スポンサーリンク

【ボイス2】3話のあらすじと考察!白塗り野郎は解剖医で班長や片桐はグル?

ボイス2-3話
https://www.ntv.co.jp/voice2/story/

【ボイス2】3話のあらすじと考察!白塗り野郎は解剖医で班長や片桐はグル?

幼児連れ去り事件の犯人は、かつて茜を襲ったあの男! ECUと樋口()は優太を救出できるのか!?

警察署内で発生した殺人事件の裏で、白塗り野郎の正体と内通者考察がヒートアップ!


ADVERTISEMENT

【ボイス2】3話の視聴率

【ボイス2】3話の視聴率は7月26日(月)にお知らせします。

【ボイス2】3話のあらすじ

【ボイス2】のあらすじです。変質者に連れ去られた優太の運命は?

2話のあらすじ

優太が危ない!

行方不明の武井優太は「最近新しい友達ができた」と言っていたという。武井茜は弟の描いたピエロの絵を見て、「ヘビ」とつぶやく。幼い頃に性犯罪の被害にあった茜は、いまだに、食事をしていても、眠っていても蛇が身体の上を這いつくばるような不快感を拭えない。

私にはわかる。アイツです。

出かける塚田(中山求一郎)が紙袋にピエロの衣装らしきものを入れていたのを確認したひかり()は、コードゼロを発信。塚田は以前犯行場所を何度も下見したと供述していることから、今回もその可能性があるとひかり。樋口は塚田の靴にセメントがついていたことを思い出す。

付近のセメント工場を捜査する樋口と透はピエロの風船や道具、自転車を発見する。

その頃、隠し部屋で少女の格好をさせられた優太が塚田に襲われそうになっていた。透の声が聞こえた塚田は優太に声を封じると、爪を切り、指から出た血をいやらしくしゃぶる。

樋口はひかりの耳を頼る。樋口は優太がおもちゃの変身ベルトをしていたことを思い出す。それは毎晩うなされる姉を助けるために買ったものだった。

樋口と透()は「変身だ」と叫びながら探し回る。その声に気付いた優太はクロロホルムを嗅がされると運んできた箱の中に入れられてしまうが朦朧とした意識の中でベルトを鳴らす。

「悪い者は成敗する」

その音を頼りにひかりが位置を突き止め、樋口が優太を確認。塚田を追い詰めた透は、純名を殺してしまったときの感覚がよみがえり、逃がしてしまうが、樋口が追跡。樋口は塚田を確保。

「俺が何したっていうんだ」とわめく塚田を殴りたくなる刑事たち。樋口は「俺が連れて行く」と彼らを先に行かせる。塚田は樋口に、おかげで未遂で終わったからすぐに出られる、優太に「また遊ぼう」と言っといてという。樋口は、塚田に蹴りを入れて非常階段を転げ落とすと、幼児連れ去り、建造物侵入、器物破損…公務執行妨害と罪状を挙げ列ねる。簡単に出てこれると思うなよ。

内通者がいる!

塚田(中山求一郎)は逃げる途中で「はなまる」の箱を隠していた。塚田は白塗り野郎と繋がっていた! 自宅でガソリンスタンドの領収書を見つけた樋口と透が監視カメラ映像をチェックすると、塚田の助手席には大樹、後ろには白塗り野郎らしき人物が乗っていた。

大樹の誘拐に手を貸していた塚田を許せない樋口は、塚田のいる取調室へ。殴りかかるかと思いきや、ガソリンスタンドの映像を公開して釈放するという。釈放すれば、白塗り野郎は塚田が裏切ったと思い、塚田はずっと奴の影に怯えて生きていくことになる。樋口の説得で塚田は樋口にすべてを話すことにするが、聴取直前に重藤(藤本隆宏)が塚田の聴取は捜査一課でやると塚田を連れて行こうとする。

樋口にしか話さない、話が違うと興奮し出す塚田を取調室に戻し、樋口やひかりが重藤と話している間に、窓から侵入した白塗り野郎は「選択を間違ったな」と言い、塚田に薬を注射して殺すと焼印を押す。

ひかりがその物音に気付いて部屋に戻ろうとするが、なぜか部屋には鍵がかかっている。

白塗り野郎はドア越しに樋口に言う。「息子と野球はできたのか?」

片桐刑事が鍵を取りに行っている間に白塗り野郎は窓から逃亡する。しかし、署内のどの監視カメラにもその姿は映っていない。奴は署内のカメラの位置まで把握しているし、瞬時に塚田を殺すためには樋口たちの行動を知っているとしか思えない。

内通者がいる…。

樋口は徹とひかりに内通者の存在を示唆した。

ひかりは塚田の死体検案書を取りに行く。男性解剖医が所見を渡す。

ECUの知里がDV彼氏に襲われる!?

透(増田貴久)は、かぐや薬局の薬剤師(宍戸美和公)から処方箋なしで薬を買っていた。「もう処方箋なしは無理だから病院にいきなさい」と言われるが、世話になってる兄貴を助けたい、現場を離れられないと頼み込む。

翌朝、夜勤明けに帰る小松知里(藤間爽子)をイケメンの男(大野瑞生)が真っ赤な高級車で迎えに来ていた。「脈なし」とがっかりする緒方(田村健太郎)。知里と男の会話が耳に入ってきたひかりは気にかかるが、電話だと呼ばれてその場を離れる。

弁護士事務所を訪ねる知里。追いかけてきた前園はビルのエレベーターホールでいきなり土下座する。逃げるようにエレベーターに乗り込む知里。弁護士事務所のドアの前に来たところで前園に捕まってしまい、非常階段で殴られる。

知里がひかりに電話するが、気づかれてしまう。自分は知里の婚約者で、知里は体調が悪いと言い訳する前園。電話を代われと言われて仕方なく知里に話させる。病院にいるという知里は「コンディションゼロ」という暗号で危機を知らせる。

ひかりは2人の声から精神状態を察して状況を把握。知里を追う前園の姿を監視カメラが捉えていたため、知里の危機を確信しコードゼロを発令する。

【ボイス2】3話の感想

【ボイス2】3話の感想をまとめました。

変態ピエロが気持ち悪い、子供たちがかわいそうな事件でした。でも優太くんは危ない目にはあったけど、お姉ちゃんのために悪者をやっつけられてよかった。

透のPTSDはまさかフラグ?

白塗り野郎と内通者がだんだん正体を見せて来ましたね。

【ボイス2】3話の考察とまとめ

今回は、韓国版の原作ドラマのいくつかの話をアレンジした構成となっていました。

原作では、ピエロの犯人は黒幕とは無関係でしたが、今回は白塗り野郎に操られている。

取調室で殺されたのは別の事件の犯人でしたが、その事件は日本版では描かれていません。

また原作で闇落ちしていくのは、樋口の元となる主人公で、透に当たる刑事は【ボイス2】には登場していません。

重藤捜査一課長の弟は殺されますが、班長とは違う設定。ひかりに当たる室長に彼氏は登場しません。かなりオリジナルの展開で進んでいるので、結末もオリジナルのはず。

そこで今回の白塗り野郎。みなさんの感想にも多く上がっていましたが、安藤政信=解剖医で決定ですね。

解剖医なら、班長の焼死体の所見をどうにでもできるし、班長が生きているということも考えられます。その場合は、班長と白塗り野郎はグル。

また何やら怪しい神奈川県警本部長・小野田の電話を盗み聞きしていた男の後ろ姿が、片桐刑事にそっくり。白塗り野郎の手先とも考えられるし、重藤捜査一課長から何か探れと命じられているとも考えられますね。

次週はいよいよ安藤政信が顔を出すかも!?

【ボイス2】4話は7月31日よる10時から放送です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました