【わろてんか】68回視聴率は20.3%!藤吉・松坂桃李が寺ギンに苦情!成長してると話題

葵わかな主演、NHK連続テレビ小説・朝ドラ「わろてんか」第12週「お笑い大阪 春の陣」第68回が12月19日火曜日に放送されました。

アサリ(前野朋哉)の泥棒はいったい何のためか?

今回は【わろてんか】68回のあらすじと視聴率、感想まとめ。

葵わかなさん主演のNHK連続テレビ小説、愛称:朝ドラ2017年度後期は【わろてんか】 松坂桃李さん、濱田岳さん、高橋一生さん、…
スポンサーリンク

【わろてんか】68回の視聴率

【わろてんか】68回の視聴率は20.3%!

2回連続の20%大台突破となりました。

「わろてんか」視聴率一覧、単日と週間の平均視聴率ランキング! NHK連続テレビ小説「わろてんか」は、葵わかなさんがヒロインで、…

【わろてんか】68回のあらすじ

万丈目(藤井隆)とキース(大野拓朗)が泥棒をつかまえた。顔をみると…、アサリ(前野朋哉)だった。夜逃げの荷物を背負っていて、芸人をやめるつもりだった。

北村屋へ連れて行き、てん(葵わかな)たちが事情を聞く。あした祖父の治五郎(佐川満男)が大阪に来る、と電報がきたという。アサリと妹は両親を早くに亡くし、漁師の祖父に育てられた。

漁師を継ぐことを勧められたのに、大阪で金持ちになるからと家を出てきた。それが「嫁も金もない、ないない尽くし」の芸人になっていると知られたら太平洋に沈められる。藤吉(松坂桃李)は今やめられたら困ると悩み、伊能(高橋一生)の手を借りることにする。

アサリを勤め人(会社員)に見せかける芝居を打つのだ。当日、スーツを着て専務になったアサリ。しかし祖父は「利一!(浅井利一がアサリの本名)悪いことしたのか!」と疑う。そこで伊能が割って入る。伊能の自己紹介は洗練された言い回しで、祖父は信用した。喜び、アサリを抱きしめた。

一方、寺ギン(兵動大樹)が怒りの形相でのりこんできた。てんが芸人にお金をやったことが発覚したのだ。風太(濱田岳)が金で引き抜きする人がいると説明する。てんには他意はない。それでも藤吉は(筋を通さない行動だから)素直に謝罪するのだが…芸人が3度の飯も食えないなんて、ぞんざいに扱っている、と苦情も伝えた。

その場は退散した寺ギン。しかしこのまま引き下がるとは思えず、風太にもこのままでいいのかと藤吉は尋ねるが、風太は師匠だからとついていく。

そしてリリコが隼也に沢山おみやげを買って帰ってきた。女優をやめて風鳥亭でお茶子でもいいから働きたいと願うが、藤吉はそうもいかないと困る。

そこへ、寺ギンが電話で、「刺身にあたった」と芸人4人を当日キャンセルする嫌がらせをしてきて…

【わろてんか】68回の感想

藤吉が、サッと謝っていたのは男らしい。そして寺ギンに臆せず言いたいこともきちんという。

あれ?肝心のことをいえないダメな藤吉だったのに…。妻にも芸人にもコミュニケーション不足で。

成長ということですね。「カッコイイ」とネットで話題に!

寺ギンは変わってしまったのか?もともとなのか?…風太もまだ迷っています。視聴者も困惑ぎみ。

大河ドラマ風の演出で勢力争いが激化、どうなる? (と一瞬、思いましたが、ストーリー自体は「ひよっこ」とちがいモデルありのネタバレあり作品なので引き込まれませんね…)

風太はいつどうやって、風鳥亭に加わるのか、寺ギンの運命はどう描かれるのか。女性はべらすのが似合う兵藤大樹さん、今週は見せ場ですね。

スポンサーリンク