【トットちゃん!】第21話(10月30日)のあらすじと感想!戦争のやるせなさは青森でも…

【トットちゃん!】第21話のあらすじと感想!

  • 黒柳徹子さんの半生を描く昼帯劇場「トットちゃん!」第4週 第21話がテレビ朝日系で10月30日(月)に放送されました
  • 前回、…あらすじをネタバレ紹介!
  • 感想は……
【トットちゃん!】の全話あらすじ・感想と最終回ネタバレ!黒柳徹子を大石静が描く
ドラマ【トットちゃん!】の全話あらすじ・感想と最終回ネタバレ! 10/2スタートのテレビ朝日系の『帯ドラマ劇場』第2弾は、黒柳…
ドラマ【トットちゃん!】のキャストとあらすじ!黒柳徹子オファーで福山雅治主題歌実現!
2017年10月スタート! 帯ドラマ劇場『トットちゃん!』(毎週月~金曜:ひる12時30分~12時50分)のキャストとあらすじ! …
スポンサーリンク

【トットちゃん!】第21話のあらすじ

昭和20年3月末。青森・北戸村の佐々木家に到着した朝(松下奈緒)徹子(豊嶋花)は空襲の恐怖から解放され、久々にぐっすりと午前11時まで眠った。

伸夫(宮川一朗太)は、国の指示で今はリンゴでなく芋をつくっているという。 徹子はリンゴや牛に話しかける。徹子はおかしくなったと思われた。しかも徹子は、佐々木家が飼っている牛に名前を付けようとして伸夫の母・トメ(中村メイコ)に怒られてしまう。

朝は世話になる佐々木家の役に立とうと奮闘する。夕食に牛乳鍋(敵の言葉でシチュー)をつくったが、みんなは美味しくなかったようだ。

郵便屋は生きて帰ってきた恥さらしといわれていた。 戦争で人の心がすさんているのは田舎も同じだった。
トメから、早く出ていってもらうように伸夫はいわれる。朝はべっぴんすぎる。徹子はしゃべりすぎるのだった。

【トットちゃん!】第21話の感想

ベストツイートはこれ!(10/30 0時~24時)

戦争の影響が…

青森疎開編ですが、戦争の影が田舎でも色濃いのがつらいし、これが現実かと印象的な回でした。

戦争で負傷して帰ってきた郵便屋さん…片腕の恥さらしって。

松下奈緒さんの「ゲゲゲの女房」を思い出した視聴者もいました。

「疲れ荒んだ世間」が現実。

相変わらず、淡々と大げさでない描写が素晴らしいですが…やるせなさが残ります。

人を変えてしまう戦争の恐ろしさを痛感します。

国際情勢が不安定な2017年現在、忘れてはならない戦争の現実、市井の人々の姿です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク