2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【タリオ】3話のネタバレと感想!古川凛の懺悔、見て見ぬふりの結末が泣ける!

【タリオ】3話のネタバレと感想!

浜辺美波、岡田将生ダブル主演のドラマ『タリオ-復讐代行の2人-』第3話がNHK総合で2020年10月23日(金)に放送されました。

この記事のポイント

【タリオ】3話について
・あらすじネタバレがわかる!
・ネタバレ要点もわかる!
・感想まとめも紹介!

※『タリオ』の動画配信はU-NEXTで配信あり。(2020年11月現在)

スポンサーリンク

【タリオ】3話のあらすじ

ドラマ『タリオ-復讐代行の2人-』第3話のあらすじを紹介します。

正義感の強い元弁護士・白沢真実と、怪しげな詐欺師・黒岩賢介がタッグを組み、事情を抱えた被害者からの依頼を受けて悪人に復讐する姿を描く。

前回のあらすじは↓

元弁護士・真実まみ(浜辺美波)と詐欺師・黒岩(岡田将生)、通称「マミクロ」コンビの事務所に、9歳の小学生の女の子・晴香(古川凛)から依頼がくる。

父親(三浦誠己)が転職した会社でパワハラにあい、命を落とした。お金はわずかしかないが復讐してほしい」という。

相手は急成長中のIT関連企業。しかし依頼人が小学生では、お金にならないため黒岩は反対する。

父への思いから他人事とは思えず、真実は黒岩とのコンビを解消し、先方の会社に乗り込む……。

【タリオ】3話のネタバレ

真実(浜辺美波)は、顧問弁護士として雇ってもらい潜入しようとした。が、懲戒処分で法律事務所を辞めさせられたことが分かってしまい、会社をあとにする。

そんな中、アルコールを受け付けない体質なのを忘れて飲んでしまった真実は、黒岩によって救急車で病院へ運ばれた。

黒岩は、期限が切れる派遣社員に近づいて話を聞きこむ。

一度はケンカ別れした真実と黒岩だが、もう一度コンビを組むことに!

不自然に会社を辞めた男性に聞きこむ。上川室長のパワハラは認めなかった。

真実と黒岩は、晴香(古川凛)の家に行き、母親・山村裕美から話を聞きこむ。

家には亡くなった山村隆也と上川が映っていた写真が飾られていた。

上川(神保悟志)と山村は以前の会社でも上司と部下で仲良しだった。

上川は山村が亡くなった後も親身にしてくれた。裕美の正社員の仕事を斡旋してくれた。

帰り道。晴香と会った真実。晴香は、父の大好物のクレープの屋台のところで、父が2人けの秘密として買ってくれて「春香クレープ」と名付けてくれたという。

真実は、騙したやつが罰を受けなかったから、法で裁けない悪を懲らしめる正義も必要。見て見ぬふりも悪いと晴香に話す。

真実は、山村のパソコンのパスワードを解析するが、なかなか開かない。「晴香クレープ」と打つと開いた。

後日。真実と黒岩は、上川に会って、上川が探していた文書を見せる。

・・・ある日。会社の不正に気付いた山村は、上川に訴えた。上川は知っていながら不正を隠していた。しかも社員たちの多くも気付いて見て見ぬふりをしていた。

最大の悲劇は、悪人の圧制や残酷さではなく、善人の沈黙である

文書内にて、キング牧師の言葉を引用した山村は…「晴香。お父さんは不正を見て見ぬふりする卑怯な人間なんだ」と記されていた。

(CEO室にて)上川は長谷部CEOに文書をみせたが、長谷部の不正が暴かれたわけではない。

長谷部は「仮に捜査が入っても私には及ばない。腹が立つのはお前の無能さだ。何とか言え上川!土下座しろ~!!」と上川に迫る。

そこに真実と黒岩が部屋に入ってくる。上川は録音していた。上川は長谷部を裏切った。大切な後輩のことを思って踏み込んだ。

・・・山村が資料室へ異動したのは山村自身の希望だった。上川が裕美への仕事を斡旋したのは、せめての罪滅ぼしだったという。

上川は架空循環取引の疑いで逮捕された。

真実と黒岩は、山村も見て見ぬふりをしていたが、正義を貫いていじめられた、というストーリーにして晴香に話した。晴香はマスコミに囲まれる上川を「この人もいじめられてるみたい」と指摘。黒岩は「たしかに。マスコミは一番のイジメっ子だ。でも、それ見て面白がってるんだから、俺たちも一緒か」と感慨深くつぶやく。

父に嘘をついた…と泣きだす晴香。いじめられた子を見て見ぬふりして守らなかったこと。それを謝りたかったのにもうできない。

「おとーさあん」と晴香は声をあげて泣いた。


2020年11月19日。真実は、ウコンファンド投資詐欺の橘道三に会って、「私は彼(=白沢正弘)の娘です」と告白し、「本当のことを話してください。」と訴える。すると、「2時間後にひとりで来なさい」と、ある部屋の住所を教えられた。(つづく)

【タリオ】3話のネタバレ要点

【タリオ】3話のネタバレ要点は…

・真実と黒岩は、パワハラで父を失った娘=小学生の女の子から犯人を突き止めてほしいと依頼された!

・会社の不正を告発できなかった罪悪感で女の子の父は自殺。真実と黒岩は会社CEOを逮捕に追い込むも、女の子には父が「正義を貫いていじめられた」と話す。

・女の子は自分の罪を懺悔(ざんげ)。泣いて謝った。

・2020年11月19日パート:真実は父を告発した橘と会う約束をかわす。

【タリオ】3話の感想まとめ

SNSの感想・反響は…

晴香(古川凛)の懺悔、見て見ぬふりの結末が泣ける!

第3話は、山本透 監督回、脚本家も瀧本智行さん。

山本透監督の映画監督作は、「探検隊の栄光」「猫なんかよんでもこない。」(ともに2015)、「わたしに××しなさい!」(2018)、「九月の恋と出会うまで」(2019)など。

脚本の瀧本智行さんは映画監督作品に「脳男」(2013)「グラスホッパー」(2015)「去年の冬、きみと別れ」(2018)など。

木村ひさし監督回の2話までとは小ネタ抑え目ながら、「リーガル・ハイ」のようなお話し、「半沢直樹」のような土下座強要シーンとオマージュがありましたね。

見て見ぬふり>をできずに自殺した父。その結末は、誰が悪いのか。考えさせられましたね。マスコミか、面白がる視聴者か。最後に抱えていた罪悪感を懺悔(ざんげ)できた古川凛ちゃん演じる晴香ちゃん。視聴者ももらい泣きでした。

【タリオ】第3話は10月23日(金)よる10時放送!お楽しみに!

<関連記事>

タリオ 復讐代行の2人
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】