【ちむどんどん】3週のネタバレ!暢子(黒島結菜)の就職に暗雲?!

ちむどんどん第3週

【ちむどんどん】第3週のネタバレ!

NHKの朝の連続テレビ小説(朝ドラ)【ちむどんどん】第3週「悩めるサーターアンダギー」のあらすじネタバレをお伝えします。

ちむどんどん第3週では、暢子()の就職に暗雲が…?!

今回は【ちむどんどん】第3週のネタバレについて。

U-NEXTで見る

*本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


ADVERTISEMENT

【ちむどんどん】3週のあらすじネタバレ

ここからは『ちむどんどん』第3週のあらすじネタバレを紹介!

11話(4月25日)

ちむどんどん11話
(C)NHK

時は1971年。比嘉家の母・優子()は村の共同売店で働いている。

そして四兄妹はそれぞれに成長。

暢子()はやんばるの高校生で、相変わらず足が速く活発。

暢子は今、卒業後の進路、就職をどうするかを考える季節。

兄・賢秀()、姉・良子()、妹・歌子()もそれぞれに大きくなり、やんばるを舞台に兄妹の新たな物語が始まる。

【出演】

12話(4月26日)

ちむどんどん12話
(C)NHK

比嘉家の長男・賢秀()は素行がよくないことで地域で有名。

そんな賢秀の起こした「いざこざ」から波紋が広がり、母・優子()は頭を悩ますことに。※

就職活動中の暢子()にも思わぬ影響があり、将来に暗雲が漂い始める。

姉・良子()、そして妹・歌子()もそれぞれ家族に言えない想いを抱えていて…

【出演】

※「いざこざ」とは?…賢秀のいざこざの相手は誰か?事前レビューで予想します。

13話(4月27日)

ちむどんどん13話
(C)NHK

暢子()は、兄・賢秀()が喧嘩した相手先が、自分の就職希望先だったことから、悩みを抱えることに。

謝罪を求める会社側と、非は無いと思っている兄との間で暢子は板挟み。

だが母・優子()を助けるためには仕事をしたい。

一方、姉・良子()は、大学時代の知人の石川()への想いを抱えていた。

歌が好きな妹・歌子()は、家の経済事情から切ない気持ちを秘めていて…。

【出演】

14話(4月28日)

ちむどんどん14話
(C)NHK

暢子()は兄・賢秀()の喧嘩の影響で、自らの就職についてモヤモヤした思いを抱えていた。

暢子が気晴らしにハンバーガー店に訪れると、意外な相手と出くわしてしまう。

姉の良子()は大学時代の仲間と付き合うために、母・優子()にも黙って新しい服を買ってしまい、フォークダンスの集まりに参加することに。

妹・歌子()は音楽の授業でとある教師(※)に目をつけられて…。

【出演】

とある教師とは?…音楽の授業ということなので、さん演じる音楽教室教師・下地響子のことでしょう。雰囲気的にクセの強い先生っぽいですね(笑)→ネタバレ:やはり下地響子でした。

15話(4月29日)

ちむどんどん15話
(C)NHK

暢子()は自分の就職先と、兄・賢秀()の間で起こったトラブルから悩み、徐々に就職先に理不尽を感じていた。

思い悩んだ暢子は、とうとう、母・優子()と相手先を訪れる。

トラブルの張本人・賢秀も、実は責任を感じていて…

その頃、妹・歌子()は、唄を聞かれたことから、音楽の教師・下地()に付きまとわれる羽目に…。

【出演】


ちむどんどん第3週のあらすじネタバレはここまで。

【ちむどんどん】3週の事前レビュー

【ちむどんどん】第3週のあらすじ・予告動画をもとに、「第3週事前レビュー」として予想・見どころなどをお伝えします。ネタバレを含むのでご注意ください。

暢子(黒島結菜)の就職に暗雲

第3週は、暢子()の就職に暗雲が!兄が喧嘩した相手が暢子の就職先の人だったようです。

おそらく眞境名(まじきな)商事の息子・眞境名英樹(時任勇気)と喧嘩しちゃったのでは?

ちむどんどん-喧嘩
(C)NHK

↑左側が賢秀()、右側の赤い服の男が眞境名英樹です。

眞境名英樹
(C)NHK

暢子の就職先がおそらく眞境名商事なのでしょう。

喧嘩の理由も気になりますし、暢子の就職がどうなるのか?気になります…。

ただ、暢子が横浜・鶴見区に引っ越して東京のレストランで修行することが事前にわかっています。

なので、暢子の沖縄での就職はなかったことになると予想(?)しておきます。

「悩めるサーターアンダギー」とは?

第3週のタイトルは「悩めるサーターアンダギー」。

第1週が「シークワーサーの少女」、第2週が「別れの沖縄そば」なので…どうやら週タイトルには沖縄料理や特産物が含まれていく法則のもよう。

20いくつもの週タイトルにつけられるのかは分からないので、上京したらタイトルが変化するかもしれません。

サーターアンダギーは、沖縄の揚げ菓子のひとつ。

首里方言で「サーター」は砂糖、「アンダーギー」はアンダ(油)+アギ(揚げ)+語尾を伸ばすことで「油で揚げたもの」 、つまり、砂糖を使用したドーナツです。

「悩める」と前につくことから、週タイトルは暢子の就職難を示しているのでは?

おそらくサーターアンダギーそれ自体には意味がほぼなくて、「悩める暢子がサーターアンダギーを食べる」「悩める、サーターアンダギーを食べる暢子」などと、補足しないと意味が分かりません。

サーターアンダギーが悩むわけじゃないし(笑)

賢秀は相手に謝る?

第3週ラスト。トラブルの張本人・賢秀が実は責任を感じています。

暢子・優子が相手先を訪問。おそらく和解して内定には至らないはずですが…。

賢秀は責任を感じて、妹の為に相手に謝るのだろうと予想。

賢秀は、めちゃくちゃな男ではありますが、家族思いで男気はあるタイプなはず。

暢子が「兄は悪くない」とかばって、就職を自分から取り下げるのでは?

賢秀のことです。親や兄妹の悪口をまた言われたのでしょうか。

少年期のいじめっ子・島袋が突然登場のパターンと似ていますが…果たして?

第2週<< >>第4週 

画像出典:NHK