【わろてんか】93回視聴率は20.1%!嘘を愛するてん、藤吉(松坂桃李)の嘘は優しさ?

2018年1月23日

葵わかな主演のNHK連続テレビ小説・朝ドラ「わろてんか」第93回が1月23日火曜日に放送されました。

藤吉の死亡フラグに視聴者はざわざわ。月曜から大台20%を記録する人気ドラマの火曜の視聴率は?

今回は朝ドラ【わろてんか】93回の視聴率とあらすじ、感想まとめ。

スポンサーリンク

【わろてんか】93回の視聴率

【わろてんか】93回の視聴率は20.1%!

2日連続20%台の高視聴率となりました。

【わろてんか】93回のあらすじ

子育てが一段落したてん(葵わかな)は興行主の仕事を藤吉(松坂桃李)から直接教わることに。

風太(濱田岳)はキース(大野拓朗)とアサリ(前野朋哉)にしゃべくりだけの万歳をさせるが、「早くどつけ」「踊れ」と不評だった。

新聞連載がスタートした万丈目(藤井隆)の小ばなしは評判も上々。風太は、その小ばなしの大衆性にヒントを得て、庶民の生活の中から新しいネタを探そうと考える。キース(大野拓朗)とアサリ(前野朋哉)に銭湯通いを始めさせた。


伊能栞(高橋一生)がアメリカのショーの案内書を持って来た。そしてトーキー映画を始めたいと語る。弁士の職業が奪われるため反対もあり弱気になっていた。

「やりたいことやろうと思ったら進むしかいない、時代の先駆者は立ち止まったらあかん」と伊能の背中を押した。

未来だけを見つめる藤吉だった。

【わろてんか】93回の感想

【わろてんか】93回のまとめ

藤吉の状態に気づいた(かもしれない)のは伊能栞。対照的に希望にふくらむ、おてんちゃん。

という構図が読み取れますが…。

それは、藤吉の「優しさ」

てんにしたら、ちゃんと病状伝えてほしいでしょうが・・・

てんの幼少期を思い出します。…手紙で嘘をついても、それは未来にはそうなる予定だ、と理屈をつけて、てんを楽しませた藤吉。

ここでも元気なふりを最期まで続けそうで、見ていて切ないです。

無鉄砲な、即行動の藤吉は伊能を勇気づけました。

ダメダメの藤吉の株があがってきているここ最近の「わろてんか」です。

松坂桃李さん演じる藤吉の勇姿。さいごまで見逃せません。

Posted by Jima