【わろてんか】64回視聴率は自己3位21.7%!笑いは生け花、団吾・波岡一喜の覚悟と矛盾

NHK連続テレビ小説・朝ドラ「わろてんか」第11週「われても末に」第64回が12月14日木曜日に放送されました。

てんと藤吉(葵わかな・松坂桃李)夫婦は、風太(濱田岳)とトキ(徳永えり)の計らいで仲直り。隼也と家族3人で笑ってカレーを食べました。

一方、お夕・団真(中村ゆり・北村有起哉)夫婦はひとつになれるのか。…男女の恋を描く『崇徳院』編、絶賛放送中!

今回は【わろてんか】64回のあらすじと視聴率、感想まとめ。

【わろてんか】全話あらすじ・感想と最終回ネタバレ! 葵わかなさん主演のNHK連続テレビ小説、愛称:朝ドラ【わろてんか】 …
スポンサーリンク

【わろてんか】64回の視聴率

【わろてんか】64回の視聴率は21.7%!

月曜から4回連続大台20%超えとなりました。

「わろてんか」視聴率一覧、単日と週間の平均視聴率ランキング! NHK連続テレビ小説「わろてんか」は、葵わかなさんがヒロインで、…

【わろてんか】64回のあらすじ

藤吉(松坂桃李)と仲直りをしたてん(葵わかな)は別居状態の団真(北村有起哉)とお夕(中村ゆり)も本心では寄りを戻したがっているに違いないとにらんで、なんとかその仲を取り持とうとする。だが当人たちは別れるの一点張りで埒(らち)が明かず、団吾(波岡一喜)を訪ねることにした。そこでてんは団吾という落語家の芸に対する恐ろしいまでの執念を知り、さらにお夕を団真の元に返さないと言われ、打つ手がなくなってしまう。

芸人四銃士こと、風鳥亭の芸人たちは腕立てふせをしたり稽古に励む。キースとアサリは斬新なネタとして、どつき漫才を試行錯誤中。

「花は憎むことからはじめようってな」生け花も一瞬の美しさ。笑いも同じ。ぼーっとしてたらすぐに腐って面白くなくなる。だから噺家は命を削っている、と団吾は、てんに芸の執念を聞かせました。

その頃、団真は〈崇徳院〉の練習をしていましたが、扇子を残し姿を消して…。

【わろてんか】64回の感想

「面白くなってきた」と好評の崇徳院編・第二週目。

芸人たちもやる気を出してきました。団吾の命を削る覚悟はかっこいいですが…お夕のもとから帰るのが切ないです。

お夕をムリヤリ自分のもとにしない。きっとお夕の気持ちが分かっているのでは…

あと、芸人は幸せだとダメなのか、そうとばかりは言えないのはないか…

「普通なことがコンプレックス」と小説家・辻村深月さんも語っていたことがあります。

辻村さんは、普通だからこそ普通の人がわかるんだと発想の転換をしたそうなのです。

あまりにも独特だとお客さんもついていけませんしね。

ともかく、団真と団吾、2人の演技に今日も引き込まれた回でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク