【SUITS/スーツ】2話の視聴率とネタバレ!テンポの遅さに不満多数!

SUITS2

月9ドラマ【SUITS/スーツ】2話が10/15(月)に放送されました。

エリート敏腕弁護士と司法予備試験を高2でパスした天才フリーターが法廷に挑むリーガルドラマ。

バディとなった2人は、初の訴訟にどう挑んでいくのでしょうか?

今回は、月9ドラマ【SUITS/スーツ】2話の視聴率とネタバレ、感想をご紹介。

見逃してしまった人は、FODプレミアムにて視聴できます。

スポンサーリンク

【SUITS/スーツ】2話の視聴率

SUITS2話

【SUITS/スーツ】2話の視聴率は11.1%。

前回より3.1%の大幅ダウンとなりましたが、予想通りといったところでしょうか?

月9ドラマ出演が10年ぶりとなる織田裕二さん主演の【SUITS/スーツ】。 全米で大ヒットした海外ドラマをリメイクし、敏腕弁護…

【SUITS/スーツ】2話のネタバレ

甲斐正午(織田裕二)は、クライアントである『いろは銀行』の佐橋哲平(米村亮太朗)から内部告発を受ける。部長の谷川好昭(長谷川公彦)が預金を不正流用し水商売の女性に貢いでいるというのだ。

同じころ、鈴木大輔(中島裕翔)は、甲斐に命じられ、プロボノ=無料法律相談会の仕事に取り組んでいた。そこで大輔は、勤めていた病院の院長から愛人にならないかと誘われたが、それを断ったせいで解雇されたという看護師・河瀬今日子(関めぐみ)の相談を受ける。今日子に同情した大輔は、法廷で闘うべきだと彼女に告げると、甲斐にもその旨を伝えた。甲斐は、クライアントに同情するなと言って一度は反対した。だが、相手が東都医科大学病院院長の海部政継(中村育二)だと知ると、すぐに先方に連絡するよう命じる。海部は日本医師協会の次期会長候補。スキャンダルを嫌って示談に応じるはず、という甲斐の読みだった。

海部の代理人弁護士・館林憲次(小須田康人)は、甲斐の予想通り、大輔が提示した金額での示談に応じる。交渉成功を喜ぶ大輔。だが、甲斐の秘書・玉井伽耶子(中村アン)は、物事が上手くいきすぎているときは必ず不吉なことが起こる、と大輔に告げる。
その予言通り、大輔は、アソシエイトを監督する立場でもある蟹江貢(小手伸也)から、仕事に関しては逐一報告書を提出するよう命じられる。さらに、海部のセクハラ疑惑を報じるネットニュースが流れてしまい……。

海部側は河瀬今日子を訴えると言い出し、慌てる大輔。

その頃、甲斐は佐橋から谷川が女性に貢いでいるという証拠を受け取っていた。

パラリーガルの真琴(新木優子)からセクハラについて聞いていた大輔は、過去にも同じように不当解雇になっていた女性を見つけ出す。

順調かと思われたが、再び窮地に追い込まれた大輔。

甲斐の陰ながらの協力もあり、示談金を得ることに成功した。

【SUITS/スーツ】2話の感想まとめ

「面白い!」という声の裏では、テンポの遅さについての感想が多く見受けられたように思いました。

原作を見ている方ももちろん、もう少しストーリーがちゃっちゃと進む展開を望んでいる方が多数いらっしゃるということですね!

しかし、所々笑えるポイントも突いているように私は感じているので、これは「日本版」と割り切って見るのもアリなのではないでしょうか?

記事内の画像出典:SUITS/スーツ 公式HP

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク