2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【キワドい2人】原作ネタバレと結末!ドラマオリジナル設定も切ない過去は変わらない?

キワドい2人.4

金曜ドラマ【キワドい2人】の原作『K2 池袋署刑事課 神崎・黒木』の結末とあらすじをご紹介します。(※ネタバレを含みますのでご注意ください)

ドラマ【キワドい2人】は、Paravi(パラビ)にて見逃し配信中!

※本ページの情報は2020年10月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

【キワドい2人】の原作

キワドイ2人 原作

原作者:横関 大

出版:講談社文庫刊

K2 池袋署刑事課 神崎・黒木』は、横関大による日本の小説。2010年から2014年の月刊小説誌『小説現代』(講談社)に掲載された短編6編と、新たに書き下ろされた短編1編を加えたのを収録した単行本が2014年10月22日に講談社から刊行された後、2019年3月15日に講談社文庫より文庫化された。

性格も価値観も捜査方針も正反対の2人の刑事が衝突を繰り返しながらも池袋の街で巻き起こる凶悪事件に挑むさまを描く。

【キワドい2人】のドラマ

放送時間:毎週金曜日22時~
放送局:TBS
放送開始日:2020年9月11日(金)

原作とは異なり、『異母兄弟』という設定になっています。

ドラマ【キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木】のキャストとあらすじ!山田涼介×田中圭
2020年9月からスタートの金曜ドラマ【キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木】のキャストとあらすじ。TBSドラマ初出演・初主演の山田涼介さんとタッグを組むのは、田中圭さん!どこまでも正反対な、異母兄弟の2人がバディとなり凶悪事件に挑んでいく。

【キワドい2人】の原作ネタバレ

単行本・文庫本それぞれに、短編第7話が収録されています。

原作では、神崎と黒木の関係性が『警察学校の同期』となっていて、ドラマとは異なりますね。

第1話:勲章

ホストクラブオーナー・池田が自宅で殺害され、部屋からは金庫が盗みだされていた。
犯人はホスト・芳村で、池田自身株で大損していた穴埋めに共謀するはずだったが、芳村が裏切り殺害。

~ドラマ:第2話にて放送~

ドラマでは、美容室オーナー・池田(キンタカオ)宅で強盗殺人事件が発生。
重要参考人に従業員・芳村(神尾楓珠)の名が浮上し、本人は突然自白までする。
怪しいと感じた神崎と黒木は捜査を開始し、真犯人が店長・小坂(遠藤雄弥)であることを突き止めた。

第2話:失態

暴行事件が発生し現場近くに携帯電話が落ちていたことから、加害者に池袋署の若手警官・川浪が疑われる。
しかし川浪は酔っ払い何の記憶もないと話し、被害者も消えた。
犯人は以前、川浪に逮捕された窃盗犯・土橋で、自作自演で事件を起こし復讐しようとしていたのだった。

第3話:幽霊

黒木が引っ越した先で、女のすすり泣く声が聞こえるという。
幽霊がいないことを証明することになった神崎は、換気扇に仕掛けられている音楽プレイヤーを発見。
仕掛けた犯人は、部屋を紹介してくれた不動産会社の平野だった。
平野が以前、交際していた彼女が住んでいたこの部屋で彼女は自殺をしていて、2人の思い出を無くさないために追い出そうとしていた、と思われたが、これは全くのデタラメで実際は平野に殺されていた。
他の女性と交際するのに彼女が邪魔になり殺害し、このことがバレないように黒木を追い出したかったのだ。

第4話:力走

神崎と黒木がまだ警察学校にいた頃、同じ教場の富田の席に菊の花が置かれているという事件が起きる。
犯人探しを始める神崎と黒木だったが、実はこの犯人は黒木で孤独だった富田を結果的に救うために仕組んでいたのだった。

第5話:祝儀

結婚式を間近に控えた神崎に「祝儀をやる」と言って、ナンパに向かう黒木。
これもまた黒木が仕組んでいたことで、神崎と結婚を控えていた新婦が浮気を疑い、そのことを払拭するためだった。

第6話:因縁

立てこもり事件が起きた。
犯人は、22年前にも同じように立てこもり事件を起こしていた男で、当時逮捕したのは神崎の父・隆造。
男は隆造への復讐の為、要求をするが隆造はすでに退職していて、さらに手術のために入院していた。
そこで息子である神崎が名乗り出て、黒木の協力もあり何とか逮捕することができたのだった。

第7話:決別

暴行事件が発生し、容疑者は黒木だった。
被害者のスマホを壊し暴行したことを認めていて、警察官を辞めようとしていた。
そして、神崎は本庁の監察官から捜査を命じられる。
全てを上に報告すれば出世することができる神崎。
果たして、黒木と自身の出世とどちらを選ぶのだろうか?
捜査していく中で、黒木が暴行を働いた理由が分かる。
殴られた被害者は週刊誌の編集者で、立てこもり犯の娘のことを記事にしようとしていたのだった。
22年前の現場にその娘もいたが、救うことが出来なかったと責任を感じ続けていた黒木は、記者の行動が許せなく今回の事件を起こしてしまったのだった。

22年前の立てこもり事件とは?

犯人の男は、薬物中毒者。

幼い自分の娘をも人質にし、逃走しようとしていた。

人質の1人の少年が必死に抵抗するが、男の力に敵わず倒されてしまい、助けようとした娘も階段から落ち怪我を負ってしまう。

そして、逃げる手段として使われる少年を助けたのは、神崎の父。

この少年は小学生時代の黒木で、この事件があったことにより神崎・父への恩返しと犯人の娘を守り続けるために、警察官を目指すのだった。

そして…。

そんな思いを抱え黒木は警察官となり、その娘には「神崎」と名乗りずっと見守り続けていた。

第7話では、この黒木の想いが全て詰め込まれた話となっている。

【キワドい2人】の結末まとめ

  • 22年前の事件
  • 異母兄弟

このように原作とドラマが異なる設定なので、どういったラストになるのか予測も含め、楽しみなところですね!

画像出典:キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木 公式HP

キワドい2人
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】