【ひよっこ】103話視聴率は21.8%! 誰も悪くない!菅野美穂・世津子の回想が切ない

朝ドラ【ひよっこ】第103話(7/31・月)のあらすじと視聴率!

有村架純さん主演、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」第18週「大丈夫、きっと」第103話が7月31日月曜日に放送されました。

今回は【ひよっこ】第103話の視聴率、ネタバレあらすじ、みんなの感想、感想をまとめます。

スポンサーリンク

【ひよっこ】第103話(7/31放送)の視聴率

第103話の視聴率は21.8%です!10回連続の大台越え!

朝ドラ【ひよっこ】の全話視聴率と最終回ネタバレ、あらすじ! 2017年前期(4月~9月)のNHK朝ドラヒロインは有村架…

【ひよっこ】第103話(7/31放送)のあらすじ

実(沢村一樹)が記憶喪失だと知ったみね子(有村架純)は、大きな衝撃を受けて外に飛び出すが、混乱のあまり大雨のなかに立ちつくす。すると実がそっと傘を差しだしてくれた。みね子は実に自分の悲しみと行き場のないつらい気持ちをぶつける。

実は2年半前の世津子(菅野美穂)との出会いを語る。ベンチで呆然としていると声をかけられたこと…。世津子は怖がりながら傘を置いていってくれた。その夜、また世津子がきて言った。「あの、何してるの?私のこと知らない?」実は彼女を知らなかった。

「面白い」嬉しそうに世津子は言って部屋へ入れてくれて傷を手当てしてくれた。世津子は女優で、看護婦役をやったので上手いことを告白。実は記憶がないと伝えると病院と警察へ行くよう世津子にすすめられたが、絶対嫌だと拒否した。

実は自分は誰かを殺害したのかと怖かった。みね子はそんなことはしていないと強く否定する。ひったくりに遭ったこと、家族のためにお金を取り返そうとしてひどい目に遭ったこと、そして父・実はどんな人なのかを伝える。その頃、世津子は鯛焼きを食べる実を思い出す。みね子は世津子の連絡先の紙をもらい、ひとり帰っていく…。

【ひよっこ】第103話(7/31放送)のみんなの感想

【ひよっこ】第103話(7/31放送)の感想

恒例の朝ドラ受けで有働アナに(土曜日をイノッチと)「一緒に見たかった」と言わせる衝撃展開の前回!

イノッチは「誰も悪くない!」と叫んでいました。たしかに!

今回も濃密な15分間。菅野美穂さん演じる世津子とみね子の父・実(沢村一樹)との出会いが描かれました。

かつての昼ドラのようなドラマチックすぎる展開です。

客観的な視聴者は「沢村さんが顔がいい」から2日もベンチにいる不審者に声をかけたのでしょうと指摘。漫画家の蛭子さんだったらかけないという、とばっちりツイートも(笑)

好意的にくみ取る方は世津子さんは精神的に病んでいたのでは?と推測。

…何度も私の方が怖いよ、護身術習ってるんだ、など防御する台詞があって、不自然にはならないような演出にはなっていました。沢村さんもおびえた子犬のようでしたし。さすがに体は大きいですが…。しかし誰も近所の人は通報しなかったのですね。そういう人が多い時代?

視聴者からは、

「綿引さんの苦労が報われた!」…みね子が父の恐れを否定できた!

「ベンチはお気に入りだけど私のものじゃない」…フラグ?

「世津子は高峰秀子がモデルか」

「世津子は女優の自分を知らない実に嬉しかったのだろう」

というコメントが多いです。

ドラマ「ひよっこ」は色々と余白があり、行間を読むように想像できる楽しみがあります。

「女優」に縛られていた世津子は、全く自分を知らない人に安心したのでしょう。

だから実を部屋に入れた。「私のこと知ってる?」のあとの抑えながらも漏れる嬉しさの表現が絶妙です。もう菅野さんのオーバーになるぎりぎりのさりげなさで心理描写をして難役をこなすのが本当にすごい。

帰りを待つ人がいることの嬉しさを早く帰ってきたかったという鯛焼きおみやげシーンで表現。ほんの数秒なのに大切なシーンでした。

切ないです。つらいです。もう一度確認、誰も悪くない!だからよけいに辛い。

次回以降も見逃せません。

朝ドラ【ひよっこ】第102話(7/29・土)のあらすじと視聴率! 有村架純さん主演、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」第17週「…
2017年春から放送となった連続テレビ小説【ひよっこ】。 東京オリンピックの時代、父が出稼ぎに行ったまま帰ってこなかったことを…
朝ドラ【ひよっこ】後編(7月~9月)の追加キャストとあらすじ! 朝の連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」も4月スタートから早や…
朝ドラ【ひよっこ】第104話(8/1・火)のあらすじと視聴率! 有村架純さん主演、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」第18週「大…
スポンサーリンク