【鎌倉殿の13人】14話のネタバレ!セミの抜け殻がトレンド入り?!

鎌倉殿の13人14話

【鎌倉殿の13人】14話

大河ドラマ【鎌倉殿の13人】第14話が2022年4月10日に放送されました。

放送後、セミの抜け殻が話題になりTwitterトレンド入りして…。

今回は【鎌倉殿の13人】14話のあらすじネタバレと感想について。

*本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


ADVERTISEMENT

【鎌倉殿の13人】14話のあらすじネタバレ

【鎌倉殿の13人】14話のあらすじネタバレです。

義時()と八重()は結婚する。

寿永2年(1183)3月。源義仲()の嫡男・源義高(市川染五郎)が鎌倉にやってきた。大姫()の許嫁(いいなずけ)という体(てい)だが、人質だ。

政子()は「許嫁なんて早い」と反対していたが、源頼朝()と大姫とともに義高と会うと、心変わり。義高がカッコイイ男なので、政子も大姫も義高のことを気に入った。

一方、義仲は平家に対して兵を挙げ撃退。その勢いのまま、京にのぼった。

その軍の中には、源行家()の姿もあった。

平宗盛()率いる平家は、4歳である安徳天皇と三種の神器と共に西国へ逃亡。

後白河法皇()は、いち早く比叡山に逃げていた。

頼朝:「義仲に先を越されたわ。

頼朝は、悔しがった。

しかし、義仲は田舎の出のため作法や礼儀がわからず、「三種の神器」の価値やそれが皇位継承の証であることを知らず、後白河法皇はあきれる。

その後、すぐに源氏一門に恩賞が与えらえることになり、義時が頼朝に読み上げる。

義時:「勲功第一は、鎌倉殿。第二に、木曽殿、第三に行家殿。」

恩賞をもらえたのは、頼朝が事前に後白河法皇に手紙を送っていたからだった。文面を考えたのは、大江広元(栗原英雄)だった。

広元:「今後は、朝廷の指図のもと東は源氏、西は平氏がおさめるよう定めてはいかがかと。」

そうすることによって、後白河法皇が決めていると上機嫌になる。しかも源氏の棟梁がそう提案した頼朝と受け取れる。

しかし、義時は義仲の胸中を考えると複雑な気もちになった。

義仲 彼自身は褒美なんて気にしていなかったが、家人が黙っていないと言われて、仕方なく後白河法皇に抗議へ行く。

義仲:「血を流して戦った家臣のために、まことにふさわしい恩賞をお願いします。」

そのため、後白河法皇は源頼朝を源氏の棟梁と認めず、今回の恩賞をなしとした。

頼朝は、恩賞がひっくり返されたことで焦る。

一方、義高は大姫と遊ぶうちに仲良くなっていた。義高は義時や坂東武者たちとも打ち解けていた。

9月に入ると、義仲の寄せ集めた兵たちが京で悪行を働いていた。

義仲はその取り締まりに手を焼いていた。

後白河法皇は「しばらく休め」と言ったものの、本当に平家討伐に動き出さない義仲に業を煮やしていた。そして強硬手段にでる。三種の神器がないまま、孫の後鳥羽天皇を4歳で即位させた。

その上で、義仲に迫る後白河法皇。

後白河法皇:「今すぐ京をでて、平家を滅ぼし三種の神器を取り戻せ。」

義仲は平家は侮(あなど)れないため頼朝を待ちたいと思っていたが、仕方なく出陣することに…。

頼朝は、ここぞとばかりに後白河法皇に接近する。

上洛が遅れていることを詫び、多大なる引き出物を送った。

後白河法皇は、頼朝の流罪を解き東海道・東山道の支配権を認めた。それは義仲の所領である信濃が頼朝の手に渡ったも同じだった。

義仲は、備中の平家に苦戦をしいられていたとき、このことを知った。

義仲:「信濃は、わしの所領ぞ。」

義仲が平家と和睦したとの噂も流れていた。

怒った義仲は、京に引き返し後白河法皇の真意を確かめようとする。

しかし、側近たちの静止を振り切るうち、ケガをさせてしまった。

これを後白河法皇は、謀反と捉え源頼朝に助けを求める。

頼朝:「もう猶予はない。出陣する。」

義時:「お待ちください。すぐには、難しゅうございます。」

義時は、坂東武者たちが戦に了承するとは思えなかった。

また、頼朝の側近・安達盛長(野添義弘)は、頼朝不在の間に鎌倉を藤原秀衡(田中泯)が狙うと心配する。

秀衡が健在なのは、文覚が呪いを怠ったから。文覚は役目を解任される…。

また、義時が考えていた通り坂東武者の三浦義澄(佐藤B作)、岡崎義実、土肥実平(阿南健治)、千葉常胤(岡本信人)らは、源氏同士の戦いに難色を示していた。

頼朝は、もどかしい気持ちでいたが、大江広元の戦略により、先陣を切ったあとに上洛途上で兵を集めていく形にする。

そして頼朝は「大将は決めてある。九郎じゃ。」と御家人ではなく異母兄弟である義経()を指名。信頼できるのは身内だから、と。

戦がしたくて仕方ない義経は喜んで引き受ける。

頼朝は「そういえば二人きりでじっくり話したことはなかった、戦から戻ったら語りつくそう」と義経に話す。

義経も「どうやって戦って勝ったのか話せる日を夢見て戦う」と伝える。

義経は弓矢を放ったが…頼朝の矢を押しのけて矢が的に。頼朝はその頼もしさに喜んだ。

その頃、三浦館では岡崎義実、土肥実平、千葉常胤らが頼朝とたもとを分かち、自分たちで坂東を治めようと話あっていました。三浦義澄はしぶっていたが…。

三浦義澄:「北条は、助けてやってくれ。それが条件だ。」

北条家だけは助けることを条件に最終的に折れる三浦義澄。

そして、反頼朝の中に和田義盛(横田栄司)と梶原景時()も加わる。文覚(市川猿之助)までそこに加わった。

その頃、義経は「いつかやろうと取っておいた」と義高に箱いっぱいのセミの抜け殻を渡して、軍勢とともに出立する。(義高はここに来る前、セミの抜け殻をたくさん集めていたと義経に話していた)

義時は「こうならないことを望んだのに」と義高に言う。

しかし義高は義経を不憫だという。

義高:「父に戦でかなうはずもない、もう二度と会うこともないだろう」

そういって義高はセミの抜け殻をつぶした。

その夜、御所には義時、源範頼(迫田孝也)、比企能員()、広元、安達盛長らが集まって、三浦館に集まった御家人の名前をあげていきます。

反頼朝に統率力がある者が加わると、頼朝に勝ち目はない。つまり、上総広常()がどちらにつくかでした。

義時は、広元の依頼で上総広常に会った。そして義時は頼む。

義時:「三浦家に集まる人達の誘いに乗ってほしい。」

広常:「どういう了見だ。」

上総広常は、不審げに義時を見て・・・。

(つづく)

【鎌倉殿の13人】14話の感想

セミの抜け殻が意味深

義経が義高たのめに渡したセミの抜け殻。

義経は、はなむけのつもりなのでしょうか。

しかし義高も父は強いと思っています。

内心では「セミの抜け殻」を通してバチバチな関係だった2人。

意味深すぎるやりとりにTwitterトレンドになっていました。

他にも、義時と八重が結婚。そして妊娠へ。出産した子が北条泰時となるのでしょう。創作ですが、考証を担当している坂井孝一さんも採用している説ですね。

そしてラストは何やら義時が作戦を。鎌倉が真っ二つに割れていますがどうするのでしょう。次回も注目です。

13話< >15話

当記事画像出典:NHK