【鎌倉殿の13人】47話|政子の「自分の言葉」演説に視聴者衝撃!

鎌倉殿の13人・47話

【鎌倉殿の13人】47話

大河ドラマ【鎌倉殿の13人】第47話が2022年12月11日に放送されました。

47話は、鎌倉幕府が尼将軍・北条政子の名演説で、京に攻め上がる決断を下します。

しかし政子の「自分の言葉」演説という脚本に視聴者衝撃で…。

今回は【鎌倉殿の13人】47話のあらすじネタバレと感想について。

*本ページの情報は2022年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【鎌倉殿の13人】47話のあらすじネタバレ

【鎌倉殿の13人】47話のあらすじネタバレです。

後鳥羽上皇の目的

承久元年(1219)7月、鎌倉殿が三寅に決まったことから、源頼茂(井上ミョンジュ)が謀反を起こす。朝廷の象徴である内裏は焼け落ち宝物は燃えてしまう。

後鳥羽上皇(尾上松也)は再建費用を日本中の武士から取り立てることを決める。義時がおそらく従わないから、御家人との間に亀裂が入る。それが後鳥羽上皇の目的だった。

北条義時(小栗旬)は政子(小池栄子)と大江広元(栗原英雄)の支持を得て、後鳥羽上皇の要求を先送りにすることを決断。泰時(坂口健太郎)をはじめ御家人たちが後鳥羽上皇との関係悪化を心配する。

後鳥羽上皇はさらに手を打つ。承久3年5月15日、京都守護の伊賀光季(=義時の妻の兄)を襲撃して、自害させた。これが北条追討ののろしだった。

北条義時の覚悟

数日後、後鳥羽上皇の使者が三浦館に来た。三浦義村(山本耕史)は、義時追討の院宣(いんぜん)をもらう。だが、御家人の一人・長沼宗政(清水伸)も同じ院宣をもらっていた。

使者を取り調べると、後鳥羽上皇は8人に院宣が出していた。それを見て、義時は時房(瀬戸康史)と泰時(坂口健太郎)を呼び…

義時「これは、鎌倉を攻めこむ院宣ではない。私を追討する院宣だ。私のために、鎌倉を戦場にはできない。今後は、お前たちに鎌倉を任せる。」

義時は朝廷と戦をしないために、京へ向かうという。自分の命と引き換えに鎌倉を守るつもりだ。

義時は政子のところに行き、京へ向かうことを告げる。「面白い人生だった」とかっこつける義時。

政子の演説

そして、義時は御家人たちを招集した。

御家人たちが勢ぞろいし、義時は話そうとするが…。

政子が現れた。義時の話を止めて、書状を読み始める…。

政子「頼朝公のおかげで、みなの地位もあがり、土地も増えました。そのご恩は、山よりも高く、海よりも深い…」

しかし政子は読むのをやめた。そして本当のことを言う。

政子「後鳥羽上皇が狙っているのは、鎌倉ではなく義時の首です。鎌倉を守れるなら命は捨てるとこの人はいいました。あなた達のために、犠牲になろうとした。

義時が厳しい態度をとってきたのは鎌倉を守ろうとしてのこと。政子は御家人たちに理解を求める。

政子「ここで、上皇様にしたがって西の言いなりに未来永劫なるのか。坂東武者の世の中を作るのか。今こそ、戦って頼朝さまの恩にこたえる時です。」

政子は上皇の味方につきたいものはそうしてよい、と譲歩した。だが、泰時が「そんな者はここにはいない」と御家人たちに呼びかける。御家人たちは大きな雄たけびをあげた。

こうして鎌倉幕府と朝廷の戦いの火ぶたが切って落とされる。(つづく)

【鎌倉殿の13人】47話の感想

政子の「自分の言葉」演説に視聴者衝撃!

北条政子の名演説を待っていたら、まさか、のちに伝えられている言葉を途中でやめて、自分の言葉で話すとは。意外な展開でした。ネットでも話題でしたね。

政子は朝廷側に「バカにすんな!」と憤ったり、義時が上皇に命を差し出すことを明かしつつ、これまで義時が恨みを買った行動に対しては「この人は生真面目なんです」とフォローし、「このままでいいんですか?」と御家人たちに呼びかけます。

我々のボス、執権がバカにされて、黙っていられるわけはありませんよね。

そして、鎌倉が一致団結になりました。

政子は前回、妹の命を救って、今回は弟の命をも救いました。兄妹、姉弟の愛に泣かされます。

さあ。次回は最終回。義時らの雄姿を見届けましょう♪

当記事画像出典:NHK

コメント