【鎌倉殿の13人】45話|源実朝(柿澤勇人)の美しき最期に反響!

鎌倉殿の13人第45話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【鎌倉殿の13人】45話

大河ドラマ【鎌倉殿の13人】第45話が2022年11月27日(日)に放送されました。

放送後、源実朝(柿澤勇人)の美しき最期に反響!

今回は【鎌倉殿の13人】45話のあらすじと感想について。

*本ページの情報は2022年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【鎌倉殿の13人】45話のあらすじ

【鎌倉殿の13人】45話のあらすじネタバレです。

実朝の暗殺

源実朝(柿澤勇人)の右大臣拝賀式は、京から大納言ら公卿を招き、鶴岡八幡宮で盛大に執り行われる。

泰時(坂口健太郎)らが警固する中、公暁(寛一郎)は門弟と共に木の陰に潜んでいた。

実朝が外に出ると、巫女のおばば(大竹しのぶ)が「天命に従え」と何度も言った。

義時(小栗旬)は、源仲章(生田斗真)に「鎌倉殿の命だ」と言われて、太刀持ちを交代させられる。

三浦義村(山本耕史)は御家人たちに交じり、状況を静観する。

義時(小栗旬)と時房(瀬戸康史)も儀式を見守る。公暁がしくじったら、私は終わり…と言う義時。

式を終えて楼門から出てきた実朝を公卿と源仲章(生田斗真)が迎えて整列。

すると、牡丹雪が降り積もる中…公暁(寛一郎)らがやって来て、源仲章を斬った。義時と間違われたのだ。

続いて、公暁は実朝と向き合う。実朝は刀を抜こうとするが、やめて、刀を落とす。

公暁は実朝を斬った。

公暁は「親の敵をとった」ことを高らかに叫ぶ。

義時の「斬り捨てろ!」と指示を出し、公暁を捕らえるために御家人たちが向かう。だが逃げられて…。

実朝亡き後

政子(小池栄子)に実朝が殺されたと聞いた。実衣は「討ち取って御所に首をさらしなさい」と激高。

だが、政子は「公暁は助けてあげて」と言う。

政子は実朝の妻・千世(加藤小夏)に会った。そして、実朝は別れの歌を残していたことがわかる。

義時は三浦義村と会う。

義村「私が狙われているということは、私を殺したかったのではないのか?」

三浦義村「お前を殺すことを知っていたら、公暁をその場で殺していたよ。」

三浦義村はそう嘘をついて、三浦館に戻る。

三浦館にて。公暁は三浦に逃げて来ていた。このまま終わる気はないと強気な公暁だが・・・三浦義村に背後から公暁を斬った。

三浦が謀反に加担していたとしゃべられると、三浦一族は終わりだからだ。

その後。義時は、打ち取った三浦義村を褒めたたえる。三浦義村は「これからも、三浦一門は鎌倉のために命がけで働く所存にまいります」と忠誠を誓う。

45話の結末

政子は自害しようとしたが、トウ(山本千尋)が止めた。トウは「自ら死んではならぬ」と告げると、政子は泣き崩れた。

京では、実朝の死で、頼仁親王の鎌倉殿就任を白紙にしようとの考えがでていた。

鎌倉でも、頼仁親王を鎌倉殿に迎えるかどうか意見が割れていた。義時はもっと扱いやすい方を迎えたいと思っている。だが、泰時や時房は、迎え入れるという意見だ。

義時は「向こうから断るようにしむけよう」と作戦を立てる。一日も早く、頼仁親王に鎌倉に来て欲しいと急かせば、断ると…。

実衣は、全成との子である阿野時元(森優作)に鎌倉殿にさせるとたくらむ。

政子は、喪失感が強く、伊豆に帰ろうとしていた。だが、義時は、強く引き止めまた。政子が源頼朝の妻だから、と。

義時は運慶に自分に似せた仏像を作らせるように命じる。「天下の運慶に自分の像をつくらせる。頼朝さまでも出来なかったことをなしとげたい。望むものは何でもくれてやる」と義時。期日はいつでもいいが、一人で作るように指示した。運慶も承諾。

(つづく)

【鎌倉殿の13人】45話の感想

源実朝(柿澤勇人)の美しき最期に反響!

「実朝の暗殺」という史実が描かれた第45話。

源実朝(柿澤勇人)の美しき最期に視聴者から多くの反響が寄せられました。

和歌で、実朝の思いを伝えてくれる脚本、演出で・・・

切なさも募りますね。

政子は悲しみに打ちひしがれていますが・・・尼将軍・政子の活躍はこれから。

残りは3話。いよいよクライマックスですね!

当記事画像出典:NHK