【鎌倉殿の13人】21話のネタバレ!八重(新垣結衣)の最期に視聴者涙

鎌倉殿の13人21話

【鎌倉殿の13人】21話

大河ドラマ【鎌倉殿の13人】第21話が2022年5月29日に放送されました。

放送後、八重()の最期に視聴者涙で…。

今回は【鎌倉殿の13人】21話のあらすじネタバレと感想について。

*本ページの情報は2022年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


ADVERTISEMENT

【鎌倉殿の13人】21話のあらすじネタバレ

源義経()を失った奥州に攻め込み、藤原泰衡(山本浩司)を討ち取る源頼朝()。

義時()・畠山重忠()らが義経を思い出す中、頼朝は毅然と上洛に向けて動き出す。

頼朝もは褒美を辞退する書状を京の後白河法皇()に送った。丹後局()は「なんで恩賞を断るのでしょう。もったいない。」と不思議がる。

後白河法皇は「今後わしの思い通りにさせないというあらわれじゃ」と、頼朝追討の宣旨をだしたことに対することだと思った。

鎌倉では八重()が子どもたちの世話に奔走している。鶴丸とう子も預かることになった。政子()は八重の表情が明るくなったと目を細める。

時政(坂東彌十郎)とりく()の間にに男の子が生まれた。その祝いに、北条家の面々が集まる。しかし大姫()が「葵」と勝手に改名して、まじないにも熱心だ。義時たちは大姫を心配する。大姫は許嫁であった木曾義高(市川染五郎)が討たれことの心の傷がまだ癒えていなかった。義時は責任を感じる。

金剛…後の北条泰時()は、鶴丸とうまくいっていなかった。母の八重から仲良くするよう言われたが、自分の母を独り占めできなくて落ち込む。八重は「あなたが一番大事」という思いを伝えて、金剛を抱きしめる。

ある日、八重は子どもたちを連れて鎌倉の河原に来た。義時の盟友・三浦義村()も金剛と同じ年ごろの初を連れて遊ばせていた。

義村が用事でいなくなったとき、川から悲鳴が聞こえた。八重が駆けつけると鶴丸がおぼれかけていた。川の奥で岩につかまって、泣いていた。

八重は亡くなった千鶴丸(頼朝との子)とだぶってみえた。

八重が川に飛び込んで鶴丸を助ける。慌ててかけつけた義村が川に入る。八重は彼に鶴丸を預けた。

義村が鶴丸を抱えて川岸へ行く間、まだ川の中にいた八重はホッとして微笑む。

しかし八重は流されてしまい…。

すぐに大捜索がはじまった。。そこに、頼朝もかけつけて「鎌倉中の御家人で探せ。決して死なせはしない!わしも行こう」と指示を出し、自分も探しに…。

義時は伊豆に泊まりでいなかった…。

夜。八重が亡くなったという知らせが政子()のもとに届いた。

(つづく)

【鎌倉殿の13人】21話の感想

八重(新垣結衣)の最期に視聴者涙

つらい展開がつづく【鎌倉殿の13人】ですが、第21話ではさん演じる八重が死亡という悲しい展開に・・・・。

八重姫の最期は諸説あって・・・『曽我物語』では後に密かに伊東館を抜け出して頼朝のいる北条館を訪れたが、すでに頼朝は政子と恋仲になっていたため真珠ヶ淵に身を投げて入水自殺したとされています。

八重は、最誓寺(静岡県伊東市音無町)の伝承では北条氏と縁を結んだと伝えられているため、『鎌倉殿の13人』ではこれを採用しているのでしょう。

そもそも金剛の母は側室の阿波局。この阿波局の出自などは一切不明。まさかこんなカタチで八重が最期を迎えるとは・・・。

視聴者もショックですね。

鶴丸という名の子を助けたときの、八重の一瞬の微笑みだけは救いでしょうか…。

20話< >22話

当記事画像出典:NHK

コメント