ドラマ【みかづき】のキャストとあらすじ!高橋一生×永作博美W主演!

みかづき表紙

2019年1月、高橋一生、永作博美のダブル主演で、本屋大賞2位の人気小説『みかづき』が待望の実写化!

太陽のような学校教育に対して、月のような存在・塾を背景に、昭和から平成のある家族の50年の歴史を描く、教育と家族がテーマの物語。

今回は土曜ドラマ「みかづき」のキャストとあらすじについて。

スポンサーリンク

高橋一生×永作博美ダブル主演!

本作『みかづき』は、高橋一生×永作博美のダブル主演でおくる、NHKで土曜日放送の連続ドラマ!

本ドラマの主人公となる2人、それぞれの役柄とプロフィールを紹介します。

高橋一生(役:大島吾郎)

みかづき高橋一生

登場人物:大島吾郎……小学校の用務員時代、児童たちに勉強を無償で教えていた。のちに天才的な教師になる。

原作では、ひょうひょうとして優しい性格。教師としては優秀だが、どこか危なっかしいところのある人物。

キャスト:高橋一生(たかはし いっせい)……1980年12月9日生まれ。2017年に、ドラマ『カルテット』、大河ドラマ『おんな城主 直虎』、朝ドラ『わろてんか』に出演し、2017上半期ブレイク俳優ランキング(オリコン調べ)で、10代から50代の男女すべて首位。特に「直虎」では高橋一生が退場した回のあと「政次ロス」が起き、追悼CD 「鶴のうた」が発売されるほど最期の時が惜しまれた。

2018年は映画『嘘を愛する女』準主役、『blank13』主演『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』日本語吹き替え、『空飛ぶタイヤ』『億男』準主役などに出演。

2019年公開予定に映画『九月の恋と出会うまで』川口春奈とのダブル主演、『引っ越し大名』などを控える。

主演クラスに引っ張りだこの人気俳優。

永作博美(役:赤坂千明)

永作博美

出典:田辺エージェンシー

登場人物:赤坂千明……塾に可能性を見いだすシングルマザー。昭和9年に生まれ、国民学校で学んだ。そのため、公教育に対する不信感を抱く。

原作では、自分の信念にこだわる性格。3人の娘の母でもある。長女の蕗子(みちこ)は柔和。次女の蘭は破天荒。三女の菜々美は奔放な性格。蕗子が通う学校の用務員・吾郎と結婚し、欄と菜々美を授かる。吾郎と一緒に塾も立ち上げた。孫には、就職もままならない一郎がいる。

キャスト:永作博美(ながさく ひろみ)……1970年10月14日生まれ。茨城県出身。アイドルグループ『ribbon』(1989-1994)のメンバーとして活躍。

女優として、映画『八日目の蝉』の演技で第35回日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞を受賞するなど活躍。地上波の連続ドラマは『さよなら私』(2014年、NHK)の主演以来、5年ぶりとなる。

ドラマ【みかづき】のあらすじ

――学校教育が太陽だとしたら、“塾”は月のような存在になると思うんです

大島吾郎(高橋一生)は、小学校の用務員でありながら落ちこぼれの子どもたちに勉強を教えるようになった天才的な教師。

シングルマザーの赤坂千明(永作博美)は、戦中の国民学校の教育に反発し、自由で豊かな教育の可能性を塾に見いだしていく。

個性の異なるふたりは、公私ともにタッグを組んで、塾業界に新たな歴史を生み出す。

男と女、そして親と子が葛藤した50年の歴史が紡(つむ)がれていく──。

ドラマ【みかづき】のキャスト

工藤阿須加(役:未定)

キャスト:工藤阿須加(くどう あすか)……1991年8月1日生まれ。父親はプロ野球・福岡ソフトバンクホークス監督の工藤公康。実は野球未経験ながら、TBS日曜劇場『ルーズヴェルト・ゲーム』で投手の役に抜擢された。

2018年はドラマ『海月姫』『未解決の女 警視庁文書捜査官』などに出演。

大政絢(役:未定)

キャスト:大政 絢(おおまさ あや)……1991年2月4日生まれ。女優意外にも『林先生が驚く初耳学!』で進行・出題役でレギュラー出演。「林先生、これ知ってますか?」「その説明、お見事です」など決め台詞をもつ。

2018年は映画『レオン』ドラマ『ラブリラン』に出演。

壇蜜(役:未定)

キャスト:壇蜜(だん みつ)……1980年12月3日生まれ。グラビアで活躍してきたが、トーク力があり、バラエティ・ドキュメンタリー・情報・教養番組など幅広く活躍中。

女優としても、映画『私の奴隷になりなさい』『甘い鞭』など主演作もある。2018年はドラマ『ホリデイラブ』などに出演。

黒川芽以(役:未定)

キャスト:黒川芽以(くろかわ めい)……1987年5月13日生まれ。主演ドラマ『ケータイ刑事 銭形泪』が出世作。朝ドラ『風のハルカ』主人公の妹役、映画『ボーイズ・オン・ザ・ラン』ヒロインなど女優として活躍中。

風吹ジュン(役:未定)

キャスト:風吹ジュン(ふぶき ジュン)……1952年5月12日 生まれ。1975年に女優デビューし多数の出演歴があるベテラン。

2018年は朝ドラ『半分、青い。』ドラマ『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐』などに出演。

ドラマ【みかづき】の原作

みかづき原作

出典:https://www.amazon.co.jp/

原作は直木賞作家・森絵都の同名小説。

同作は…

・2017年本屋大賞第2位!

・情報番組『王様のブランチ』(TBS)の「ブックアワード2016」大賞、谷原賞のW受賞!

・第12回中央公論文芸賞

と、数々の賞やランキング乗員を獲得している人気作。

本作は、親・子・孫、3世代にわたって教育に取り組んだ家族の小説。教育がテーマの小説です。

小説タイトルの意味は、作中のこんな言葉で表現されています…

「常に何かが欠けている三日月。教育も自分と同様、そのようなものであるのかもしれない。欠けている自覚があればこそ、人は満ちよう、満ちようと研鑽を積むのかもしれない」

いつの時代も教育には正解がないのかもしれない。だからこそ前を向く。

…満月に満たない、途中の月・三日月を仰ぎみて、努力を重ねる教育者たちに胸を打たれる傑作小説です。

ドラマ【みかづき】の基本情報

放送スケジュール

放送時間 : 毎週土曜・連続5回(時間未定/これまでは午後8時15分〜8時43分)

放送開始予定日 : 2019年1月スタート

放送局 : NHK総合

スタッフ

【原作】森 絵都『みかづき』(集英社)

【脚本】水橋文美江(『母になる』『ホタルノヒカリ』ほか)

【音楽】佐藤直紀(『 精霊の守り人』『カーネーション』ほか)

【演出】片岡敬司 ほか

【制作統括】陸田元一、黒沢 淳、高橋 練

主題歌

ドラマ【みかづき】の主題歌は、まだ発表されていません。

発表され次第情報を更新します。

【ドラマ『みかづき』のキャストとあらすじ】のまとめ

朝ドラにしてほしいと反響もあったほど3世代を描いた長さの原作。

これを5回でどうまとめるのかは興味深いです。

あまり原作のダイジェストのようにせず、エッセンス・テーマを深く描いて欲しいところ。

高橋一生は人気・実力とも兼ね備えた俳優。

永作博美もアイドルから女優へ見事に転身した数少ない女優で、演技の評価も高い。

W主演2人の演技には注目が集まりそうです。

記事内画像出典:NHK公式

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク