【鎌倉殿の13人】41話|和田義盛の非情な最期に視聴者涙

鎌倉殿の13人41話

【鎌倉殿の13人】41話

大河ドラマ【鎌倉殿の13人】第41話が2022年10月30日に放送されました。

放送後、騙し討ちにあった和田義盛の非情な最期に視聴者涙で…。

今回は【鎌倉殿の13人】41話のあらすじネタバレと感想について。

*本ページの情報は2022年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【鎌倉殿の13人】41話のあらすじネタバレ

【鎌倉殿の13人】41話のあらすじネタバレです。

【41話のあらすじ】:鎌倉を守るために大江広元(栗原英雄)とも共謀し、反北条の旗頭となった和田義盛(横田栄司)の転落を目論む北条義時()。戦(いくさ)を回避するべく3代鎌倉殿・源実朝(柿澤勇人)と政子()が奔走する。だが、三浦義村()八田知家()ら有力御家人は義盛の陣営に集い、情勢を見定めていた。そんな中、父・義盛の安否を心配する三男・朝比奈義秀(栄信)らが打倒北条を目指して決起…という展開。

和田義盛(横田栄司)は、固い絆で結ばれた源実朝(柿澤勇人)のためにも決起。狙いは北条家だ。

鎌倉最大の決戦「和田合戦」が起きる。

義時は、義盛に加勢が来ないよう、実朝を味方につけて対抗。

義盛は徐々に後退。追い詰められていく。

義時は籠城する義盛をおびき出すため、実朝を戦の場に呼ぶ。陣頭指揮をとるという名目で。

実朝は「義盛も私の言葉なら聞いてくれるはずだ。命だけは取らぬと約束してくれ」と義時に念を押す。

そして、対面した義盛と実朝…。

義盛「勝敗は決した。これ以上の戦いは無用である。おとなしく降参せよ」

義盛「俺はウリン(=実朝)が憎くて、こんなことをやったんじゃねえんだ」

実朝「分かっている。義盛、おまえに罪はない。これからも私に力を貸してくれ。私にはおまえがいるのだ」

義盛「もったいのおございます。そのお言葉を聞けただけで満足です。みんな、ここまでじゃ。聞いたか? これほどまでに鎌倉殿と心が通じ合った御家人が他にいたか? 我こそは鎌倉随一の忠臣じゃ。みんな、胸を張れ!」

義盛は涙ぐみながら、絶叫。

直後、義時が盟友の三浦義村()に目配せして、義村が「放て!」と命じた。

義盛に向かって多数の矢が放たれ、刺さった。

義盛は裏切られたと分かったが、最後に微笑みながら「ウリン」とつぶやき絶命。

実朝は義盛に駆け寄ろうとしたが…泰時()に止められた。

義時「お分かりか。これが鎌倉殿に取り入ろうとする者の末路にござる」

実朝は号泣する。背を向けて去る間際の義時は一瞬、苦悶の表情を浮かべた…。

実朝:「私は此度のことで考えを改めた。これよりは政のことを、よくよく相談していくつもりだ。万事、西のお方(後鳥羽上皇)にお考えをうかがっていく。心を許せる者は、この鎌倉に、おらぬ」。

源実朝と北条義時との対立が深まり…。(つづく)

【鎌倉殿の13人】41話の感想

和田義盛の非情な最期に視聴者涙

義盛が、和田義盛と鎌倉殿との信頼関係を利用した非情な手段で討ちました。

多くの視聴者も号泣。人気キャラでしたからね…。

妻・巴御前の最期は劇中でハッキリ描かれませんでしたが、「和田義盛の妻」と名乗っているシーンは描かれました。

さんが原作と語る「吾妻鏡」には、巴御前の記述はないそう。けれど、『源平盛衰記』ではこう記されているそうです↓

落ち延びた後に源頼朝から鎌倉へ召され、和田義盛の妻となって朝比奈義秀を生んだ。和田合戦の後に、越中国礪波郡福光の石黒氏の元に身を寄せ、出家して主・親・子の菩提を弔う日々を送り、91歳で生涯を終えたという後日談が語られる。

Wikipediaより

生き延びて出家した説があるのですね。だから絶命シーンはなかったのでしょうか。

でも『鎌倉殿の13人』での、秋元才加さん演じる巴御前は今回で退場とのこと。

横田栄司さん、秋元才加さん、見事な演技で楽しませてくれて、ありがとうございました。

40話<< >>42話

当記事画像出典:NHK

コメント