【ボイス110緊急指令室】8話の視聴率とネタバレ!透(増田)と真犯人(伊勢谷)の衝撃映像が!

【ボイス110緊急指令室】8話の視聴率とネタバレ!
唐沢寿明と真木よう子のW主演ドラマは韓国ドラマのリメイク。
上杉(手塚とおる)の死体を発見した樋口(唐沢寿明)とひかり(真木よう子)は、他殺だと確信し捜査を進める中、内通者にも迫って行く。
そんな二人の前に真犯人(伊勢谷友介)が現れ……。
透(増田貴久)の衝撃的映像がラストに!
日本テレビ土曜ドラマ(土ドラ)、2019年9月7日に放送の【ボイス110緊急指令室】8話の視聴率とネタバレ、あらすじ、感想を紹介します。

「ボイス 110緊急指令室」全話Huluで配信中です。無料お試しも。原作韓国版も配信中です。

ドラマ【ボイス110緊急指令室】の視聴率一覧と最終回ネタバレ! 唐沢寿明と真木よう子W主演のドラマ【ボイス110緊急指令室】。 韓国ドラ…
ドラマ【ボイス110緊急指令室】キャストとあらすじ!! 人気韓国ドラマ「ボイス~112の奇跡~」を日本ドラマにリメイクした【ボイス110緊…
【ボイス110緊急指令室】韓国ドラマ原作のネタバレあらすじ! 唐沢寿明、真木よう子主演【ボイス110緊急指令室】が日本テレビ土ドラでスター…
スポンサーリンク

【ボイス110緊急指令室】8話の視聴率

【ボイス110緊急指令室】8話の視聴率は、11.2%でした(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。
5話から4話連続で2桁をキープしています。

【ボイス110緊急指令室】8話のキャスト

菊池桃子 役:樋口未希(ひぐちみき)

樋口(唐沢寿明)の妻・未希を菊池桃子さんが演じています。

樋口未希(ひぐちみき)

樋口(唐沢寿明)の妻。
3年前、何者かに殺害される。
ソーシャルワーカーとして支援活動を行っていた。
殺されるとき110番通報をし、ひかり(真木よう子)と話した。
息を引き取るまでの声をひかりが聞いている。

菊池桃子

1968年5月4日生まれ。
ニッポン放送『学園バラエティ パンツの穴』に生徒役でデビュー。
歌手デビューは「青春のいじわる」。
第26回日本レコード大賞新人賞受賞、日本レコードセールス大賞女性新人賞受賞。「卒業-GRADUATION-」などもリリース。
「花のち晴れ~花男 Next Season~」などのドラマに出演。連続テレビ小説(NHK)の「エール」にも出演予定。
プライベートでは一男一女の母。

【ボイス110緊急指令室】8話のあらすじネタバレ

【ボイス110緊急指令室】8話までのあらすじ

沖原(木村祐一)が殺された。犯人は本郷雫(伊勢谷友介)だが、警察はそこに辿りつけず、上杉(手塚おさむ)だと報道。上杉の調査を進めていく樋口(唐沢寿明)とひかり(真木よう子)は、上杉が運営する人材派遣会社の闇業に気づいていく。そして、樋口の妻(菊池桃子)が殺されたのには、理由があるはずだと捜査を進める。そんな中、樋口に上杉から電話があった。樋口は上杉に会いにいくのだが、そこには変わり果てた上杉の姿と、妻・未希の浮気をにおわせる声が……。

【ボイス110緊急指令室】8話のネタバレ

雫(伊勢谷友介)から上杉(手塚とおる)に「グッバイ兄さん」

樋口(唐沢寿明)をペンションで待つ上杉(手塚とおる)の前に雫(伊勢谷友介)が現れる。
「兄さんを救ったのは俺だ」
顎を鳴らし「グッバイ兄さん」鉄球を振りかざす―。

**

「亮二さんに会いたい。彰吾さんごめんなさい」未希の声が流れる中、樋口は上杉の遺体を発見する。ポケットに遺書と思われるメモがあった。
ひかり(真木よう子)と透(増田貴久)も駆けつける。

そんな中、殺人に使った鉄球をコレクションしている雫(伊勢谷友介)は、留守中に自宅の戸棚を開けた形跡があることに気づき……。
「私の留守中に誰か来ましたか?」
父の秘書に電話。

**

不振な点もなく上杉は自殺と判断される。
しかし、ひかりは他殺だと判断。
未希は、ボイスレコーダーを使っていた。
樋口は未希の話に耳を傾けなかった自分を責める。
そして、残された未希の声を聴き、大樹のそばで眠る。

**

「たとえ、未希が俺を裏切っていたとしても俺の気持ちは変わらない。
俺は真犯人をあげる」
と、樋口は上杉の側近の取調べをする。
上杉の電話の声を聞かせ、さらに、上杉の死体の写真を見せる。
側近は
「自分たちにもスポンサーがいて、本郷ホールディングスとは特別な関係だった」と自供する。

**

本郷辰夫の記者会見を見る樋口とひかり。
違法な現場に人材を派遣したのは、上杉の会社だと推測する。
路上生活者の行方不明に関わっているだろうとも。

本郷ホールディングスについてが判明する。
本郷辰夫は、一作業員からトップにのし上がった。
雫はアメリカ名門大学卒業、スキャンダルは全くなし。
雫を沖原の件で呼び出しているが、一向に応じていないことに不振を抱く。

本郷辰夫(伊武雅刀)の命令


「人殺し」の妄想の声と音楽に酔いしれる。

**

27年前。
辰夫が渉と雫を引き合わせる。

「お前、雫の兄になれるか」

「命がけでおつかいします」と誓う。

**

署長(小市慢太郎)と辰夫(伊武雅刀)。

「俺がお前を署長の椅子に座らせた。
その椅子を返してもらおうか」と辰夫。
そして、上杉の自殺の件を樋口とひかりが捜査していることに対して
「すぐに手を打て」
と脅しをかける。

**

クローバーフレンズのリストを見る樋口は共通点に気づく。
35歳未満で病歴がない者の全員が行方不明。

そこに検察庁特捜部の強制捜査が入り、樋口は謹慎になる。
樋口の処分次第でECUは解散に……。
署長の差し金だ。

ひかり(真木よう子)の確信「内通者がECU内にいる」

樋口とひかり。

内通者が真犯人に署内のことを伝えていることを確信するひかり。

「内通者はECUにいる可能性が高い。
3年前、私の通話記録を消した。その当時からこの署にいる人物。
沖原のスケジュールを把握して脅迫できる人物。
あまりにも身近すぎて、最初から疑いもしなかった人物」だと。

そして「上杉の鞄の中から証拠品が消えていた」と……。

その鞄を持っていったのは、透だ。

そこに透が来る。
樋口
「しばらく、ひとりで出動してくれ」透の肩を叩く。

**

雫。
二つの鉄球を見比べる。
そこには、樋口影吾の名と橘ひかりの名が。
「どちらを先に」
怪しく笑う雫。

**

ひかりが自宅に戻り、未希の声を聴いていると、誰かが近づいてくるのがわかる。
樋口に電話をするひかり。
「今、私の部屋の外に誰かがいる」
足音から30代半ばから40代。180センチ前後。3年前の犯人と一致していると確信。

謹慎中だから「動いてはダメだ」と強行犯に止められるが、樋口はひかりの元へ。

ドアスコープを覗くひかり。犯人の目が!
そこに声が流れる。
ひかりの父が殺されたときのひかりの声だ。

「真犯人がドアの外にいる」
樋口の電話に対応するひかり。

「現行犯で捕まえられるチャンス」だとひかりはドアを開ける。
外に出るが、犯人はいない。

その時、超音波が……。
ひかりは何も聞こえなくなる。
背後に犯人が!
そのとき、樋口らが駆けつける。ひかりは無事だったが犯人は逃げてしまった。

**

ひかりは
「犯人は楽しんでいる」と。
そして、上杉の現場に残された未希のテープは作られたものだと。
犯人は樋口をからかって楽しんでいるのだとも。

内通者が今回の樋口の行動を検察に伝えているだろう、と推理する。
ひかりの言うとおり、本当に樋口の件は伝わっていた。
謹慎中に動いたことで「依願退職」を勧めてくる検事。

ところが、そこに透が。
「起訴はできませんよ」
樋口の捜査が違法ではない資料を持ってくる透。
さらに、樋口は、検事の裁判が違法だと、リストを突きつける。
これでECU解散は免れた。

**

辰夫と雫。


「話は何ですか」
辰夫
「警察から事情聴取にこいと言われているだろう。
念のために弁護士に話をしておいたから気にするな」
雫は話を遮り
「父さん、僕の部屋にきた?」

実は、辰夫は雫の留守中に部屋に入り込んでいたのだが
「行くわけないだろう」としらばっくれる。

上杉の話になり、辰夫は
「どうして、お前は先のことを考えず、今この瞬間の欲求だけで行動するのだ」と怒りだす。

「長生きしてよ。父さんがいないと退屈だ」

樋口(唐沢寿明)とひかりの前に真犯人(伊勢谷友介)が!

そして、雫は警察へ。
雫に
「署長室はどちらですか」と声をかけられ、透は固まる。

**

ひかりは、樋口に修正のない未希の声を流す。

「早川亮二さんまでいなくなったグローバーフレンズが路上生活者をほしがるのは、間違いが起きている」
「どうしてもこのままにしておけない。
あなたに相談したいけど、もう少しはっきりとわかってからにします。
早く会いたいです」

ひかりと樋口は、未希がなんらかの事実を知り殺されたことに辿りつく。

クローバーフレンズで集められたのは若くて健康な者ばかり。
殺人を楽しむために彼らを集めたのだった。

**

署長に呼び出された樋口とひかり。
署長室で、雫と対面する。

「本郷です」と握手を求める雫を拒否するひかり。

ひかり
「奴です。犯人の声と同じでした。
本郷雫が真犯人です」

雫は、本郷ホールディングスに守られていて、何をしても捕まらない自信がある。
「奴は楽しんでいます」とひかり。

**

「カチカチ野郎」
樋口が帰ろうとする雫を呼び止める。

「お前がカチカチ野郎か!お前だったか」
「この人殺しが」


「愛する妻の告白、楽しめましたか」

樋口が「殺してやる」と叫ぶと
「口先だけの人が実際に打ち殺したことないでしょ」と樋口の耳元で言う。

「お気に入りの鉄球を振り回して頭をかち割るか」
「おもしろいですね」と怪しく笑う雫。

そこに緊急事態が。
本郷ホールディングスの地下の拡張を廻りトラブルが発生していると。

「お前だけは絶対に許さない」と樋口は言い残し、ひかりと共にその場を離れる。

雫に頭を下げる署長に
「楽しかったですよ、会いたい人に会えて」という雫。

透(増田貴久)の回想

透と樋口。

「本郷雫、真犯人はあいつだ」
「透、俺は必ず奴をあげる」

透、息をのむ。
そして、ある事件を思い出す。

樋口、透が現場へ。

そのとき、爆破音が。
地下で爆破が起きた!

<続く>

【ボイス110緊急指令室】8話の感想

増田貴久さんが演じる透が内通者?

伊勢谷友介さんの美しい犯人にファンの声

【ボイス110緊急指令室】8話のまとめ

8話もハラハラドキドキ。真犯人・本郷雫の伊勢谷友介さんがはまり役です。ゾクゾクする美と恐怖。怪しい笑いにゾクリ。物語はどんどんと進んでいきます。気を抜く暇はありません。
内通者はやはり透(増田貴久)!?最後の回想場面がヒントとも思われます。
8話は、雫の怪しさも見どころでしたが、樋口の夫婦愛・親子愛は涙もの。
愛する人を失う、その声を聴く……。後悔を乗り越えて、真犯人追求へと。まさに復讐劇ですね。
来週は、本当に内通者が判明するようです。ハンカチを用意しておきましょう。

記事内画像:https://www.ntv.co.jp/voice/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク