【やすらぎの刻~道】216話のネタバレと感想!ハゲとの別れ!

テレビ朝日【やすらぎの刻~道】216話のネタバレと感想!
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】216話が2020年2月12日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】216話のネタバレあらすじと感想について。

スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】216話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】216話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】216話のネタバレ

「どうでした?」
としの(風吹ジュン)は帰宅した公平にハゲの様子を訊ねる。
公平(橋爪功)は
「フィフティーフィフティー」
だと。

しのは、ハゲの妻・ともこの世話に行ったが大変だったと話す。

さらに、里子から電話がきて、しのぶは一足先に来るとこと、詩子の父・巌(梨本謙次郎)が、翔の窯焼きを見せに、野球部の生徒を連れてくることをしのは公平に報告する。

**

巌は野球部のメンバーを連れてやってきた。

翔の窯づくりを見学する野球のメンバー。
野球部のメンバーは山に入り、木をきり運ぶ。

お昼は詩子が作り、午後も再び全員で仕事をする。
こうして一日が過ぎた……。

**

公平宅、電話がある。

しの
「ダメだった」
と……。

ハゲが息を引き取った。
ニキビと公平は黙って歩く。
夕焼けが山を照らす。

**

公平とニキビ。

ニキビは沖縄での兵士たちの話をする。

「沖縄で劇団をつくり、男が女方をしたところ、かなりキレイになった。
中には、本気になったやつもいた。
これが米軍に伝わり、女方をした兵士は、黒人兵につかまり、いいようにされたらしい。
黒人兵がいなくなったら、白人兵に変わった。
結局、あいつは女になってしまった」
と言う。

女がいない世界で起きた出来事だった。
兵隊たちでカップルが生まれたのだ、とニキビは話し、
「そいうおかしな悲劇があった、悲劇じゃないな喜劇だな」
と言い合い、二人で笑う。

**

公平は、墓場に行き、ハゲとニキビが満州に旅立つときのことを思い出す。

昭和時代。
公平、ニキビ、ハゲ、青っ洟。
仲良し4人組の姿。

「最後は俺たちもここに入るんだな」
「バラバラになってもここで集合か」
と、若き頃の会話。

「俺たちが今度ここで会うとき、小野ケ沢はどうなってるんだろう」
「変わるわけないさ」
と青っ洟がいう。

それを思い出す公平は心でつぶやく。

「変わっちまった、青っ洟」
と……。

<続く>

【やすらぎの刻~道】216話の見どころ

戦争の悲劇

敗戦時の出来事、それを悲劇とは言わず喜劇だと。
ニキビと公平の会話は、なんともいえぬ悲しさがあります。
笑いながらも、ハゲのいない寂しさを紛らわしているようでした。

【やすらぎの刻~道】216話の感想

ハゲもいなくなってしまいました。公平が思い出す懐かしい場面。まだ青っ洟も生きていました。時が流れてしまう。景色もまた変わってしまいます。
それはとても悲しいことなのか、嬉しいことなのか。
公平の中では寂しいことなのでしょう。

アイキャッチ画像:https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク