朝ドラ【スカーレット】の視聴率と最終回ネタバレ!戸田恵梨香は陶芸家から骨髄バンク設立まで演じる!?

スカーレット

朝ドラ【スカーレット】の視聴率と最終回ネタバレ!

2019年度後期のNHK朝ドラは、戸田恵梨香主演の『スカーレット』。

気になる、あらすじネタバレと視聴率を最終回までまとめます。

今回は朝ドラ【スカーレット】全話の視聴率とあらすじネタバレ、最終回ネタバレなどについて。

朝ドラ【スカーレット】のキャストとあらすじ! 2019年度後期のNHK朝ドラは『スカーレット』 主演は女優・戸田恵梨香、…
スポンサーリンク

朝ドラ【スカーレット】の全話視聴率とあらすじネタバレ


画像出典Amazon

ここでは【スカーレット】の視聴率一覧とあらすじネタバレ記事の全話まとめていきます。

【スカーレット】の視聴率一覧

週平均
120.2%19.2%20.6%20.7%20.0%18.1%19.8%
219.7%18.3%20.8%19.9%20.3%22.4%20.2%
318.0%20.4%20.3%19.7%20.3%19.2%19.7%
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
週平均
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26

・縦軸:週、横軸:各曜日を表し、交わった箇所が視聴率になります。
・1番右端:週平均の視聴率です。
赤字:各週の最高視聴率
青字:各週の最低視聴率

(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区、リアルタイム)

【スカーレット】第1週の視聴率とあらすじネタバレ

第1話 9月30日(月):トレンド1位にタイトル名!

第2話 10月1日(火):戦後の影色濃く信頼できる脚本!?

第3話 10月2日(水):喜美子(川島夕空)の我慢がツライ!

第4話 10月3日(木):草間(佐藤隆太)の名言に視聴者涙!

第5話 10月4日(金):教育とは何か、視聴者も考えさせられる!

第6話 10月5日(土):壁ドン・チューの百合展開!

【視聴率】第1週の平均視聴率は19.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。朝ドラの初週としては、2017年度前期「ひよっこ」の19.4%以来、5作ぶりに20%の大台割れ。火曜日の19%台、土曜日の18%台が響いたか。/ 最高視聴率は第4話の20.7%。

【第1週のあらすじネタバレ】

朝ドラ【スカーレット】第1週のあらすじネタバレ! 戸田恵梨香主演のNHK朝ドラ『スカーレット』第1週が2019年9月30日から…

【スカーレット】第2週の視聴率とあらすじネタバレ

第7話 10月7日(月):喜美子(川原夕空)へのビンタが理不尽!?

第8話 10月8日(火):喜美子「女にも意地と誇りがあるんじゃあ」に視聴者涙!

第9話 10月9日(水):草間(佐藤隆太)の秘密に喜美子は…

第10話 10月10日(木):戸田恵梨香・林遣都登場も子役との別れを惜しむ声!

第11話 10月11日(金):大島優子(照子役)が子役と違和感なくトレンド入り!

第12話 10月12日(土):喜美子(戸田恵梨香)が信楽を離れる現実に反響!

【視聴率】第2週の平均視聴率は20.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。第1週から0.4ポイントアップで20%台に乗せました。/ ここまでの最高視聴率は第12話の22.4%。

【第2週のあらすじネタバレ】

【スカーレット】第2週のあらすじネタバレ! 戸田恵梨香主演のNHK朝ドラ『スカーレット』第2週が2019年10月7日から10月…

【スカーレット】第3週の視聴率とあらすじネタバレ

第13話 10月14日(月):水野美紀(ちや子役)の登場シーンが最高!

第14話 10月15日(火):喜美子(戸田恵梨香)が魔法の手ぬぐいに号泣!

第15話 10月16日(水):喜美子(戸田恵梨香)が家事を敬うことに賛同の声!

第16話 10月17日(木):大島優子(照子役)誕生日の日に再登場!

第17話 10月18日(金):戸田恵梨香のバックドロップで「大久保さん」トレンド入り!

第18話 10月19日(土):喜美子(戸田恵梨香)「口紅一つ買うてあげたかった」に反響!

【視聴率】第3週の平均視聴率は19.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。初週に続き2回目の19%台となりました。

【第3週のあらすじネタバレ】

【スカーレット】第3週のあらすじネタバレ! 戸田恵梨香主演のNHK朝ドラ『スカーレット』第3週「ビバ!大阪新生活」が2019年…

【スカーレット】第4週の視聴率とあらすじネタバレ

第19話 10月21日(月)

第20話 10月22日(火)

第21話 10月23日(水)

第22話 10月24日(木)

第23話 10月25日(金)

第24話 10月26日(土)

【第4週のあらすじネタバレ】

【スカーレット】第4週のあらすじネタバレ! 戸田恵梨香主演のNHK朝ドラ『スカーレット』第4週が2019年10月21日から10…

【スカーレット】第5週の視聴率とあらすじネタバレ

第25話 10月28日(月)

第26話 10月29日(火)

第27話 10月30日(水)

第28話 10月31日(木)

第29話 11月1日(金)

第30話 11月2日(土)

【第5週のあらすじネタバレ】

【スカーレット】第5週のあらすじネタバレ! 戸田恵梨香主演のNHK朝ドラ『スカーレット』第5週が2019年10月28日から11…

【スカーレット】の視聴率予想

【スカーレット】の視聴率をこれまでのNHK朝ドラ(連続テレビ小説)枠、戸田恵梨香主演ドラマの視聴率から予想してみます。

朝ドラの視聴率

過去の朝ドラ視聴率一覧(直近10作品)です。

ドラマ 主演平均
視聴率
最高視聴率 放送
クール
なつぞら広瀬すず21.0%23.8%2019前
まんぷく安藤サクラ21.4%23.8%2018後
半分、青い。永野芽郁21.1%24.5%2018前
わろてんか葵わかな20.1%22.5%2017後
ひよっこ有村架純20.4%24.4%2017前
べっぴんさん芳根京子20.3%22.5%2016後
とと姉ちゃん高畑充希22.8%25.9%2016前
あさが来た波瑠23.5%27.2%2015後
まれ土屋太鳳19.4%22.7%2015前
マッサン玉山鉄二
シャーロット・ケイト・フォックス
21.1%25.0%2014後

テレビドラマ離れがささやかれている中、視聴率20%超え連発中のNHK朝ドラ。

2015年度前期の『まれ』は、『純と愛』(2012年度後期)の全話平均17.1%以来となる、20%以下となりましたが、それでも高い数字。

そして『あさが来た』全156話の全話平均視聴率:23.5%は、2000年度後期『オードリー』以降、いわゆる「今世紀最高」の数字です。

『スカーレット』も23%台が目標となりますが、前作『なつぞら』超えは期待したいところです。

(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区、リアルタイム)

戸田恵梨香出演ドラマの視聴率

戸田恵梨香の出演ドラマの視聴率をまとめてみました。

ドラマ 主演平均
視聴率
最高
視聴率
放送
クール
大恋愛〜僕を忘れる君と戸田恵梨香10.0%13.2%2018秋
崖っぷちホテル!岩田剛典7.5%10.6%2018春
コード・ブルー
(3期)
山下智久
14.6%16.4% 2017夏
リバース藤原竜也8.8%10.5%2017春

社会現象となった主演ドラマ「大恋愛」が最終回13.2%と高視聴率。ヒロインを務めた「崖っぷちホテル」の低視聴率の汚名返上となりました。

主要キャラを務めた「コード・ブルー」は人気シリーズのため参考にならないかも。そして、ヒロインを務めた『リバース』は時間が行き来する構成に数字が伸びませんでした。

つまり、戸田恵梨香さんは『デスノート』『LIAR GAME』『SPEC』など代表作がいくつもある人気女優ですが、数字を持っているかどうかは判明しにくい方。

タレント好感度ランキング女優部門でも11位で、トップ10以下ですが上位でもあります。(順位は「日経エンタテインメント7月号」より)

(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区、リアルタイム)

【スカーレット】の視聴率予想

【スカーレット】は、高視聴率が期待できる理由が3つあります。

1:人気女優・戸田恵梨香が主演。

2:脚本は「夏子の酒」「妹よ」「ホタルノヒカリ」シリーズなどのベテラン・水橋 文美江氏。

3:原作はないものの陶芸家のモデルがいます。着地点がしっかりしているので、安心して見られることでしょう。年配の方もみる朝ドラは、今世紀最高視聴率の「あさが来た」など、モデルありもヒットします。

オリジナルでも「あまちゃん」「ひよっこ」「半分、青い。」など視聴率20%超えのヒットはあるのですが、その反面、「純と愛」「まれ」など20%以下となったオリジナル作品もあります。

結論:人気主演 + ベテラン脚本家 +(朝ドラでは失敗しにくい)モデルありのストーリー = ヒットの可能性大。

期間平均20%超えは確実!

ただし大島優子・林遣都ほか、知名度ある方をそろえたものの、ディーン・フジオカさんのようなブレイクする俳優が出るかは未知数。放送前の時点では前作『なつぞら』といい勝負の視聴率でははないかと予想します。

【スカーレット】の最終回ネタバレ

【スカーレット】のあらすじ概要は・・・

戦後まもなく、大阪から滋賀・信楽にやってきた、絵が得意な女の子。名前は川原喜美子。両親と二人の妹との暮らしは貧しく、頑張り屋の喜美子は、幼いながらも一家の働き手だった。15歳になった喜美子は、大阪の下宿屋で女中として働きはじめる。大都会での暮らしと、個性豊かな下宿の人々との出会いは、喜美子をさらに成長させる。

3年後に信楽に戻った喜美子は、地元の信楽焼にひかれ、男性ばかりの陶芸の世界に飛び込む。やがて愛する男性と結婚し、息子を授かり、仕事にも家庭にもまい進する日々が始まる。相変わらずの貧乏だが、夫や息子のかたわらで、大好きな陶芸にいそしむ喜美子。

だが、幸せなはずの生活は思惑どおりにはいかず、大きな波乱が彼女を待ち受けている。どんなにつらいことがあっても、陶芸への情熱は消えることがない。喜美子は自らの窯を開き、独自の信楽焼を見出していく。

出典https://www.nhk.or.jp/scarlet/about/

本作『スカーレット』に原作はありません。

しかし、モデル※1は信楽焼の女性陶芸家の草分けで、実在する陶芸家である神山清子(こうやま きよこ)さんの半生となります。

※1:正確には本作はフィクションであり参考にした人物です。

神山清子さんは夫に去られ、女手ひとつで二人の子供を育てながら、長年の夢である穴窯による自然釉(しぜんゆう)に挑戦。古代の信楽焼きの再現に成功し、「信楽自然釉」と名付けました。

そんな中、自分と同じ陶芸の道を歩みだした長男・賢一が29歳のとき、白血病を発病。このことをきっかけに、神山清子さんは骨髄バンク運動を始めます。

残念ながら発病の2年後に賢一さんは亡くなりました。当時はまだ「骨髄バンク」がなかった頃でした。

陶芸家としての生き方と息子への愛情は、田中裕子主演「火火」としても映画化。

前述したあらすじ概要の「幸せなはずの生活は思惑どおりにはいかず、大きな波乱」とは「夫との別れ(女性をつくって出て行った)」と「最愛の息子の死」のこと、と予想されます。

骨髄バンクの件を伏せて、陶芸家としての事前あらすじしか発表されていないのは、喜美子の息子の死がネタバレになるからでしょう。

最終回では、陶芸家として成功した喜美子(戸田恵梨香)が息子のことを思いながら、神山さんが「滋賀骨髄献血の和を広げる会」会長を務めたことをモデルに、骨髄移植の活動をする姿が描かれると予想します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク