【トットちゃん!】41話のあらすじと感想!泣ける…渥美清(山崎樹範)と出会いはこのアマ!

テレビ朝日系で絶賛放送中の帯ドラマ劇場「トットちゃん!」

11/27(月)に41話が放送されました。

黒柳徹子(清野菜名)と渥美清(山崎樹範)が出会いの回。

「トットちゃん!」41回の視聴者感想、あらすじネタバレまとめ。

【トットちゃん!】の全話あらすじ・感想と最終回ネタバレ! テレビ朝日系の『帯ドラマ劇場』第2弾は、黒柳徹子さんの怒涛の半生を、…
スポンサーリンク

【トットちゃん!】41回のあらすじ

テレビドラマ『お父さんの季節』に出演することになった徹子(清野菜名)は、メイク室の新人として挨拶してきた人物にビックリ。なんと、NHKの専属俳優試験で共に奮闘した音楽学校時代の同級生・井川咲子(趣里)が、徹子のメイク担当になったのだ。
さらに、徹子は浅草出身の俳優・渥美清(山崎樹範)と初めて共演することになり…!?

藤原歌劇団に行っていたと思っていた咲子にびっくりの徹子。ありがとうとお礼を言うと咲子は毅然と理由を説明した。「(プロとして)この仕事でドラマ作りに参加します」

ⓒテレビ朝日

渥美清(上記写真)は本読みから大きな声で徹子はまたもびっくり。放送後話しかけて、

徹子「マイクの方が困られてましたよ」

渥美「なんだとこのアマ!」

渥美は久松にも文句をいうと、

久松「同期の新人のなかでは1番かわいい」

久松はフォローした。

浮かない顔の徹子が歩いていると、新人アナウンサーの野際陽子が声をかけてきて、食堂でご一緒した。2人は親友となっていく。

市子が浅草の渥美を知っていた。後日、

渥美「とっととうせろ!」

徹子「わたくし、トットですのよ。……こういう綺麗な本をお読みになったらいいと思いわすわ。ごきげんよう」

徹子は口の悪い渥美に、児童文学「星の王子さま」を渡した。

徹子はある日、ロビーで女性に囲まれていた渥美を目撃。

劇作家の上原と出会う。徹子は挨拶した。

徹子は渥美から囲まれた女性たちはストリッパーだ、と聞く。いいやつなんだという。

星の王子さま冒頭の一節をかたる。「これはお嬢さんのことかい?」

板の上は神聖だから靴を脱ぐ、スタジオの上も

この日以来、「お兄ちゃん」「お嬢さん」と呼び合う仲になり、この関係は渥美清が亡くなるまで、生涯つづいた。

渥美「お金もちになったらお嬢さんに山盛りのグリーンピースを食わせてやるからよ」

徹子は渥美をシイナのカフェに呼び、お互い駆け出しのお兄ちゃんにグリーンピースを分け合うときにそういわれて、笑顔になった。

【トットちゃん!】41回の感想

渥美清と徹子さんのエピソードが描かれて、

「似てる」「いい話し」「泣ける」と好評!

はじめから仲良しではありませんでした。

「このアマ!」の口調と「ごきげんよう」ですから。

偏見のない徹子のまっすぐさ。

靴を脱ぐ純真さな渥美さん。

邪険にされながら話しかける徹子。いいエピソードでした、寅さんで国民的俳優だった渥美さんが偲ばれます。

スポンサーリンク