【鎌倉殿の13人】22話のネタバレ!「曽我兄弟が策士」と反響

鎌倉殿の13人22話

【鎌倉殿の13人】22話

大河ドラマ【鎌倉殿の13人】第22話が2022年6月5日に放送されました。

放送後、「曽我兄弟が策士」と反響があり…。

今回は【鎌倉殿の13人】22話のあらすじネタバレと感想について。

*本ページの情報は2022年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【鎌倉殿の13人】22話のあらすじネタバレ

【鎌倉殿の13人】22話のあらすじネタバレです。

源頼朝()の上洛が決まり、命に従い随行する義時()。大軍を率いて念願であった京へと上った頼朝は、後白河法皇()、九条兼実(田中直樹)と会談。今後の世のあり方を思い描く。そんな中、自分たちには利益のない上洛に、三浦義澄(佐藤B作)、岡崎義実(たかお鷹)、千葉常胤(岡本信人)らが不満を募らせていた。

一方、比企能員()は比企家の地位を盤石にするため、一族の比奈()を頼朝の元へと送り込む。しかし、比奈は、政子()の“圧”に負けた頼朝から、八重()を失った義時との結婚を勧められる。だが義時も縁談を断った。

その頃、曽我十郎(田邊和也)・五郎(田中俊介)兄弟が、工藤祐経()への敵討ちを隠れみのにした“ある計画”を能員に打ち明ける。それは混乱に乗じて頼朝を討つ計画だった。

比企は討てないと思うが、曽我兄弟はなんと北条家も味方だという。頼朝のことは伏せ、仇討ちだけ伝えていた。

曽我兄弟は北条時政(坂東彌十郎)の御家人になっており、時政に仇討ちをしたいと報告。りく()は「工藤殿は鎌倉殿のお覚えめでたい方ですよ。でも、親の敵となれば、話は別。是非、お討ちなさいませ」と後押し。烏帽子親の時政も協力を約束。なお時政と曽我兄弟の会話を善児()が盗み聞きしている。

・・・比企は道(堀内敬子)と仇討ちが成功してもしなくても、どちらでも自分の得になると笑った。

「巻狩」(大勢の勢子や追出犬によって取り囲み、徐々に獲物を巻き込んで射取る狩猟)を行うことが決定。頼朝の嫡男・万寿の披露目の場でもあり、富士の裾野に御家人たちが集い、武芸を競う。頼朝は仕切り役に時政、年貢米の整理をしている義時にも声を掛ける。

曽我兄弟の不穏な動きは、梶原景時()が義時の耳に入れる。

坂東を揺るがす曽我事件が始まる…。(つづく)

【鎌倉殿の13人】22話の感想

「曽我兄弟が策士」と反響

曽我事件の始まりが描かれた第22話。

三谷脚本の秀逸さへの感想も上がっていました。

義時はどうやって止めるのか。次回はさんも予告にいましたね。

曽我の策略は成功するのか。どう描くのか。次回も楽しみにしています♪

21話< >23話

当記事画像出典:NHK

コメント