【鎌倉殿の13人】20話のネタバレ!義経(菅田将暉)の楽しそうな最期とは?

鎌倉殿の13人20話

【鎌倉殿の13人】20話ネタバレ

大河ドラマ【鎌倉殿の13人】第20話が2022年5月22日に放送されました。

放送後、義経()の楽しそうな最期が話題で…。

今回は【鎌倉殿の13人】20話のあらすじネタバレと感想について。

*本ページの情報は2022年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


ADVERTISEMENT

【鎌倉殿の13人】20話のあらすじネタバレ

【鎌倉殿の13人】20話のあらすじネタバレです。

藤原秀衡(田中泯)の最期

1187年(文治3)2月。義経()は奥州平泉の藤原秀衡を頼った。

秀衡は、奥州では絶大な力を保ったままでいた。

しかし、藤原秀衡の嫡男・国衡と次男・泰衡の兄弟間の仲が悪い状態だった。

頼朝にとっては、奥州は脅威な地であり義経がいることで、その思いは余計に強くなってしまう。

藤原秀衡が病床で最後の時がやってこようとしていた。

秀衡:「国衡、泰衡、兄弟でお互い力をあわせよ。2人の関係にひびば入った時に、平泉は滅ぶ。義経、平泉を頼む。」

泰衡が新たな御館とな奥欧州をまとめることに。国衝は母とくを夫婦にとることに。九郎義経が大将軍になった。

「もう少し時があれば鎌倉に攻め込んで」と思いながら、奥州の覇者・藤原秀衡が亡くなった。

1189年(文治5年)4月、義時()は奥州の動きが気になっていた。

義時:「私を平泉に行かせてください。九郎殿を必ず連れて帰ってきます」

頼朝:「生かしては帰ってくるな。だが直接、手はくだすな、泰衡に取り入り、たきつけて九郎を討たせる。そして勝手に九郎を討ったことを理由に攻め入る」

頼朝は奥州に攻める大義がほしかった。そして、鎌倉の敵を一掃して、新しい世の中を作ることを考える。

義時は八重に明日から奥州へ行くと伝える。「ただの使いだ」と言って、八重を安心させた。

義時は、梶原景時の勧めで善児を連れて、奥州藤原を訪れる。

奥州にて

奥州にて。義時たちは国衡と泰衡と会った。

義時:「あの者は、鎌倉殿にたいして謀反をもくろんだ罪人。かくまえば同罪になりますよ」

泰衡は、鎌倉殿に歯向かうつもりはなとい告げる。

義時と善児が義経に会った。義経は今、農業をしていた。

義経:「今はコオロギと戦っている(笑)」

だが、「平泉に手をだしてみろ。決して許さない。鎌倉が灰になるまで戦ってみせる」と強い目つきで脅す義経。

静御前(石橋静河)の覚悟

翌朝。義時は義経に会いに行き、「静さんのこと残念でしたね。」とつぶやく。

静(石橋静河)は鎌倉につかまって、静御前ではないと否定する。だが、ついには認めた。

義時は「あなたは身勝手だ」と静を責める。大姫()も「なんとかしてあげて。人が死ぬのを見たくない」と義時に頼む。

義時は静御前に、下手に踊るように指示する。

・・・源頼朝たちの前で、踊りを披露する静御前。下手すぎた。

だが、立ち止まって考えた静御前は、本気を出して舞った。

これで正体がバレた。

大姫は「どうして」とつぶやく。政子は「女子(おなご)の覚悟です。」と言った。

その後、静御前は鎌倉殿から出ることを許されなくなってしまう。

4ヶ月後に産んだ子は男の子だった。そのため、源頼朝の命令でその子供は殺された。

そして、静御前は失踪。行方不明だ。

そのことを聞いた義経は怒り、案山子(かかし)をきりつけて…。

義時の思惑どおりにことは運んだ。義経は鎌倉殿へ怒っていた。

里(三浦透子)の嬉しかったこと

翌日、義時は泰衡に会って、義経が国衝とともに挙兵すると伝えた。

義時は鎌倉殿に許してもらうには、九郎の首をとり鎌倉殿に送るように迫る。

弟・頼衝がやってきて「お前の魂胆はなんだ!」と迫ったが、善児が切り捨てた。

義時:「泰衡どのーーー!!!後にはひけません」

泰衡は、平泉を守るために、義経を討つしかないと考える。

夜。泰衡たちの軍が、義経がいる衣川館に向かう。

その直前、妻の里()は「死にたくありません。ついてきたくなかった。畑仕事も嫌だった」と義経に告げる。だが、ひとつだけ嬉しいことがあったという。

それは静御前が産んだ子が殺され、自身も逃走した悲劇のこと。里は、京で義経と静御前を襲わせたのは私だと白状した。

兄のしわざとばかり思って挙兵をしようとした義時。意外な裏切りに「お前かーーー!」と小刀で思わず里を刺した。里は血を吐いて亡くなった。

義経(菅田将暉)の最期

泰衡が義経のいる館を囲んでいる時、義時は義経に呼ばれた。

館には義経の妻子が横たわっている。(すでに亡くなっている?)

義時が頼朝の策を実行するために静御前の話をした…と義経は気づいていた。

武蔵坊弁慶が敵へ向かう。時間を稼いでくれる間、義時と話せる。

義時:「それが分かっていて、なにゆえ・・・」

義経:「そこまで兄にとって私が邪魔なら、どうでもよくなった。この首で平泉を守れるなら本望だ。」

そういって、義時に鎌倉を攻める作戦を伝える。北側を攻めるふりをする。その間に平泉から船で鎌倉の浜に到着。北と南から囲み、袋のネズミにする。船団が鎌倉へ来るとき、三浦一族からバレることまで義経は予想していた。三浦の息子の方は損得がわかるから味方につけておくという義経。

義時は「恐れ入りました」と関心した。

義経は「梶原景時にこの作戦を伝えてほしい、きっと彼なら見事さが分かってくれる」と地図を義時に手渡した。

源頼朝の涙

鎌倉へ戻った義時は、梶原景時に地図を渡して、義経の作戦を伝える。

景時は「この通りに攻め込まれたら鎌倉は滅んだだろう」と言った。

6月13日、九郎義経の首が鎌倉の源頼朝のところに届けられた。

頼朝は「どういう戦いをしてきたのか、お前の口から聞きたいのだ。九郎、話してくれ。九郎。九郎。すまぬ。」と泣いて、義経の首桶にしがみついた。

…鎌倉殿の13人・第20話のネタバレはここまで。

【鎌倉殿の13人】20話の感想

義経(菅田将暉)の楽しそうな最期とは?

平家を倒した悲劇の英雄・源義経の最期が描かれた第20話。

悲しいし、作戦もヒドイです。

直接討たないで、仲間割れさせて・・・それで頼朝軍が奥州を攻める大義名分を作るという作戦。

しかし、義経のどうやって鎌倉を攻めるのかを語るときの嬉しそうなこと。楽しそうなこと。

本当に戦のために生まれた天才だったのですね。

どうやって害虫を倒すかも考えるところ、本当に戦略が好きなのかも。(現代なら将棋のプロとか、スポーツなら戦術家の監督になれた?)

最期まで義経らしいところを見せてくれて、なんだか嬉しいシナリオでした。

20話ラストは源頼朝が涙。そんなに泣くなら、生かしておけばいいのに…と思いますが、それは現代の考え方なんでしょうね。

静御前の覚悟。里の思い。などなど、見どころ満載な第20話でした。

19話<< >>21話

当記事画像出典:NHK