【なつぞら】128話の視聴率とあらすじ!優ちゃん(赤ちゃん子役)の泣き演技に称賛!

natuzora

【なつぞら】128話の視聴率とあらすじ!

広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第128話が2019年8月27日(木)に放送されました。

今回は【なつぞら】128話の視聴率・あらすじ・感想について。

朝ドラ【なつぞら(夏空)】のキャスト相関図とあらすじ!広瀬すず×岡田将生! 2019年度前期・NHK朝ドラは広瀬すず主演の【な…
【なつぞら】のネタバレ最終週最終回まで! NHK「朝ドラ」こと連続テレビ小説の第100作『なつぞら』が2019年4月~9月まで…
スポンサーリンク

【なつぞら】128話の視聴率

『なつぞら』128話の視聴率は、20.9%!

前回19.7%から1.2ポイントアップとなりました。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)

【なつぞら】の視聴率一覧! 広瀬すず主演の朝ドラ【なつぞら】が2019年4月~9月まで放送! 視聴率20%超え連発で、日…

【なつぞら】128話のあらすじ

なつ(広瀬すず)と坂場(中川大志)は、個人で保育を引き受けてくれる保育ママを探していた。

駆けつけた麻子(貫地谷しほり)とともに近所に配るビラを作っていた。

そこへ明子めいこを連れた茜(渡辺麻友)と下山(川島明)が訪ねてくる。

神地(染谷将太)から話を聞いた茜は、誰よりもアニメーションの仕事の厳しさを知る戦友として、自分たちが優を預かると申し出る。

こうして預け先は月6千円で茜の家に決定。そして4月になり、坂場がマコプロダクションで仕事するため、優を預ける日となった。

離れると泣き出す優を何度もキリがないほど、なつは抱きしめて別れた。

マコプロダクションで働き始めた坂場は、カポネをひょうきんで抜けた感じにしようと提案。暗すぎるという評判を払拭できるという。下山も麻子も承諾した。

なつは出社し、作画作業に入ると、やはり時間がいくらあっても足りないほど忙しい。

遅くなりながら、茜の家に優を迎えに行ったなつ。寝ている優を抱きしめた。

【なつぞら】128話の感想

優ちゃんの名演技に、ネットで称賛の嵐でした。

あまりに自然な泣き方でどうやって撮影しているのか、と驚くほど。

主演の広瀬すずさんはこうツイートしています。

本当の母親と離れて泣くわけではないので、奇跡的な演技ですが…。

リハーサルから天才的な演技だったとは!成長したらどうなってしまうのでしょうか(笑)

※前回127話のあらすじと感想はコチラ

【なつぞら】127話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第127話が2019年8月26日(月)に放送さ…

※次回129話のあらすじと感想はコチラ

【なつぞら】129話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第129話が2019年8月28日(水)に放送さ…

※第22週のあらすじネタバレ

【なつぞら】22週のあらすじネタバレ!  広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』の第22週「なつよ、優しいわが子よ」が2019…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク