【わろてんか】121話のあらすじと視聴率!リリコ(広瀬アリス)四郎が恋仲に!

わろてんか121話2

【わろてんか】121話のあらすじと視聴率!

  • NHK朝ドラ「わろてんか」121話が2月24日土曜日に放送されました。
  • 隼也(成田凌)とつばき(水上京香)は別れを選択。もう一つの恋、リリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)はついに・・・。

スポンサーリンク

【わろてんか】121話の視聴率

【わろてんか】121話の視聴率は19.2%でした。

【わろてんか】121話のあらすじ

隼也(成田凌)とつばき(水上京香)は、明るく別れた。

てん(葵わかな)は隼也の気持ちを切ない気持ちでいっぱいになった。親になり母の気持ちが分かった。風太は親の心子知らずだと言う一方、隼也は分かっているとてんに伝えた。てんは自分勝手な親になると決めた。

互いに相手のことが気になるリリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)は、ついに四郎が意を決してリリコに告白しようとする。

が、うまく言えないながらも、相方以上になったらどうする?…味噌汁を作って欲しいと懸命に伝えた。ええで、恋仲になってもと、了解した。

北村笑店ではマーチン・ショウの公演が決まった。伊能もパートナーとしててんを今後も支える約束をする。

夕飯は入らないと仕事に没頭する隼也。夜、てんは嫌われた、と思い悩む。すると、霊の藤吉がまたも登場した。

てんとは駆け落ちした藤吉。難しいと苦しむも、てんは隼也を跡取りにする約束だから、と決意を伝えた。「俺のせいやないか(笑)」藤吉とてんは笑った…。

【わろてんか】121話の感想

隼也とつばきの別れの金曜日。

からの、土曜日121話では、リリコが恋仲に「ええで」

親の心、子知らず…長い放送ゆえに俯瞰して見られる親と子の思いまで描かれました。

切ない展開ですが、藤吉がてんを笑わせてくれました。幽霊出過ぎですが、出るポイントは巧いし、てんちゃんのためにもありがたい。

藤吉を演じる松坂桃李さんはクランクアップ。4月にスピンオフ放送も決定でまだまだ見逃せません。

…121話ラストカットには隼也とつばきの個別シーン。

つばきはネックレスをつけ、隼也はスクラップ(おそらくつばきが集めた資料)を眺め…次週では一波乱ありそうで楽しみです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク