【やすらぎの刻~道】16話の視聴率とあらすじ!風間俊介が歩く貝の道の先には何が?

倉本聰脚本「やすらぎの郷」の続編『やすらぎの刻~道』16話が2019年4月29日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。
視聴率は前編「やすらぎの郷」を超えるか!?
第16話視聴率とあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】16話の視聴率

わかり次第更新予定。

【やすらぎの刻~道】16話のあらすじ

『やすらぎの刻~道』16話・公式HPあらすじ

 根来公平(風間俊介)は兄・三平(風間晋之介)に頼まれ、山奥の分校に転任していく室井先生(真山勇樹)の書物を隠す手伝いをすることに…。意気地なしの公平は、“特高警察”に見つかったら、と尻込みしていたが、本家の長男・鉄兵(平山浩行)だけでなく、しの(清野菜名)も仲間に加わってくれて…!?

『やすらぎの刻~道』16話あらすじ・ここからネタバレ

しの(清野菜名)が共犯者になってくれたことで気持ちを楽にした公平(風間俊介)。
鉄平(平山浩行)についてしの(清野菜名)、三平(風間晋之介)、公平(風間俊介)は山をのぼる。

暗い山道。どうして迷わずに歩けるのだろう、と不思議に思っていたのだが、途中、公平(風間俊介)はあることに気づいた。
道にはあわびの貝殻が置いてあった。月明かりに光る貝は美しく幻想的。
それは道しるべに違いなく、闇の中にのびる“貝の道”だった。

本の隠し場所に着く。そこは、樹の根元にある洞穴。
本を穴に埋め隠していく。

誰もが無言で作業を進め、すべてが終わると蒔に火をつけた。
公平(風間俊介)は、三平に問いかける。

「三平兄ちゃん、そんなに危ない本なのか?
どうしてあの本がそんなにいけないんだ?」

答えはない。
そこに、鉄平が野うさぎを捕ってきた。
まだ息をしている野うさぎを殺せといわれるが、三平も公平(風間俊介)もできない。

それを行ったのはしのだった―。

「生き物を殺すのは食べるため。戦争は人を殺すだけだ」という鉄平。

鉄平の言葉に心ゆすぶられた公平。
公平(風間俊介)にとってこの日は“生まれて初めて体験した強烈な一日”だった。

<続く>

【やすらぎの刻~道】16話の見どころ

▲やすらぎの刻名言

【やすらぎの刻~道】16話の感想

野うさぎを殺すことをしのがするという。しのの強さには驚き。戦争がそうさせているのか、しのの気質がそうさせているのか。
いざとなると男よりも女のほうが強いということでしょうか。
“貝の道”や月光など、幻想的な場面が印象的な16話でした。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク