【鎌倉殿の13人】6話│八重(新垣結衣)の慟哭に視聴者感涙

鎌倉殿の13人6話

【鎌倉殿の13人】6話

大河ドラマ【鎌倉殿の13人】第6話が2022年2月13日に放送されました。

放送後、八重()の慟哭に視聴者感涙で…。

今回は【鎌倉殿の13人】6話のあらすじネタバレと感想について。


ADVERTISEMENT

【鎌倉殿の13人】6話のあらすじネタバレ

【鎌倉殿の13人】6話のあらすじネタバレです。

梶原景時(中村獅童)に見逃された

大庭景親()率いる平家方の前に大敗を喫した源頼朝()の一党。

この合戦で一党を引っ張ってきた坂東武者も戦死してしまう。

頼朝は、従者・安達盛長(野添義弘)らとともに石橋山山中に身を潜める。

そんな中、梶原景時()が洞窟の中に源頼朝がいることに気づく。

梶原景時は、源頼朝と目があったが、他の兵は、気づいていないため、見逃した。

頼朝は誰なのか家来に聞くと、「大庭配下の梶原景時と申します」と土肥実平(阿南健治)が告げた。

その名前を、頼朝は覚えた。

武田信義(八嶋智人)の主張

その頃、時政(坂東彌十郎)と義時()は、武田信義()に頼朝に力を貸してほしいとお願いしに行っていた。

しかし、武田信義は「真の源氏の棟梁は自分だ。頼朝への援軍は断る。」と主張。

頼朝の援軍は断った武田信義だが、北条家への援軍なら出すという。その代わりとして、頼朝がもつ法皇さまの院宣が欲しいと言う。

時政は頼朝を説得してすぐに取ってくると返答。義時は無理だと思うが…。

時政は、北条家が生き残るための選択をしたのだ。

義時は、源頼朝の野望を支えたいため、「私は、死ぬ覚悟がありますので佐殿のところへ戻ります。」と告げる。

時政も義時の覚悟に心動かされ翻意。頼朝のところに一緒に行く。

三浦義村(山本耕史)と合流

義時たちは、三浦義村()らを見つけ合流。

三浦軍は、川が渡れずにいたところ畠山重忠()と遭遇。休戦するつもりだったが、三浦義村が声をかけたのを合図と勘違いした和田義盛(横田栄司)が畠山を攻めた。そのため、騙し討ちのかこうになり戦った。

その戦いのあと、三浦義村たちは居場所がわからない頼朝を待っていた。

義村の父・三浦義澄(佐藤B作)は安房の安西景益の元に行き態勢を立て直そうとしていた。

義時:「待っていてくれ。俺が佐殿を連れてくる。」

そういって、すぐに駆け出した義時。

このころ、頼朝や実平は何度か脱出を試みるが敵勢が多く動けない。

そこに、義時が到着します。義時は、疲れ切っている頼朝を励ました。

義時:「岩浦の浜で、船が待っています。なんとかあそこまで行きましょう。」

時政と義村は、頼朝がやってくるのを待っていたところ伊東祐親(浅野和之)の軍に襲われる。

急遽、頼朝のための船に乗って、安房に逃げた。

義時と頼朝が岩浦にたどり着いた時に、船も義村も時政もいなくなっていた。

八重(新垣結衣)の慟哭

その頃、伊豆山権現に八重()がやってきた。

政子()たちに頼朝が夢枕に現れたから無事だと言うと、政子()も自分も夢に出た、私の方が先、と対抗心を燃やす。

その後、僧侶の文陽房覚淵のところに行った八重は…

八重:「千鶴丸に一目会わせていただけないでしょうか。」

3つの時に連れてこられたはず…と。

しかし文陽房覚淵は、八重を五輪塔の墓地に案内した。

八重は千鶴丸の墓の前で慟哭する。

*慟哭(どうこく):声をあげて激しく嘆き泣くこと。

悪い知らせ

頼朝と義時らは真鶴まで歩き、土肥実平(阿南健治)の手配した小船で、東京湾を渡り、なんとか安房(千葉県房総半島南部)に到着した。そして、時政や義村と合流する。

頼朝の幼なじみ・安西景益 (猪野学)は、頼朝がやってきたことを歓迎して別室で休ませてくれた。

そして、広間には頼朝に味方する坂東武者たちが集まった。

時政:「誰か、三郎を見たものはいないか。」*三郎=北条三郎宗時()のこと。

宗時はどこに行ったのかわからないまま。

そこに、三浦義澄と和田義盛(横田栄司)が疲れきった顔でやってきた。

義村「悪い知らせだ。衣笠が落ちたそうだ。」

三浦義村の報告で、その場が暗くなった。

義村は頼朝と心中する気はなく、坂東武者としての戦をしようという意見で盛り上がった。

6話の結末

仁田忠常(高岸宏行)がやってきて、「北条館に隠れた際、これを見つけた。」と義時に観音像を差し出した。

それは、宗時が頼朝のために取りに帰った観音像。

義時が時政を探すと海を眺めていた。

時政は、観音像が館に残っていたことを聞いて、宗時の死を悟った。

そして時政は「これからは、お前が北条を引っ張るんだ。」と背中を押す。

翌朝。義時が頼朝に観音像を届けると…

頼朝は「もう、戦はやらぬ。」と言った。

義時は「兄上や石橋山で戦死した兵士たちの無念をくんでください。平家の横暴に耐えてきた者たちの不満が、今一つの塊となろうとしています。佐殿(すけどの)がおられなくても、我らは戦いを続けます。そして、必ずや平家一味を坂東から追い出します。」と告げる。

義時の気迫が、頼朝にやる気をみなぎらせた。

頼朝「ざれ言を。お前たちだけでなにができる。この戦を率いるのは、わしだ。武田でも他でもない、わしが率いるのだ。」

頼朝は広間に入り「わが方の再起の目途は?」と聞く。

「千葉常胤(ちばつねたね)(岡本信人)殿と上総広常(かずさひろつね)()殿に書状を送りました。必ずや味方になってくれるはずです。」と三浦義澄。

交渉役に、和田義盛と宗時が任命された。

(つづく)

【鎌倉殿の13人】6話の感想

八重(新垣結衣)の慟哭に視聴者感涙

千鶴丸の死を知った八重()の慟哭に、視聴者感涙でした。

さんの演技にも賞賛の声が集まっています。

6話の物語的には、兄の死を知った義時、源頼朝が改めて決意するという流れ。

予告ではさんがキーパーソンになっていきそうで、次回も楽しみです♪

5話< >7話

当記事画像出典:NHK

コメント