:『青天を衝け

当記事画像出典:NHK

鎌倉殿の13人
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】