【わろてんか】70回視聴率は20.2%!トキ(徳永えり)の涙ビンタに視聴者見入る。

2017年12月22日

葵わかな主演、NHK連続テレビ小説・朝ドラ「わろてんか」第12週「お笑い大阪 春の陣」第70回が12月21日木曜日に放送されました。

てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は自分たちで芸人を抱えようと、まず芸人・お茶子・下足番の収入を保証するため月給制に…。気に食わない寺ギン(兵動大樹)は北村笑店を潰そうと対抗心を燃やし…。ついに寺ギン対決編も後半戦、クライマックスに!

今回は【わろてんか】70回のあらすじと視聴率、感想まとめ。

スポンサーリンク

【わろてんか】70回の視聴率

【わろてんか】70回の視聴率は20.2%!

好調キープ。4回連続の20%大台となりました。

【わろてんか】70回のあらすじ

北村笑店が給金を当時珍しい月給制にすることに決めた。売り上げも団吾師匠のおかげで落ちない。ほかの芸人たちのあいだでも話しを聞きたいと噂になっていた。

そんな中、リリコ(広瀬アリス)の元にやってきた伊能(高橋一生)は、契約書をたてに女優を続けるように出演交渉する。伊能の強引な要請にリリコは水をあびせた。

「水もしたたるいい男」状態の伊能は藤吉(松坂桃李)の着物を借りて、「きみが必要だ」とまだ交渉する。藤吉も賛同してリリコを褒めると…、リリコの表情が変わった。「うらやましいわ」と、てん(葵わかな)もとりなし、何とか続けることで問題が収まった。

ある日、寺ギン(兵動大樹)傘下の芸人たちが北村笑店に入りたいと詰めかけた。てんたちは戸惑うなか、風太がやってきて追い返した。あまりに風太が怖い顔だったので、てんは風太に寺ギンを裏切る気はないと笑顔で伝える。

数日後、寺ギンは他の太夫元にも手をまわし、一切の芸人が風鳥亭に来ない緊急事態に!藤吉は、松島風鳥亭以外の2つは休演を決定した。

風太は「うちの実入りも減ります。引き抜かない約束を取り付けたら」と提案するが、寺ギンは風鳥亭が音をあげるまで兵糧攻めにする、と怒りが収まらなかった。

トキ(徳永えり)は風太をビンタした。二度、三度…。涙ながらに…。

【わろてんか】70回の感想

今回の印象的だった箇所は…

・トキの風太へのビンタ連発、涙がお。

・リリコの水かけ、からの栞様(高橋一生)のくしゃっとした髪、胸元あけるだらりとゆるくした着物姿。

寺ギンがあまりに分かりやすい悪役なので、面白いのですが、深みはありません。団吾師匠がまったく姿を見せないのも残念。(団真さんのその後もいつか知りたいです。)

トキに叱られた風太の行動も気になります。負けるなてん、藤吉、風太。

芸能界はこうなのかと有働アナも気になっていたようですが、暗黙のルールや派閥みたいなのはありますよね。きっと。それを打ち破ろうとするてんたちの今後の活躍に注目です。

Posted by Jima