【わろてんか】65回のあらすじと視聴率!視聴者の期待高まる、あすは団真・北村有起哉の落語!

2017年12月15日

NHK連続テレビ小説・朝ドラ「わろてんか」第11週「われても末に」第65回が12月15日金曜日に放送されました。

お夕・団真(中村ゆり・北村有起哉)夫婦はひとつになれるのか。…男女の恋を描く『崇徳院』編、絶賛放送中!

今回は【わろてんか】65回のあらすじと視聴率、感想まとめ。

スポンサーリンク

【わろてんか】65回の視聴率

【わろてんか】65回の視聴率は19.8%!

月曜から4回連続大台20%超え中でしたが、金曜日は19%台となりました。

【わろてんか】65回のあらすじ

てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は、姿を消した団真(北村有起哉)を必死に探す。そのことを知ったお夕(中村ゆり)は団吾(波岡一喜)の制止を振り払い風鳥亭に駆けつける。夜半、亀井(内場勝則)が川をぼーっと眺めていた団真を連れ戻って来るが、お夕は当てつけがましく失踪なんかするより、ちゃんと落語の稽古をしろと団真を責めたてた。二人の仲を取り持ちたいてんは、藤吉(松坂桃李)にあるお願いをする。

「ぜんぶうちのせいや…」

お夕は団真が見つかる前は、てんたちに謝るばかり。一緒に逃げてと駆け落ちしたのは自分だったから。しかし見つかると、団真は死ぬ気はなかった、当てつけだと叱りつけてしまう。てんは、フォローして「自分の落語の才能を信じてないから」怒ってると説明するが…

「ザクザクさわるねん!」団真はホンマの天才を前にして落胆していた。団真は去り、お夕は「生きてた」喜びをかみしめる。

ストは中止になり藤吉も受け入れ、てんたちは笑いあった。

夜、団真のもとへ行った藤吉は『崇徳院』の稽古が聞こえたので去った。

てんはお夕を心配し、風鳥亭で団真を高座にあげて欲しいと頼む。藤吉は、昼のはじめならと許した。団吾もあがることを交換条件に。

てんは、さっそく団吾に依頼。夢の共演、しかもお夕のための崇徳院をすると話すと、団吾は乗り気になる。そして当日――

【わろてんか】65回の感想

今回も好評の声が比較的多かったです。

ただ、団真は死ぬ気があるようには思えなかったので、そこまで緊迫感はありませんが、お夕さんのツンデレぶりが良かったですね。

それと、団吾はどうして乗り気になったのかは疑問。団真が出るならダメと藤吉に言っていたような。女性に弱いから騙されそうになったという言葉どおり?好意的に解釈すると、本当は一緒に出たかったのに意地を張っていたということか。

いよいよ団真の『崇徳院』!なるべくフルでみせてほしいですね。楽しみです。

Posted by Jima