【わろてんか】67回視聴率は20.6%!寺ギン・兵動大樹の悪役は風太・濱田岳転身の伏線?

葵わかな主演、NHK連続テレビ小説・朝ドラ「わろてんか」第12週「お笑い大阪 春の陣」第67回が12月18日月曜日に放送されました。

団吾(波岡一喜)を迎えた風鳥亭は大人気。

今週の問題はアサリ(前野朋哉)の週!? 逃亡癖の次はいったい何を…

今回は【わろてんか】67回のあらすじと視聴率、感想まとめ。

【わろてんか】全話あらすじ・感想と最終回ネタバレ! 葵わかなさん主演のNHK連続テレビ小説、愛称:朝ドラ【わろてんか】 …
スポンサーリンク

【わろてんか】67回の視聴率

【わろてんか】67回の視聴率は20.6%!

3回ぶりの大台回復となりました。

「わろてんか」視聴率一覧、単日と週間の平均視聴率ランキング! NHK連続テレビ小説「わろてんか」は、葵わかなさんがヒロインで、…

【わろてんか】67回のあらすじ

藤吉(松坂桃李)は団吾(波岡一喜)を念願の専属芸人に迎え、寄席は連日大入り満員。てん(葵わかな)も忙しさにうれしい悲鳴を上げていた。ある日、寺ギン(兵動大樹)が差配する芸人が怪我(けが)をして、その妻・富(宮嶋麻衣)が藤吉に借金を頼み込む。だが、寺ギンの芸人に金を貸すのは筋違いになると藤吉は断った。伊能(高橋一生)は大阪郊外で宅地開発を進め、映画館を中心にした娯楽施設を作る構想をぶち上げる。

あらすじを補足すると…

風太は富に会いにくと「(お金は)待ってください」と泣きつかれた。自分の立場に疑問を感じ始める風太。

「芸人を大事にしてくれる」風鳥亭と聞いてきた富。

藤吉は寺ギンとの筋をとおし断ったが、…てんは追いかけて、貸すのでなくお金をあげた。「ごりょんさん、おおきに」と富は心から感謝していた。

伊能の構想は大胆だが、「笑いは人に、前を進む力を与える」と確信をこめて藤吉たちに語った。

そこへ「泥棒や泥棒!」の声が!

キースが捕まえた泥棒とは、アサリだった!?

【わろてんか】67回の感想

寺ギンが急に悪役な面が……。

これはフラグか!?と話題です。風太はてんの弟分の幼馴染みですが。吉本せいさんの実弟である林 正之助(はやししょうのすけ)さんがモデルといわれています。

林正之介さんが吉本興業の社長を務めたように、寺ギンに疑問を感じた風太が伏線となり、今後、北村笑店の経営に関わり(入部)そうです。

史実だと1917年、本拠を大阪市南区東清水町に移転。この頃から「吉本興行部」を正式に名乗り、林正之助(19歳)が入部するようです。

ところで「わろてんか」は今はいつなのでしょうか…前後編のような第10・11週のころは、大正5年・1916年秋と言っていました。史実と合いそうで、風太、寺ギンの今後には注目ですね。

ちなみに1920年に寺ギンのモデル岡田政太郎も急死しています。

栞さまのほっぺをむぎゅーとしたリリコ。うらやましいと話題!

リリコも風鳥亭にくる伏線でしょうか。北村 有起哉さん、中村ゆりさんに見せられ10・11週と比較すると物足りないところはありますが、アサリが泥棒!?今後も障害はまっていそうです…。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク