【ドクターホワイト】4話のネタバレと視聴率!佐久間(高橋文哉)の涙に反響

ドクターホワイト4話

【ドクターホワイト】4話のネタバレと視聴率

主演のドラマ【ドクターホワイト】第4話が2月7日に放送されました。

放送後、研修医・佐久間()が流した涙に視聴者から反響が寄せられて…。

今回は【ドクターホワイト】4話のあらすじネタバレ・視聴率について!


ADVERTISEMENT

【ドクターホワイト】4話のあらすじネタバレ

【ドクターホワイト】4話のあらすじネタバレを紹介します。

CDTの評価が高まる

麻里亜()率いる「CDT」(総合診断協議チーム)は、ジャーナリストの将貴()が書いた記事も手伝って、徐々に院内での評価が高まる。

しかし、真壁()率いる外科チームの信頼は得られていない。

院長の座を狙う真壁は、レストランで実業家の海江田国男()と誤ってぶつかって飲み物をかけられ、名刺交換する。真壁は運命の女神と出会ったと思う。

佐久間(高橋文哉)の恩師

そんな中、仙道()に目をかけられ外科へ配属になった研修医の佐久間()は、高校時代の恩師・鳥羽泰三(橋爪淳)と再会。

鳥羽は合唱部の顧問として大会を控えている。肝臓血管腫と診断され、真壁の執刀で腫瘍の摘出手術を受けることになっていた。

鳥羽の腫瘍を良性だと診断した真壁に対し、白夜()は検査不十分を理由に「誤診です」と指摘する。

ドクターホワイト4話
(C)カンテレ

麻里亜も検査をして診断を考え直すべきだと助言するが、真壁は聞く耳を持たない。

鳥羽の手術は予定どおり行われ、悪性の腫瘍だったが、切って取り除けた。

謎の人物を探せ

一方、失踪中の勇気(毎熊克哉)から、白夜を詮索すれば自身の命にも危険が及ぶと忠告された将貴だったが、それでも、淳平(宮田俊哉)の力を借りて白夜を連れ去ろうとした人物の正体を探っていた。

先日、田辺を名乗る女性と刑事が病院に来たが、同じ車に乗って帰る画像を入手。その運転手を調べて、部屋にたどりつくともぬけの殻だった。

この件から手を引け 狩岡将貴」と置手紙があった。そのころ、狩岡家にも近所に越してきた田辺という女性が来たと、晴汝がいう。

明らかに、何者かの魔の手が忍び寄っている。将貴は勇気がSNSをみてくれているだろうと思って、罠をしかけて会おうと計画。

SNSの投稿「この前公園で拾ったもの持て余すんで、また捨てて来ようかと思う。欲しい人 連絡ください」

分かる人には分かる秘密のメッセージだ。

恩師を救いたい

白夜は、鳥羽に合唱を習う。そんな中、鳥羽が頭をよくかくので、頭皮の検査をした。真壁は留守中のため、CDTの責任で検査した。

戻って来た真壁は怒った。

検査結果は頭皮の腫瘍が原発となり、それが肺と肝臓に転移したものとみられる。相当、進行していた。

多発性転移のため、真壁はオペを断念。

ドクターホワイト4話
(C)カンテレ

真壁は鳥羽に説明する。放射線治療と抗がん剤による治療を最大限に行なったとして3カ月後の生存率は50%。半年後だと5%。積極的に治療をせず緩和ケアをする選択肢もある。この場合の余命は1カ月程度だ。

鳥羽はショックを受ける。

それでも、佐久間は恩師を救いたいと寝ずに、何か方法を探る。

佐久間は、高校のとき医者になりたかったが学力が足りないし貧乏だからと諦めかけていた。そんなとき、鳥羽に背中を押された。奨学金制度も教えてもらった。先生がいなければ医師になれなかった。

・・・佐久間が鳥羽と話すと「できるなら生きたいよ。長く生きたい。でもなただ生きたいわけじゃないんだよ。俺は俺らしく生きたい。」と本音を吐露してくれた。

真壁は佐久間がしていることを非難する。患者が緩和ケアを選択し、気持ちの整理をしようとしてる患者の心を乱している、患者の意思を否定している、と。

佐久間は「俺は命を救う医者になりたいんです。」と告げた。

ドクターホワイト4話
(C)カンテレ

白夜も「鳥羽さんは緩和ケアを選びましたが、生きられるものなら生きたいと佐久間先生に言いました。」と言って、意思を否定していないと反論。

麻里亜も「患者の本心は担当医だろうと簡単にはわかるものではありません。心はメスで開いてものぞけませんから。」と言った。

治療法が見つかったが…

佐久間は、カナダで新しい抗がん剤の情報があることを知る。腫瘍が縮小すれば残った腫瘍を外科的に切除することは不可能じゃない。

治験を行なった際の患者の症状が今の鳥羽と酷似していた。日本で認められないならば、現地へ行って受ける手もある。

金はどうするのかと、DCTメンバーに言われても佐久間は「後から必死で考えればいい。今は命を救うことを一番に考えるべきです。」と引かない。

白夜は、鳥羽を分かっている佐久間の意見に従うべきという。

患者に伝えて本人に決めてもらうことに、DCTメンバーが賛成した。

しかし遅かった。鳥羽は亡くなった。

「挨拶もなしに…らしくないじゃないですか。ほんとはもっと生きたかったんでしょ?鳥羽先生!」と佐久間は泣いた。

結末

佐久間は、高校の合唱コンクールで「翼をください」を聞いていた。

鳥羽合唱指導ノートを持参していた。白夜から渡された、そのノートの最後には「佐久間先生 ありがとう」と書かれていた。それをみた佐久間は泣いた…。

佐久間は歌い終わった後輩たちに拍手する。

そのころ白夜は、鳥羽がいた病室で、今は誰もいないベッドに向かい、「翼をください」を歌う。

そこへ将貴と、高森巌もやってきた。

悲しい気持ちというのを実感し、重い物が体の中に沈んでいる白夜。

「病気でしょうか」という白夜に「正常だ」と巌。

巌も患者の死は慣れない。しかし、死とは向き合わないといけない。

巌:「それを乗り越えるにはやれる限りの手を尽くした、そう思えるまでやり抜くことそれしかない。

巌の言葉を白夜は受け止める。

白夜は、DTメンバーから心配されてフルーツをたくさんもらった。

そして白夜は「私も佐久間先生のような 諦めない命を救うスタッフになります。」と告げた。

将貴のSNSに名無しさんから「一度、話を聞かせてください」と書き込みがあった。作戦成功!勇気が会いたがっている!

しかし勇気が来られなくなった。横領で指名手配犯になったのだ。

白夜は病棟で、勇気が指名手配犯になったニュースを見つめる。

(つづく)

【ドクターホワイト】4話の視聴率

『ドクターホワイト』4話の視聴率は7.5%

初回11.4%、第2話10.1%、第3話10.4%と推移。今回は初の一桁になりました。

裏番組では、日本テレビ「北京オリンピック」(午後8・45~11・24)が、スキージャンプ「混合団体」を生中継し、視聴率14.7%をマークしています。

視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム・世帯。

【ドクターホワイト】4話の感想

佐久間(高橋文哉)の涙に反響

佐久間()の涙に多くの反響が上がっています。

ノートで「ありがとう」と感謝を残されていたなんて、佐久間じゃなくても泣いちゃいますよね。

模索したのは無駄ではなかったのかもしれない、って。

泣きのシーンが話題ではありますが、「命を救う医者になりたい」と啖呵を切るシーンも、諦めない姿もかっこよかったですよ。

・・・避けられない死。

白夜は医療には限界があって死は当然のことと思っていましたが、佐久間のように諦めないで命を救いたいと決心しました。

白夜の少しずつですが、成長してる姿も本作の見どころですね。

そしてラスト。不穏すぎる。次回も楽しみです♪

第3話<< >>第5話


当記事画像出典:「ドクターホワイト」HP

コメント