【わろてんか】86回のあらすじと視聴率!ネットで悲鳴!ヤフーニュースは見てはいけない!?

【わろてんか】第16週「笑いの新時代」第86回が1月15日(月)に放送されました。

関東大震災を経て、東京にも進出した北村笑店。

てん(葵わかな)や藤吉(松坂桃李)の日本中に笑いを広める夢は続きます。

今回は【わろてんか】86回の視聴率、あらすじと感想まとめ

【わろてんか】全話あらすじ・感想と最終回ネタバレ! 葵わかなさん主演のNHK連続テレビ小説、愛称:朝ドラ【わろてんか】 …
スポンサーリンク

【わろてんか】86回の視聴率

【わろてんか】86の視聴率は20.4%!

高視聴率をキープです。

これまでの視聴率の一覧はこちら。

「わろてんか」視聴率一覧、単日と週間の平均視聴率ランキング! NHK連続テレビ小説「わろてんか」は、葵わかなさんがヒロインで、…

【わろてんか】86回のあらすじ

昭和4年(1929年)、ラジオ体操がブーム。

てん(葵わかな)や藤吉(松坂桃李)も毎朝ラジオ体操をするようになっていた。

寄席では万歳人気が高まり、風太(濱田岳)は落語よりも万歳を売り出そうとして、藤吉と対立する。てんも落語を大切に扱いたいと藤吉を指示。やり直しを命じられた風太だった。


隼也(大八木凱斗)はテストを白紙で出した。北村笑店を継ぐから意味がないという。親の藤吉も旅芸人をしていたので隼也の反発が止まらない。会社を継ぐのも拒否して家を出ていく…

隼也はてんの妹・りん(堀田真由)のところにいた。りんは隼也の気持ちが分かるという。家業を継ぐことになって、自分が置いてけぼりになった気がして、一人になりたいこともあった


進展しない風太とおトキ(徳永えり)。夫婦のようなやり取りを目撃してじれったくなったキース(大野拓朗)は、風太に西洋風のプロポーズを指南。

風太はトキにドーナツを渡したあと、膝をついて花を渡すポーズをする。しかし一世一代の告白は英語(「Marry Me」)のためか伝わらず、失敗してしまう。


その頃、藤吉は脳卒中で倒れて病院へ。意識が戻っても麻痺が残るかもしれないと言われたてんは、藤吉の手足をさする…。

【わろてんか】86回の感想

見どころ・反響が多いのは…

①隼也の反抗期

②風太、おトキに「メリーミー」

③ヤフーニュースに批判!?

【わろてんか】86回の感想①隼也の反抗期

「べっぴんさん」で見たような子供の反抗期。

引っ張りすぎないでとの声も多いです。

前回は主役交代かとおもうほど、さくらが目立ちました。

りんちゃんはきっちり帰宅させそうな厳しさがあります。なので長引かないかもしれませんね。

どう許してあげることができるのか…和解の仕方には注目。

【わろてんか】86回の感想②風太、おトキに「メリーミー」

視聴者をやきもきさせる風太とおトキ。

今後も見守りたいですが…

え?

あのヤフーニュースにネタバレが・・・

【わろてんか】86回の感想③ヤフーニュースに批判!?

ネタバレを独占したのはスポニチ紙。

いったいどういう経路なのかは不明。

ヤフーさんは選別せずに掲載してるだけでしょうが「え?」「やめて」の読者コメントもありました。

騒ぐことではないのでしょうが、残念。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク