【わろてんか】84回のあらすじと視聴率!てん・葵わかなは2度ベルを鳴らす。伏線回収で話題

2018年1月12日

葵わかな主演、NHK朝ドラ【わろてんか】第15週・第84回が1月12日金曜に放送されました。

伊能栞(高橋一生)を伊能家にお金で売った実の母親・志乃(銀粉蝶)の行く末はいかに!

今回は【わろてんか】84回の視聴率、あらすじ、感想まとめ

スポンサーリンク

【わろてんか】84回の視聴率

【わろてんか】84回の視聴率は21.1%!

二話ぶりの大台回復となりました。

これまでの視聴率一覧はこちら。

【わろてんか】84回のあらすじ

「たった一人のお母さんやないか」てん(葵わかな)は志乃(銀粉蝶)が記憶を取り戻したことを伊能(高橋一生)に伝えて、きちんと親子として話すべきだと説得する。

しかし、伊能は二度と会う気はないと拒絶。

「冷たいと思われるが」と前置きし、もう他人だという伊能。

「お前がいると邪魔なんだ」

と売られた。

「どんな事情があるにせよ、認めたくないんだ!!!」

伊能は大きな声で取り乱した。


東京で芸人たちの安否確認をしていた風太(濱田岳)から久しぶりに電話があった。

「笑いが一番のごちそうや」

東京の芸人は笑いながら元気になっていた。

てんは東京の芸人を大阪の寄席に呼ぼうと風太に交渉を任せる。

売り上げは義援金にしてお客さんも遠慮なく笑ってもらおう。

やっと風太と電話で話したおトキ(徳永えり)は

「連絡もせんと、このアホ!!」

と叱ったあと、びっくりするくらい饅頭を用意して待ってると伝えた。


てんと藤吉(松坂桃李)はキースに、伊能と志乃を笑わせてあげてくれ、と頼んだ。

…キースはアサリともう一度コンビを組んで稽古に励む。


てんは伊能にへその緒を見せて、「言いたいことあるなら今言わなあきまへん。」

と、志乃とのお別れの食事会に必ず来て、と誘った。


「たしかに私の子、栞だよ」

と志乃はてんに話し、認めた。栞も分かっていたようだが、「恨み骨髄、覚えていて当たり前か」と嘆く。

同じ母親として、てんは志乃が子どもを売るわけがない、と信じていた。

「私みたいな芸者ともう二度と会うなって言われたんだ」

志乃は、会わないで東京に行かせてほしい、とてんに頭を下げたが…。

【わろてんか】84回の感想

てんが伊能栞と志乃を説得するも苦戦。

なかなかのリアル。

親に勘当されて駆け落ちしたてん。

死に目に会うこともなかったし、病床でてんに会うことを父親があえて拒んだというエピソードがかぶってきます。

このまま東京に帰ってしまったら、きっと…

もう二度と会えない…

そう感じているてんの必死さが伝わります。

84話冒頭でてんは伊能さん宅に伺い、後半でまた「へその緒」を持って同じようなお願いシーン。

15分でデジャヴか!と突っ込みたくなりますが…(笑)

どうしてもの気持ちは伝わります。妹が再登場した意味は栞と志乃の伏線とまではいかないまでも、母であるてんも娘であると思い出させたエピソード。

お母さんが元気か?と安否を気遣うシーン。

後悔して泣きじゃくった風太の儀兵衛さん死去の報告シーンが今、ここに生かされていますね。

そして「笑いは薬」という千葉雄大くんが演じた兄の言葉もここで伏線回収。

週末の土曜日に芸人のクライマックスを持ってくるパターンの「わろてんか」ですが、今度はキースとアサリが本領発揮の土曜日になりそうで、期待です。

Posted by Jima