【陸王】2話視聴率は14.0%!竹内涼真の瞳ウルウル悔し涙×寺尾聰、圧巻の演技に感動!

【陸王】2話のあらすじと視聴率!

【陸王】2話が10月29日に放送されました。2話のおもなテーマは下記の2つ。

  • 茂木(竹内涼真)は、「陸王」シューズを履くのか?
  • 宮沢(役所広司)は、「シルクレイ」の特許を手に入れられるのか?

今回は、日曜劇場ドラマ【陸王】2話の視聴率、あらすじ、見どころ、感想をレポートします!

スポンサーリンク

【陸王】2話の視聴率

【陸王】2話の視聴率は14.0%! 日本シリーズ、かなり話題性が高かったテレ朝【BORDER-贖罪-】とかぶったわりにはかなりの健闘だったと思います。

【陸王】2話のあらすじ

【陸王】2話/宮沢(役所広司)は「シルクレイ」の特許を取得できるか?

「こはぜ屋」存続のために取引先銀行から勧められた提言を振り切り、「陸王」開発の覚悟を決めた宮沢(役所広司)。しかし、開発への道のりは遠く険しいものだった。目下、いちばんの懸案事項となっているのは、靴底のソール部分だ。試作で採用された生ゴムのソールでは、ランニングシューズで求められる耐久性は望めなかった。
そこで従来の素材に見切りをつけた宮沢は、以前、坂本(風間俊介)から紹介された、繭で作られた特殊素材「シルクレイ」を思い出す。ソールの素材としても期待のできる有望なものだと、ランニングインストラクターの有村(光石研)から太鼓判を押されたシルクレイだが、その特許を持つのは飯山(寺尾聰)という人物だ。飯山は2年前に自社を倒産させてしまい、それから消息不明だったのだが、坂本の助けもあり宮沢は飯山と会えることに。しかし、飯山は……。

【陸王】公式HPより

【陸王】2話/死蔵特許の持ち主・飯山(寺尾聰)はかなり偏屈なやさぐれオヤジ

コンビニでいつも、安いカップ酒と吟醸酒を見比べて、カップ酒を選ぶ飯山(寺尾聰)。 しかし、全米屈指のケミカル企業「シカゴケミカル」からヨット素材として「シルクレイ」の特許を使いたいと聞いて、一攫千金を狙う。

【陸王】2話/ライバル毛塚(佐野岳)の活躍に焦る茂木(竹内涼真)は、アトランティス佐山(小藪千豊)に見放され…

毛塚(佐野岳)の台頭に焦る茂木(竹内涼真)。しかし、スポンサーであるアトランティス社の佐山(小藪千豊)からは、ほぼ「いらない選手」との宣告を受けてヤケになる。

【陸王】2話/大地(山﨑賢人)の言葉がヒントに!就職活動も会社運営も苦難を乗り越える術は同じ

就職活動がなかなか上手くいかない大地(山﨑賢人)。飯山(寺尾聰)は宮沢(役所広司)に「必要だ」と言われて嬉しかったはず、という。

大地も就職活動で、最初は工学部卒の技術職でやりたいことをやろうと思っていたが、面接で何十社も落ち続け、きっついこと言われ「世の中から全否定されるうちに、なんとか見返さなきゃ」って気持ちになった、と。

大地の言葉に、飯山の真の姿を見出した宮沢は次の手を打つ。

【陸王】2話/飯山(寺尾聰)がこはぜ屋に興味を持った理由は?

何度門前払をくらっても諦めない宮沢(役所広司)。ある日、宮沢が飯山(寺尾聰)のアパートを訪ねるが、まったく相手にしてもらえない。

しかし飯山の妻・素子(キムラ緑子)は、機転をきかせ、おもむろに掃除機をかけはじめて飯山を追い出す。

外をぶらつき始めた飯山を見つけて駆け寄る宮沢。飯山は、ふと宮沢の着ていた武州正藍染の半纏に興味をそそられ、「ちょっとだけだぞ」とこはぜ屋の工場見学をすることに。

昔ながらの武州正藍染・半纏を着た社長が運営する会社に、繊維会社二代目だった飯山の血が騒いだのでしょう。

【陸王】2話/飯山(寺尾聰)がやさぐれダメオヤジからベテラン職人の顔に

「こはぜ屋」の工場を見学しにきた飯山(寺尾聰)。「ばぁさんばっかりだな」などと悪態はつくが、古いミシンからの部品取りに四苦八苦のヤス(内村遥)を見て、思わず手が出る。

油が固まったミシンをいじりながら、部品を取り出すのがなんとも楽しそう! まるで少年のようなワクワク感。

前日の夜までの、呑んだくれ&やさぐれダメオヤジの表情と180度違います!

演技派で知られる寺尾聰さんですが、たった1話の間で飯山という男の人生を表現してみせたさすがの演技力に感動しました!

【陸王】2話/シカゴケミカルがシルクレイを見放す

特許に年間5000万ということで手を打つかに思えた「シカゴケミカル」ですが、「倒産したことがある企業を信用できない」と、飯山(寺尾聰)を見放しました。

大手ほどリスクは追わないのかも? と現実的な視点が見えましたね。

【陸王】2話/飯山(寺尾聰)がチーム陸王に!

全米No.1とかNo.2といわれた「シカゴケミカル」での特許使用について、結局「一度倒産した人は信用できない」と切り捨てられた飯山(寺尾聰)。

のんだくれ&やさぐれた自分を信用してくれたうえ、昔ながらの職人工房でたびを作り続ける宮沢(役所広司)に勝負を賭けることに!

特許使用を利用する条件は、これまで執拗にこだわってたお金じゃなくて「陸王チーム」に飯山を加えること。

泣かせる!!

【陸王】2話の感想

【陸王】2話のまとめ

宮沢(役所広司)がシルクレイの特許を手に入れたり、茂木が足袋ランニングシューズ「陸王」を履くまでが、すでに2話までに描かれました。

原作より、後半を膨らませた内容なるのかも? ということで期待大です。

【陸王】3話はどうなる?

【陸王】の実力は? 茂木(竹内涼真)は「陸王」で復活できるのか?

3話予告はこちら!【陸王】3話/公式HPより

TBSの日曜劇場、2017年10月期のドラマは、池井戸潤原作の【陸王】。 老舗の足袋製造会社が、会社の生き残りをかけて、靴の開…
ドラマ【陸王】全話視聴率と最終回ネタバレ! 池井戸潤の小説をもとにした企業再生物語。骨太の人間ドラマが胸を打つ日曜劇場らしい感…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク