【カナカナ】最終回ネタバレとレビュー!小学生編の続編希望の声!

カナカナ最終回ネタバレ

【カナカナ】最終回ネタバレとレビュー!

主演のドラマ『カナカナ』最終回が6月30日に放送されました。

放送後、小学生編の続編希望の声が殺到して…。

今回は【カナカナ】最終回のあらすじネタバレとレビューについて。

*本ページの情報は2022年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【カナカナ】最終回ネタバレ

【カナカナ】最終回のあらすじネタバレを紹介!

佳奈花(加藤柚凪)を救出せよ

マサ()は沢田(武田真治)から佳奈花(加藤柚凪)救出を頼まれた。

監禁場所にて。勇介()たちに佳奈花の捜索を任せ、単身で敵陣に乗り込む。

自分がおとりになって敵をひきつける作戦だ。

伝説の100人斬りさながら、悪人たちを次々に倒していくマサ。

だが、桐島()が佳奈花を人質に取ってしまう。

銃口を佳奈花に向けながら、桐島は「あなたに襲われてやむなく正当防衛として銃を使用したとします。密輸犯としてあなたに死んでもらうまでがプランでした」という。

桐島に手が出せないマサ。佳奈花が桐島の心の中を読むと…。

桐島の心の声:(日暮、この私にあんな辱めを!死ね!)

佳奈花:「何が恥ずかしかったの?」

動揺する桐島。その隙を見逃さなかったマサは、素早く桐島の腕を取って、倒した。

佳奈花はマサにひどい内容の手紙で書いたことを謝った。

マサは、手紙が嘘だと分かっていた。

佳奈花:「これからもマサといていい?」

マサ:「当たり前だ。俺はファーザーだからな」

佳奈花はマサの胸に飛び込んだ。

桐島がマサを恨む理由

大門刑事たち警察がやってきて、桐島を逮捕する。彼は麻薬密売に関わっていたのだ。

大門が海外へ行っていたのは麻薬密売の件の裏をとるためだった。

桐島がマサを恨む理由を話す。

(回想)2年前。マサが桐島の落とした警察手帳を警視庁に届けた。さらに、恥ずかしい写真(桐島が四つん這いに鳴ってムチで打たれていた。SMプレーのM?)も挟まっており、それも警視庁の人に渡した。そして警察内で噂になってしまい、出世街道から外れること。

「そんなことで恨んでたのか?」と大門刑事はあきれた。

佳奈花の能力の理由

居酒屋パイセンにて。佳奈花がなぜ黒山企画を知っていたのか話題になる。マサは「佳奈花は耳がすごく良いんだ」と告げる。

勇介()は、居酒屋パイセンの前で黒山企画とのトラブルを自力で解決すると、つぶやいたことがあった。勇介は納得した。佳奈花は何とか乗り切れた。

佳奈花の能力は悪くない

居酒屋パイセンに沢田がやってきた。佳奈花はお礼を述べる。

沢田は改心し、佳奈花のことをマサたちにお願いする。

沢田:「この子は人の心の痛みがわかる、本当にいい子です。」

マサ:「任せてくれ。あんたの言う通り。カナは人の心が自分の心みてえにわかる、すげえ子だ」

佳奈花の心の声:(私のチカラは悪いことじゃないの?このままでいいの?)

沢田は帰り際、心の声で佳奈花に(俺は弱いから、また利用したくなるかもしれない。だから二度と会わない。マサと暮らせ)と話しかける。

今日は仮免許が取れる3ヶ月目。佳奈花は両手で丸のポーズをして、マサが父親になることを許可した。

マサは晴れて佳奈花の父親になった。

最終回の結末

2023年4月。佳奈花の小学校の入学式。校門前。

マサはもちろん、勇介、沙和()も参列するため一緒にやってきた。

沙和は近い将来マサの妻になるつもりだ。

とうとう「マサが好き」と告白したが、マサはムネアカオオアリの行列に夢中で聞いていなかった。

佳奈花は英子と剛士くんと同じクラス。校門に迎えにきてくれた2人と談笑する佳奈花。

剛士くんは心の中で不安を吐露。佳奈花が心を読んで、「学校って楽しいみたいだよ」と励ます。

佳奈花は人の心を読む能力を、人の気持ちが分からなくて悩んでいる人・苦しんでいる人に使うことで笑顔にできると思った。それはマサが教えてくれたことだ。

マサは佳奈花に友達ができている光景に喜ぶ。

佳奈花は「マサ!」と手を振る。マサも笑顔で応えた。(おわり)

【カナカナ】最終回のレビュー

視聴者からは「続編希望」の声が殺到!小学校パート、ぜひ見たいですね。

マサ役のさんがカッコイイし、いい父親でした。

けれど、小学生の父としての悪戦苦闘も見たいです。

佳奈花役の加藤柚凪ちゃんはキュートで癒されましたね。能力に悩んでいて、自己嫌悪になっていたのですが、能力も使い方しだいだと覚えたのは成長。

マサに能力がバレる展開や、沙和のマサへの片思いの続き、美咲と巌の恋の行方も知りたいので、ぜひ続編作ってほしいです!

全28話、キャスト・スタッフの皆様ありがとうございました。またどこかで!

画像出典NHK

コメント