【未来への10カウント】のあらすじ・ネタバレを最終回まで!結末はインターハイ優勝、桐沢と葵の恋は!?

未来への10カウント

【未来への10カウント/#みらてん】のあらすじ・ネタバレを最終回まで!結末はインターハイ優勝? 桐沢と葵の恋は!?

主演、テレ朝木9ドラマ【未来への10カウント】のあらすじ・ネタバレを最終回までまとめていきます。

久しぶりのスポ根ドラマは視聴者満足のハッピーエンドとなるか!? 結末予想もしていきます。

【未来への10カウント】のあらすじ・ネタバレ・結末予想について!

【未来への10カウント】のネタバレ一覧

【未来への10カウント】のあらすじ・ネタバレを一覧にまとめていきます。

1話

未来への10カウント1話

あらすじ
高校時代にボクシングで4冠達成したスター選手・桐沢祥吾()は、大学時代にあることを理由にボクシングを断念。その後も妻が病死するなど不運続きですっかり人生を投げていた。親友の甲斐()はそんな桐沢を母校のボクシング部の監督に誘う。臨時コーチとして就任した桐沢だが、なかなか熱意を向けることができず、突然顧問させられた折原葵(満島ひかり)もボクシングに無関心。しかし桐沢のコーチ就任が部の再生に繋がると喜ぶ部長・伊庭海斗(髙橋海人)はいきなり桐沢にスパーリングを申し込み…。

ネタバレはこちら↓↓

2話

未来への10カウント2話

あらすじ
伊庭(髙橋海人)にケガをさせたことが校長()にバレた桐沢祥吾()は一度はクビのピンチを乗り切るものの、教頭()と校長の新たな手で再び追い詰められる。しかしインターハイを目指すという生徒たちの熱意に心を動かされた桐沢は、折原葵(満島ひかり)の機転と強力な助っ人の協力により、非常勤講師として指導に当たることに。目標は有名校に勝つこと!

ネタバレはこちら↓↓

3話

未来への10カウント3話

あらすじ
水野あかり(山田奈)は、母の響子に復縁を迫り暴力を振るう元義父・今宮()から母を守ろうと必死。「ケンカに勝てるボクシングを教えてほしい」と懇願するが…。一方、非常勤講師として何かと別扱いされる桐沢()は、あかりの家庭問題についても校長()から締め出しをくらう。甲斐()に、あかりにボディブローを教えさせる桐沢がとったDV問題の解決法は意外なものだった!桐沢の過去を知った折原葵(満島ひかり)にも変化が…!?

ネタバレはこちら↓↓

4話

未来への10カウント4話

あらすじ
部長の伊庭(髙橋海人)と玉乃井(坂東龍汰)はマネージャーの西山愛(吉柳咲良)に告白したいと思っていた。ライバル心を燃やす2人に桐沢()は、試合が終わってからにしろと言う。葵(満島ひかり)に一目惚れした甲斐()は、葵の頼みでプロの技をコーチしにやってくる。「ダンダダン」と3連発で決めるコンビネーションで「勝てる!」と思い込む教頭や校長。いよいよインターハイ予選の日、伊庭は勝って告白できるのか?

ネタバレはこちら↓↓

5話

未来への10カウント5話

あらすじ
インターハイ予選でついに京明の選手と対戦する水野あかり(山田奈)。しかし試合の結果によって大場校長()が桐沢()に再びクビを宣告。新コーチとなった甲斐()や生徒たちと協力して、桐沢を戻そうと画策する葵(満島ひかり)。そんなとき1年生部員の江戸川()が行方不明になり…。

ネタバレはこちら↓↓

6話

未来への10カウント6話

あらすじ
亡き妻・史織()にそっくりな女性に出会ってしまった桐沢()・甲斐()・折原が動揺する中、大場校長()が京明との練習試合を決めてくる。桐沢もいよいよ本気を出して指導に熱くなっていく。

ネタバレはこちら↓↓

7話

未来への10カウント7話

あらすじ
京明との練習試合の最中に、選手から外された西条()が上級生を殴ったという事件が発生!職員たちは原因は桐沢()にあると責め立て、大場校長() は西条を自宅謹慎、部活は活動停止にする。西条を信じる桐沢は、真相を突き止めようとする。

ネタバレはこちら↓↓

8話

未来への10カウント8話

あらすじ
脳に動脈瘤が発見された西条()はボクシングを辞めて演劇部へ。トラブルメーカーだし生意気だとなじっていた部員たちは、西条の意外な行動に寂しさを感じる。焼き鳥屋再開の話を持ちかけられた桐沢()は、大場校長()に、店とコーチの両立を頼み込む。桐沢への思いがあふれて止まらない折原(満島ひかり)は桐沢を夕食に呼び…。

ネタバレはこちら↓↓

9話/最終回

未来への10カウント最終回

あらすじ
インターハイ予選に向けての練習と、非常勤講師の授業、焼き鳥屋の再開に全力を注ぐ桐沢()は、疲労が重なり倒れてしまう。折原先生(満島ひかり)はプロポーズしたことを憶えていないふりをしつつ、桐沢の健康を気にして弁当作り。桐沢と折原が結婚するには障壁があると知った圭太(川原瑛都)は意外な人物に直談判。大場校長()もまた父である芦屋元監督との関係に悩んでいたが…。

ネタバレはこちら↓↓

【未来への10カウント】の結末予想

【未来への10カウント】の結末を予想していきます。

かつてボクシングで絶望した桐沢祥吾()が母校ボクシング部のコーチとなることで、人生を再生していくというストーリーです。

ボクシング部はインターハイで優勝できる?

桐沢自体がボクサーとして再起するというストーリーも考えられますが、シニアといえども20年以上もブランクがあるのに、そこまで行くのはいささか御都合主義。素直に、衰退していたボクシング部が勢いを取り戻して部員がインターハイで優勝する、スター選手が生まれるなど部としての栄誉を勝ち取る結末になると予想します。

注目選手は…
・部長の伊庭海斗(髙橋海人)
・男子部員より熱量が高い水野あかり(山田奈)
・経験者でセンス抜群の西条桃介(

生徒たちの問題や恋愛は?

ボクシング部の生徒たちは、個性派ぞろい。注目ポイントをまとめました。

伊庭海斗(髙橋海人)
すっかり弱体化した部を復活させたいと願う部長。東大受験と両立できる?

水野あかり(山田奈)
「強くなりたい」とボクシングに打ち込む女子生徒。「強くなりたい」理由は何か? DVやいじめの経験から?
→母に暴力をふるう元義父から母を守るため。

西条桃介(
中学からの経験者で、センスも実力も抜群だが、生意気でトラブルを起こしてばかり。最後は桐沢とともに本気になって優勝する?

玉乃井竜也(坂東龍汰)
センスはあるが空手のクセが抜けない2年生。マネージャーの西山愛への恋は成就する?
→伊庭に先を越されて告白されるが、伊庭も撃沈。

桐沢(木村拓哉)と葵(満島ひかり)の恋は?

もう1つの注目点は、桐沢()と葵(満島ひかり)の恋です。最初は反発し合うも、葵は徐々に桐沢に惹かれるようになる展開ということですが、最愛の妻を亡くしてしまった桐沢は葵の思いを受け取って再び人を愛することができるのか?

ただ親友の甲斐()が葵に片思いするという三角関係展開もありそうなので、それが桐沢の足枷になってしまう可能性も!?

さらに亡き妻・史織とそっくりな女性()が現れて、恋愛模様も揺らいでいきそうです。

桐沢と敵対する大場麻琴校長()の微妙な関係もありそうですが、麻琴は既婚者。高校時代には麻琴が桐沢にふられていたという過去が判明しました。また麻琴の夫のキャストは未発表なのがちょっと気になるところ。

後半の展開がまだ読めませんが、ボクシング部の復活と桐沢と葵の恋愛成就というハッピーエンドを期待したいと思います。

記事内画像出典: ドラマ公式サイト

コメント