【わろてんか】123話視聴率は20.1%!リリコ四郎に引き抜きで北村ピンチ!

わろてんか123話1

葵わかな主演のNHK連続テレビ小説/愛称・朝ドラ「わろてんか」

第22週「夢を継ぐ者」通算123話が2月27日(火)に放送されました。

引き抜き話しが北村笑店を襲う!?隼也の今後は?

今回は「わろてんか」123話の視聴率・あらすじ・感想まとめ

スポンサーリンク

「わろてんか」123話の視聴率

「わろてんか」123話の視聴率は、21.0%!

前回の19%台から大幅上昇です。

「わろてんか」123話のあらすじ

リリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)が東京の事務所「新世紀芸能」からビフテキをおごってもらう。亀井が目撃し、2人が引き抜かれそうだとてん(葵わかな)と風太(濱田岳)たちに伝えた。てんたちは2人を問い詰める。

リリコ(広瀬アリス)は北村を裏切るつもりはないと否定するが、その後、四郎(松尾諭)は不穏な動きを見せ…。風太は亀井(内場勝則)に他の芸人も含めて、探偵役を任せた。するとアサリ(前野朋哉)が支度金をもらっていた。

隼也は万丈目(藤井隆)からうしろ面を教わる。先代は元芸人だから芸人たちの気持ちが分かったという。また、てんは藤吉の紋付を隼也に受け継がせる。

一方、四郎は楽士仲間と会うからとリリコを置いて早く帰った。気になったリリコは忘れ物を持って玄関へ行くと、四郎が若い女性と帰るのを目撃。翌日、リリコは誰だと問い詰めるのだが…

「わろてんか」123話の感想

引き抜き話しで右往左往な回でした。

ちなみに引き抜きは史実としてあったようです。

松竹系の映画会社「新興キネマ」演芸部(新世紀芸能のモデルか)が、吉本興業(北村笑店のモデル)から、ミスワカナ・玉松一郎(ミスリリコ アンド シローのモデル)、香島ラッキー・御園セブン、益田喜頓、坊屋三郎らを引き抜き大騒動に発展。

引き抜きをどう描き乗り越えるのかは必見。

探偵の亀さん、隼也のうしろ面も話題です。

リリコとシローはどうなってしまうのか。2人の今後に注目。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク