【やすらぎの刻~道】54話の視聴率とあらすじ!覗き見してしまう若い男の存在!

【やすらぎの刻~道】54話の視聴率とあらすじ!
倉本聰脚本『やすらぎの刻~道』54話が2019年6月20日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
冴子の部屋に若い男が!?

『やすらぎの刻~道』54話の視聴率とネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】54話の視聴率

**

【やすらぎの刻~道】54話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】54話のあらすじを紹介します。

『やすらぎの刻~道』54話・公式HPあらすじ

「白川冴子(浅丘ルリ子)のコテージに若い男が潜んでいるのを見た」と、コンシェルジュ・有坂エリ(板谷由夏)から相談された、菊村栄(石坂浩二)。水谷マヤ(加賀まりこ)と3人で冴子のコテージを張り込んだところ、なんと中には違法薬物の所持容疑で追われ、世間を騒がせている人気若手俳優・竹芝柳介(関口まなと)の姿が…!?

『やすらぎの刻~道』53話あらすじ・ネタバレ

エリとマヤと菊村は、隙をねらって冴子の部屋に入ると竹芝柳介と鉢合わせ。
驚いて逃げ出してくる。

どうして冴子の部屋に竹芝柳介がいるのかと3人で討論をするが、理解できない。
「ただじゃすまない」というエリは、緑に伝えておくというが、マヤはダメだという。
バレたら冴子が追い出されてしまうから「絶対に話さないで」という。

そこに施設の職員が訪れ謝ってきた。
竹芝柳介を施設に入れたというのだ。冴子に頼まれたという。
事情もわからず施設に入れたという職員らは平謝り。

そこに冴子が訪ねてきた。
冴子は、竹芝柳介は孫だと告白。

<続く>

【やすらぎの刻~道】54話の見どころ

竹芝柳介演じる関口まなとさんは女優・竹下景子さんのご子息。
さてこれからどんな展開になるのでしょうか。
チェックですね。

竹下景子の長男関口まなと「やすらぎの刻」に登場

◆関口まなと(せきぐちまなと)

1986年(昭61)3月20日、東京生まれ。

父は写真家の関口照生氏、弟は俳優の関口アナム。

英演劇学校アカデミー・オブ・ライブ・アンド・レコーデッド・アーツ俳優課在学中に、米映画「47RONIN」のオーディションに合格。俳優デビュー。

帰国後、ミュージアル「MOMO」や舞台「星降る学校」などに出演。

【やすらぎの刻~道】54話の感想

ちょこちょこと桂木婦人が登場します。
ちょっとうるさいおばさんてどこにもいるにはいる。
桂木婦人はちょっと迷惑なおばさん。
認知だから仕方ない?いや、あれは認知ではなく、本人承知の上の行動だと憶測した54話でした。
竹芝柳介は孫だという冴子。これからどうなるのでしょう。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク