【ちむどんどん】7話|アババの呪い?!

ちむどんどん7話

【ちむどんどん】7話(第7回)

朝ドラ【ちむどんどん】第7話(第7回)が2022年4月19日に放送されました。

7話では不幸が続く?アババの呪いかもと話題で…?!

今回は【ちむどんどん】7話のあらすじネタバレと感想について。

*本ページの情報は2022年6時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【ちむどんどん】7話のあらすじネタバレ

【ちむどんどん】7話のあらすじネタバレです。

優子(仲間由紀恵)は働く

暢子()たちの父・賢三()が急死。

母・優子()は働きに出て、建築現場で食事作りを担当していた。

そんなある日。作業員の男性が腰を痛める。

優子が「うちにやらせてください。」と代役を名乗り出た。

木材を肩でかついで運ぶ優子。その様子を暢子が通りかかり目撃する。

ボロボロ兄妹

学校にて。教室の外で、賢秀(浅川大治)が男子生徒・島袋(吉田日向)ともめていた。

ボロの靴をバカにされていたのだ。

それに怒った暢子もホウキを持って参戦。姉・良子(土屋希乃)が暢子を止める。

島袋は「出た出た、ボロ子委員長。テストは100点でも体操服はボロボロ(笑)」

砂川智(宮下柚百)と歌子(布施愛織)もやってきた。

「ボロちびが来てボロボロ兄妹がそろった!ボロボロ!(笑)」と、暢子たち4兄妹みんなバカにされた。

先生がやってきて大事に至らず終わった。

比嘉家それぞれの思い

賄い担当の時は硬貨での報酬だったが、力仕事なので紙幣がもらえた優子。それでもズックと体操着を買うには不足している。

優子は「もっとお金になる仕事があったら…」と言ってみたが、親方(肥後克広)は「あればみんなやってるさ」と一笑に付す。

家にて。歌子は「暢ネーネーも新しいグッズほしいわけ?」と聞いた。暢子は「要らん」と言った。そして「何が何でも一等賞。絶対見返してやるから」と決意表明。歌子はそんな姉を見つめて…。

帰り。良子は売店によって体操着を手に取ってみていた。

善一が「プレゼントするさ。他の人には内緒。持っていきなさい」と声をかける。

良子は泣きだして、体操着を置いて、去っていく。

翌朝。歌子が砂川豆腐店へ豆腐を買いに行ったとき、智に練習のコーチをお願いした。

智の指導を受けて歌子が走っていると、和彦に見つかる。

和彦も歌子の【秘密の練習】に付き合った。歌子の目標はビリ脱出だ。

暢子たちの運動会の前日。優子はボロボロになりながら働いたあと、親方が運動会のためにと余分にお金をくれた。親方の家は子供が5人いるという。

優子は、賢秀の靴と良子の体操服を買ってプレゼントする。喜ぶ賢秀と良子。

しかし、新品の靴と体操着を賢秀がアベベの小屋に置き忘れてしまう。

運動会本番

翌朝、ズックと体操着はボロボロになっていた。

優子は急いで洗濯するが、良子は休むと言って寝ころんでいた。

運動会にて。歌子の出番になる。優子だけ間に合ったが、良子は来なかった。

歌子は(闘志が溢れたのか)フライングでスタート。

一生懸命に走ったが、どんどん抜かれて4人中、最下位に。

島袋は「インチキしてもビリ。笑わせるわあ」と爆笑していた。

昼休憩。

母のもとへ行った歌子は「お母ちゃんにいいところ見せたかったのに。」と落ち込む。

優子は「歌子は優しいね。」と抱きしめる。

智が「俺にとっては歌子が一等賞」と言って、折り紙で作ったメダルを歌子の首にかけた。

やがて、小学5年生のかけっこ部門になった。

暢子:「よし、5年連続1等賞で、歌子のかたき討ち!」

そのころ、良子は家の縁側に腰かけて、干してある体操着を眺めていた。

暢子はシークワーサーをかじってからスタートへ。

圧倒的に1番で走っていた暢子だが、靴が破れてバランスを崩す

靴が脱げた暢子は転んでしまった。

他の3人に追い抜かれた暢子は「まさかやー」とつぶやく。

(つづく)

【ちむどんどん】7話の感想

「アババの呪い」が話題

7話放送後、「アババの呪い」が話題になっていました。

番組「あさイチ」にた華丸さんが「言いたかないけどアババの呪いだよね」とツッコミ。

アババとは比嘉家で飼っていた豚。第1週でアババをつぶして調理したのです。

まあ、そんなので呪われていたら、牛・豚・鳥を食べているみんな呪われていますよ(笑)

ああ、牛丼屋「吉野家」常務取締役の不適切発言での解任劇も牛たちの呪いか?

そんなわけなくて、個人の問題ですよね。

賢秀の不注意を考察

ドラマのことに戻ると、呪いでなくて、ニーニーこと賢秀の不注意が問題なわけです。

ネットでは賢秀の頭に巻いているバンドの呪いでは?との疑いも。

正式名称「マグネット・オーロラ・スーパーバンド 一番星」。

まあ、私(筆者)としては運動会の応援でも「宇宙パワー!」と賢秀が言っているのを見ていても、宇宙パワーをあると信じているその思考が問題だと思うのです。

つまり、何かに頼っているということ。

第1話にて賢秀は「こんなして頭に巻きつけたら、 宇宙磁石の力でどんどん頭がよくなる、 魔法のバンドさぁ! 」と説明。

勉強しなくても頭が良くなるなんて、そんなわけないはずです。(記憶力が良くなるというデータのある栄養素が入っているという食品ならまだしも…。)

上記「あらすじ」では省いてしまいましたが、賢秀は自分の不注意を棚に上げて、良子に「体操着を着て寝るって言ってたのになんで気づかなかったの?」と責めています。すかさず、良子が「ぽってかす。無責任」とツッコミを入れてましたが…。

つまり、責任転嫁する傾向もあるんですよね。

勉強を自分の責任でせずに、失敗を他人の責任にしている賢秀。

賢秀の今回の不注意はこの性格が原因。

自分で勉強しなければならないという想像力・分析力もないのですよね。

グッズ・体操着を豚小屋に持っていったらどうなるか、という想像力があれば、ミスがなかったことでしょう。

本当にこのバンドで頭が良くなるのか妄信せずに、想像してみてほしい。テストで100点の良子はなぜ100点なのか分析してほしい。

まあ、まだ中学生と言えば子供なんですけど。賢秀の将来が心配です(笑)

6話<< >>8話

【ちむどんどん】のネタバレ・あらすじ

画像出典:NHK

コメント