【鎌倉殿の13人】39話|実朝の秘密を受け止める千世との場面が美しい!

鎌倉殿の13人-39話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【鎌倉殿の13人】39話

大河ドラマ【鎌倉殿の13人】第39話が2022年10月16日に放送されました。

放送後、実朝の秘密を受け止める千世との場面が美しいと話題で…。

今回は【鎌倉殿の13人】39話のあらすじネタバレと感想について。

*本ページの情報は2022年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【鎌倉殿の13人】39話のあらすじネタバレ

【鎌倉殿の13人】39話のあらすじネタバレです。

鎌倉殿の世継ぎ

承元2年(1208年)。鎌倉殿の源実朝(柿澤勇人)は病気に見舞われたが回復した。

政子(小池栄子)が実朝の代わりを務めようと学んでいたが、実朝が復帰。しかし義時(小栗旬)が中心となり評議も進んでいくため、実朝は自分の存在価値を見失う。

政子と実衣(宮澤エマ)は、実朝と千世(加藤小夏)との間に世継ぎの誕生がいまだないことを気にかける。

実衣は側室(そくしつ)を用意して、実朝と引き合わせた。だが、実朝は会ってすぐ断った。すぐ帰らせるのは体裁が悪いので、話を聞いてあげた。

義時の暴走

義時は、義時の兄が願っていたように、北条家がトップを取ることを狙う。

実朝と仲の良い和田義盛(横田栄司)は、鎌倉殿を「ウリン」と呼び、上総介になりたいと願い出る。実朝は承諾し、政子や義時へ頼むが、断られてしまう。

義時は和田義盛に上総介を諦めるよう伝え、「ウリン」呼びもやめさせる。

また、義時は、御家人たちが謀反を起こさぬように政の仕組みを改める。

義村も守護だが、だからこそ三浦義村から提案してほしいと持ち掛ける。承諾する三浦義村。

だが、義時の傲慢なやり方に三浦義村、和田義盛ら御家人たちは不満を募らせていく。

ある日。義時は鶴丸(きづき)に平盛綱と名付けた。

切的の競技がおこなわれ、平盛綱が活躍。

義時は実朝に、平盛綱を御家人にすることを願い出る。だが、実朝は拒否。

実朝「和田義盛の上総介推挙を止めたのはお前ではないか。守護に任期をもうけたのも、御家人に勝手なことをさせぬためではないか」

義時は承諾。そして伊豆に帰ると言い出す。

実朝は、折れて平盛綱を御家人にすることを決める。

義時「私のやることに口を挟まぬことです。鎌倉殿は、見守っていればよいのです」

39話の結末:実朝の秘密

ある晩、実朝は妻・千世 (加藤小夏) からなぜ避けるのか(夫婦の営みがないのか)…泣かれてしまう。

そこで、実朝は誰にも言っていない秘密を打ち明ける。千世だからでなく、そういう気持ちになれないことを…。千世は実朝の苦しみを受け止めた。

泰時(坂口健太郎)は実朝に歌を返すことに悪戦苦闘。そんなとき、源仲章(生田斗真)にこれは恋の歌だと言われる。

泰時は実朝のところへ行き、これは恋の歌だからと違う歌にしてもらった。(※補足:本当は実朝からのラブレターだったのか?)

その歌は「大海の磯もとどろによする波われて砕けて裂けて散るかも」

泰時はひとりで酒をあおる。(歌に隠された想いに気づいた?)

元暦元年9月、善哉(ぜんざい)は出家して公暁(寛一郎)と名を変え、京へ修行に向かう…。

(つづく)

【鎌倉殿の13人】39話の感想

実朝の秘密を受け止める千世との場面が美しい

実朝と千世の抱き合って涙する場面が美しいと話題でした。

実朝は秘密を抱えて苦悩してきたのですが、言えて、受け止めてもらえて良かったですね。

脚本・演出も、デリケートな題材を扇情的にせずに、美しいです。

さて。ラストは善哉が公暁に成長。

そして次回予告では、御家人たちが北条家へ恨みを持ち始めています。どうなってしまうのでしょうか。

当記事画像出典:NHK