2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【SUITS/スーツ2】7話のネタバレと視聴率!鈴木保奈美/チカの弁護に胸打たれる!

【SUITS/スーツ2】7話のネタバレと視聴率!

織田裕二主演の月9ドラマ【SUITS/スーツ2】第7話が2020年8月24日(月)に放送されました。

甲斐の担当になったチカ(鈴木保奈美)の弁護に胸打たれる視聴者続出!?

今回は、月9ドラマ【SUITS/スーツ2】7話のあらすじネタバレと視聴率などについて。

見逃してしまった人は、FODプレミアムにて視聴できます。(2020年8月現在)

スポンサーリンク

【SUITS/スーツ2】7話のあらすじネタバレ

甲斐(織田裕二)に突き付けられたのは、賠償金5億円と弁護士資格のはく奪。

甲斐を守りたいチカ(鈴木保奈美)は自ら甲斐の弁護を引き受けることにした。

しかし、弁護士・富樫(髙嶋政宏)は、甲斐とチカに和解はあり得ないと言い渡す。

コースタル・モーターズ訴訟で、証拠の社内メモはあった。甲斐が隠蔽したのは明らかだからだ。

さらに富樫は、「新しいママ(=チカ)は 息子思いで優しいねぇ。 母親のこと調べたよ。 子供のころ君と弟をいつも家に…」と、甲斐にとって触れられたくない母親のことに触れたため、甲斐は思わず富樫に掴みかかった。

2人の対決は法廷に持ち込まれることに。

大輔(中島裕翔)が敵側に

事態を重く受け止めた上杉(吉田鋼太郎)は、ファーム内にも甲斐のことを疑っているメンバーがいるのだから、まず彼らに無実を証明し、裁判で勝ち目があるのかどうか見せるようにと意見を出す。

その上で、裁判で戦うか、和解に応じるかの最後の審判をシニアパートナーによる投票で決めるという。

『幸村・上杉法律事務所』で行われる“模擬裁判”で、蟹江(小手伸也)は、甲斐の敵側(=富樫の側)として対決することになった。

蟹江は大輔(中島裕翔)に仲間になるよう誘うが、これを拒む大輔。

しかし、蟹江のチームに加わるよう命じたのは、甲斐自身だった。

甲斐は大輔に意図を伝えた↓

(甲斐)「富樫は変化球を使い分けてくる。 蟹江もいいピッチャーだが球種に欠ける。消える魔球は投げれるか。どう攻める? それ(=その答え)を蟹江に言え」

あるとき、甲斐は玉井(中村アン)に会って、証言をして欲しいと頼むが、玉井は拒否した。

一方、大輔は甲斐の無実を信じて取り組み中。そんな中、真琴(新木優子)が「私が甲斐先生で知ってるのは、勝つためなら何でもする人ってことだけです。」と言った。その言葉からヒントを得て、甲斐のずるさを指摘する秘策を思いつき蟹江に助言する。

模擬裁判1日目

模擬裁判が開始。蟹江は甲斐が「隠蔽に罪悪感を覚えない」ずるさを指摘。

甲斐がアソシエイト当時、同僚の蟹江の大事なファイルを隠した事実を持ち出す。それと今回のメモの隠蔽は同じという論理だ。

次にチカが証人喚問へ。甲斐がシニアパートナーになれたのは事務所に利益をもたらしたから。

コースタル・モーターズ訴訟で得た利益は五十数億。それだけの額ならば隠蔽してでも勝ちたいだろうと、こじつける蟹江。

しかし観覧席のジュニアパートナーには甲斐の心証が悪くみえた。

大輔は玉井に証人に立つよう頼みに行った。

「甲斐先生の気持ち 踏みにじらないで」 玉井にそう言われたおかげで、大輔は甲斐を裏切らずに済んだ。

大輔は訴えた。「(大輔と玉井の立場を)一緒になんてできない。 玉井さんと甲斐先生の方が ずっと 絆は深いから。甲斐先生を助けられるのは玉井さんだけです!

模擬裁判2日目

模擬裁判2日目。玉井役の聖澤が証言台に立ち、大輔の質問に答えている。すると、玉井がやってきた。

しかし玉井は黙秘が多い。たまらず蟹江が代わりに質問する。しかも玉井の元カレと別れた理由を持ち出す。

元カレに 「俺か甲斐先生かどちらかを選べ」と言われ、玉井は甲斐を選んだ。

甲斐に頼まれたらメモの破棄をする。なぜなら甲斐を愛しているから。その論法で玉井を追求↓

(蟹江)「好きだから。
愛してるから 罪をかぶったんでしょう?
いつもそばにいた。甲斐中心の仕事。甲斐中心の人生。
元カレは分かってくれなかった。 彼を 愛していますか?
「はい」か「いいえ」で。 愛してるんですか?
彼を 甲斐 正午さんを 愛しているんですか?」

「いい加減にしろ!」と甲斐は激怒。涙目の玉井は事務所をあとにする。裁判は休廷に。

甲斐は蟹江に「やりすぎだ」と言うが、蟹江は楽しんでいるわけではなかった。↓

(蟹江)「これは全て君を助けるためだ!悪いのは誰だ?君のせいだろ!私じゃない!」

大輔は、甲斐が検事時代に上司の不正=隠蔽に加担したことを指摘。ストライク、と野球に例える甲斐。

(大輔)「あなたは もう ジョークを 言ってられる立場じゃない。」

模擬裁判最終日

模擬裁判最終日。

チカは、甲斐がハーバード ロースクール時代の模擬裁判で、あと一歩で勝訴なときに証拠を取り下げたことを確認。

その証拠が不正なものだったからだ。

「不正は勝ちじゃない。」という甲斐。チカはそんな甲斐だから雇ったと伝えた。

(チカ)「看護師組合の労使交渉では病院側を勝たせるだけでなく、看護師の労働環境の改善までかなえた。 大手町スカイビスタのときは不正を暴くだけでなく社長の悲願もかなえた。 … あなたは 人を思いやってる。

チカは、甲斐が思いやりがあるため、「不正なんかしない。 不正なんかできない。」と言う。

しかし甲斐は認めない。チカは追求。「どうして そう強がるの? 思いやることの何が悪い?」

「思いやりがある人は…。 弱い。 人に甘いと 付け入られる。」と言う甲斐に、チカは思いやりが甲斐の「強さ」だと指摘。

チカがまとめた。「被告は確かに傲慢で周りに敵をつくりやすい。 いわゆる一匹おおかみ。 そのため、 誤解が生じることも多くあらぬ疑いをかけられることさえある。 しかし ここまで優しく、正義感のある彼が自動車の欠陥を隠蔽し、被害者とその遺族を おとしめることなどあり得ない。なぜなら それは甲斐 正午にとって勝利ではないから。」

蟹江はでっち上げだと指摘。しかし次の証人として呼ばれたのは蟹江。

チカの的確な質問で蟹江を追い詰め、最後には「あなたは長い間 甲斐さんと共に仕事をしてきました。 その年月は嘘をつきません。 甲斐さんが不正をしたと思いますか? 」

蟹江は「いいえ。」と答えた。

どんでん返しの結末

模擬裁判は終了。しかし、和解条件から甲斐の資格剥奪は外された。代わりにシニアパートーナー全員1千万支払うことになる。

大輔の助言で上杉が動き、富樫の不正を交換条件にしたのだ。

甲斐は和解しないと大輔に伝える。しかし大輔は理解できず激怒した。↓

(大輔)「勝つことだけが勝利じゃない。 僕は それを あなたから学んだ。 そんな あなたを尊敬してた。 でも もう そうじゃないなら…。 あなたから学ぶことは何もない!

チカはパートナー弁護士に和解か裁判か決をとる。票は同数。しかし挙手しなかった甲斐が、和解したいと申し出て、和解の方向に決定!

しかし、上杉は「今回の訴訟で幸村代表の判断に疑問を持つ者もいるだろう」と切り出す。

そして幸村か上杉、どちらがトップに立つべきか…「もう一度シニアパートナー会議を招集し 投票で決めたい。」と言いだして・・・!?

【SUITS/スーツ2】7話の視聴率

『SUITS/スーツ2』第7話の視聴率は、7・1%

前回から1・4ポイントダウンとなりました。

(ビデオリサーチ調べ、リアルタイム、世帯、関東地区)

【SUITS/スーツ2】7話の感想まとめ

SNSの感想は…

チカ(鈴木保奈美)のたたみかける弁護は、みどころでしたね。

たしかに敵をつくりやすい甲斐。でも優しさがあるのは視聴者は分かっていたと思います。

よくぞ言ってくれた、という感じでスカッとしました。

しかし大輔の「学ぶことはない」発言はつらかったですし、ついに上杉が動き出したラスト。

今後も見逃せませんね。

8話はシーズン1にも登場した磯村勇斗と今田美桜がゲスト出演!さらに大輔(中島裕翔)の幼なじみで元恋人の黒崎怜 役で吉谷彩子、怜の友人の矢代千夏役で堀田真由と人気若手キャストが続々登場します。

次回、【SUITS/スーツ】第8話は2020年8月31日(月)21時から!お見逃しなく!

SUITS/スーツ2
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】