【わろてんか】136話視聴率は21.5%!高橋一生と結婚したい視聴者続出!?

わろてんか136話1

【わろてんか】136話のあらすじと視聴率!

  • 葵わかな主演の朝ドラ、NHK連続テレビ小説「わろてんか」第24週「見果てぬ夢」第136回が、3/14(水曜日)に放送されました。
  • 伊能(高橋一生)は北村笑店入りを決意。検閲の目をかいくぐって恋愛映画を作ろうと盛り上がるが・・・
スポンサーリンク

【わろてんか】136話の視聴率

【わろてんか】136話の視聴率は21.5%!

関連記事:わろてんかの視聴率一覧

【わろてんか】136話のあらすじ

社長を辞任した伊能(高橋一生)は、てん(葵わかな)と風太(濱田岳)に誘われ北村笑店入りを決意する。

映画部の顧問に伊能、部長には風太専務がついた。

早速開かれた企画会議では、てんや楓(岡本玲)の意見が通って恋愛喜劇映画を作ることに決定。

10月から映画法が制定され台本から検閲される。映画の検閲を出し抜く作品をどう作るか頭を悩ませる。

伊能はしばらく風太の家にいることに。てんも交え、夕食の団らんの最中、忠義とは危険だと語る伊能。そこで、てんは気づく

翌日、てんは忠義や孝行の話しと思わせた恋愛映画を作ることを提案。お笑い忠臣蔵だ。

風太は心配するが、伊能はかけてみたいと語る。

てんは、自分を批判する記事に目が止めた。そして、通天閣を買おうと風太が持ちかけて…。

【わろてんか】136話の感想

伊能さんに結婚を申し込む飛鳥ちゃん。風太は全否定。トキは伊能ささんが良ければとまんざらでもなさそう!?

視聴者も結婚したいとざわざわ。

ケチャップ、手で塗ってましたね。ヘラみたいの持ったのに!さりげなさに萌えました。

家族の団らんにほっこり。伊能さんはいつも寂しい食事だったのでしょう。「カルテット」や「anone」の擬似家族のような温かさがありました。

さて、忠臣蔵に恋愛と笑いを込める作戦は、どうなるのか?男女でキュンキュンのポイントが違うようなのでいけるのか?注目です。

関連記事:【わろてんか】全話あらすじと最終回ネタバレ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク