【鎌倉殿の13人】1話│八重(新垣結衣)が美しすぎる!

鎌倉殿の13人1話

【鎌倉殿の13人】1話

大河ドラマ【鎌倉殿の13人】第1話が2022年1月9日に放送されました。

放送後、「八重()が美しすぎる」と話題で…!?

今回は【鎌倉殿の13人】1話のあらすじネタバレと感想について。


ADVERTISEMENT

【鎌倉殿の13人】1話のあらすじネタバレ

【鎌倉殿の13人】1話のあらすじネタバレです。

義時:「姫、振り落とされないよう気を付けて!」

北条義時()が馬に乗って走っている。うしろには赤い布に覆われた姫もいた。

平清盛(松平健)の絶頂期

平安時代の末期。平家の総帥(そうすい)・平清盛(松平健)が絶頂期を迎えていた。

清盛は宿敵の源氏を追い落として、帝(みかど)や朝廷さえも支配していた。

京から遠く離れた伊豆も平家の傘下にある。

伊豆の豪族・北条四郎時政(坂東彌十郎)の息子である小四郎義時()は兄・三郎宗時()、姉・政子()、妹・実衣(宮澤エマ)らと暮らしていた。

時政(坂東彌十郎)が戻ってきた

安元(あんげん)元年(1175年)秋

時政は、帝を警護する役目を終えて3年ぶりに北条の館に戻ってきた。

広間では近隣の豪族たちが集まり、酒宴が行われる。時政の向かいの席では、気心の知れた相模の三浦義澄(佐藤B作)が飲んでいた。

源頼朝(大泉洋)と祐親の関係

源頼朝()は、かつては平家のライバルであった源氏一族の嫡流である。

16年前、頼朝の父・義朝(よしとも)が率いる源氏は、平清盛率いる平家と戦い敗れた。

清盛は、生き残った頼朝の命を助けて伊豆の国へと流した(流罪)。

その際、流罪人の頼朝の監視役を任されたのが義時の祖父・伊東祐親だった。

清盛に目をかけられた祐親は、伊豆で一番の力を持つようになった。

時政と義澄はこの祐親の娘たちをめとっている。

八重(新垣結衣)の思い出

三浦義村()は「伊東の爺様、聞いてるか?」と義時に尋ねる。

義澄がいう「爺様」とは平家の家人(けにん)・伊東祐親(浅野和之)のこと。

義時は、義村が源頼朝と八重()の間に子供が生まれていると聞く。

そして八重の父・伊東祐親は激怒した。

(頼朝の監視役だったので)平家に知られるとただではすまない。

祐親は頼朝を殺すように家人(けにん)に命じたが、頼朝は逃亡したという…。

義時は、3年前の宴の席で、幼馴染の八重がこちらを向いて微笑んだのを忘れられない。

俺のこと好きなのかと思ってた」とショックを隠せない義時。

そんな中、兄・宗時が「佐殿(すけどの)(=源頼朝)のことどう思う?俺は佐殿に手を貸す。源氏につく」と義時に言い出す。

行方不明の源頼朝がなんと北条家でかくまっている…と兄から知られた義時は戸惑う。

しかも父・時政には頼朝をかくまっているのを言っていなかった。

義時は兄に連れられて、源頼朝と会う。

宗時は「これより、わが弟、手足となって源氏再興に尽くしまする」と義時を紹介。

宗時は、八重と子を救うことも誓って、部屋を出る。

*****

宗時:「俺は佐殿の力を借りて平家をぶっ潰すぜ!

義時は「話が大きすぎる」と笑った。

政子(小池栄子)と頼朝の出会い

政子は、食事を持っていったついでに、客人が源頼朝と気づいて、恋に落ちる。

義時は、 三浦義村に内密の話として、源頼朝が立ち上がったときの勢力を尋ねる。

三浦義村は驚きつつ、頼朝に今は力がないことを伝える。

宗時は佐殿を守るため、畠山重忠()と和田義盛(横田栄司)に警護を頼んだ。

義時は、平家打倒にやる気がない。穏やかに過ごせていると思っている。

しかし兄と畠山・和田は、頼朝と組んで挙兵する気だ。

三浦義村は、父・義澄(佐藤B作)に北条家に源頼朝がいると報告。

義澄は、祐親に伝えないと後で怖いと判断する…。

祐親が北条家へ

伊東祐親が、北条家へやってきた。

祐親は時政に、「頼朝が訪ねてきたら、いったん受け入れて、ぐワシに知らせてくれと頼む。

時政も、頼朝をしらみつぶしに捜すことを誓う。

そんな中、政子は蹴鞠(けまり)を一緒に源頼朝としたり、仲良くなっていく。

頼朝が庭にいたことに気づいた義時は、源頼朝を部屋に入れる。厠(かわや/=トイレ)にもいかず、瓶にするよう伝える。

父の再婚

伊東祐親は、土地と妻を奪ったことで、工藤祐経()に恨まれていた。

時政は再婚すると家族に話す。

相手は、牧宗親(まきのむねちか)の妹・りく()だ。

牧家は公家の家柄で、「向こうがワシを見初めた」とのろける時政。

義時は、義母の鶴が亡くなって間もないので「早くないですか」と言ったが、父が決めたことは決定だった。

宗時は「もうひと花咲かせてください」と太鼓持ち。

「三島の祭りと正月が一緒にきたようだ。めでたい」と浮かれている時政。

ここぞとばかりに、宗時と義時が源頼朝をかくまっていることを明かす。

時政は怒った。平家打倒を熱弁する宗時だが、時政は「なんだよお。弔いまで重なったよお」と地団駄を踏む。

時政が源頼朝に挨拶。

頼朝は「長居するつもりはない。おぬしらに受けた恩、決して忘れない」と告げた。

「わりといいやつだったな。」と安堵する時政は、宗時と義時に3日の猶予を与える。

「会いたい」の意味

翌日。義時は、頼朝から託された書状を手に伊東の館を訪れ、八重と会った。

書状には「会いたい」とあった。それで八重は、頼朝のもとへ連れて行ってほしいと頼む。

しかし義時は、「今は離れ離れでも、いつかまたともに暮らせる時を願う」という意味だと説明。

八重は「なんとかしなさい」と義時を責めてしまうが…

「小四郎!」と呼びかけて、幼少期に花を届けてくれたことを切り出す。

覚えていたくれたことを、義時は喜んだ。

しかし八重は野に咲く花で、摘んだ花は好きじゃない…と告げた。

義時は祐親に見つかって、父の嫁のことを聞きにきたと取り繕う。

父の方から見初めたらしい。そして顔に痣(あざ)があると聞かされた。

「どんな痣か聞かないのか?」と追求する祐親。実は、源頼朝の居場所を突き止めていて…

祐親:「今すぐ頼朝を引き渡せ。さもなくば、力ずくで取り返すまでじゃ。帰って時政にそう伝えよ!」

結末

義時は、帰りに河原で、祐親に仕える善児()が濡れた着物を持ってたたずむのを目撃。

源頼朝と八重の子である千鶴丸を沈めたのだ。

義時は北条家へ戻って、頼朝へ「千鶴丸は殺されました」と辛い事実を告げた。

頼朝は「人懐っこい子だった。宿命(さだめ)だったのだ」と読経を始める。

義時は北条家を守るため、源頼朝へ指摘する↓

義時:「そもそも佐殿(すけどの)(=源頼朝)は本当に兵を挙げるおつもりなのですか。平家の世をひっくり返そうとおつもりですか」

頼朝:「私はこれまで何度も生き延びた。天は必ず生かしてくれる。何ゆえかわからぬ。おそらくは、この世にすべきことがあるのだろう。私に言えるのはそれだけだ。立つか立たぬか、わしにもわからんわ」

義時が部屋を去ったあと・・・源頼朝は、 工藤祐経()に 伊東祐親の殺害を命じる。後のことは、頼朝が面倒みるからと。

頼朝は「伊東祐親、決して許さぬ」と激怒した。

ほどなく、祐親の軍が北条家へやってきた。

時政は「いない」と言い張るが、祐親は信じない。このままでは身内で戦になるが…

政子の妙案で、源頼朝に赤い着物を着せて、うすく化粧して姫にみせかけ、敵の目をあざむいて、馬に乗せて脱走させる。

冒頭のシーンへ。背に姫(=源頼朝)を乗せた義時が乗る馬は追っ手を振り切っていく…。

この時期。清盛は大和田泊(おおわだのとまり)に港を開き、宋との貿易で莫大な財産を築いていた。

後白河法皇()は、清盛と蜜月関係にあったが、その関係も終わろうとしていた。

奥州の平泉に一大勢力を築いていた藤原氏。そこでは、藤原秀衝(田中泯)の庇護を受けて頼朝の異母弟・源義経()が暮らしていた。やがてその才能で平家を滅亡においやる、あの義経である。

(つづく)

【鎌倉殿の13人】1話の感想

八重(新垣結衣)が美しすぎる!

義時の初恋の相手、八重が、ガッキー()が可愛い!!

とネット騒然でした。(笑)

CM以外で、久しぶりのテレビ出演。テレビドラマも久々。

艶やかな着物姿の八重姫ガッキー、美しかったですね。

義時(小栗旬)は平和主義?

のちに鎌倉幕府の執権となる義時()は、(史実はともかく)平和主義だったようです。

兄が平家打倒に熱心になっているのに、平家の世に不満がないもよう。

しかし北条家を守るために、義時は源頼朝を叱咤しました。

冷酷な行動をしていく頼朝に、義時が今後影響されていきそう。

怖いけど、鎌倉幕府成立と13人の家臣たちの奮闘を見届けたいです!

【出演者】、宮澤エマ、野添義弘、、横田栄司、佐藤B作、、高岸宏行、芹澤興人、山口祥行、秋元才加、ほか

【作】

>>2話

当記事画像出典:NHK

コメント