【中学聖日記】 結末の考察!岡田健史が5年待つのは純愛?気持ち悪い?

中学聖日記

画像出典:公式HP

【中学聖日記】結末の考察!

火曜ドラマ『中学聖日記』(TBS)最終回が2018年12月18日に放送されました。

結末が注目された、末永聖(有村架純)と黒岩晶(岡田健史)の恋はみごとなハッピーエンド。

しかし気持ち悪いの声も?その意見ってどうなの!

という賛否の意見を踏まえ…、

一時は視聴率5%台から評価・注目度が急上昇し、最終回視聴率9%までアップした異例の人気ドラマを、特にラストの結末に着目して考察してみました。

今回は【中学聖日記】 結末の考察!岡田健史が5年待つのは純愛?気持ち悪い?について。

※見逃した方は配信で全11話見放題独占のパラビで。

Paravi

スポンサーリンク

【中学聖日記】の結末

中学聖日記ラスト結末

画像出典:http://www.tbs.co.jp/chugakuseinikki_tbs/report/

【中学聖日記】の結末は、ひとことで言うと…

黒岩晶(岡田健史)が聖(有村架純)と別れたあと、5年後にジャンプして、タイで日本語教師を務める聖と劇的な再会を果たす。

という結末でした。

*最終回のあらすじネタバレについて、詳しくはコチラ

画像出典:公式HP 【中学聖日記】最終回の視聴率とネタバレ! 火曜ドラマ『中学聖日記』(TBS)最終回が12月18日に放…

【中学聖日記】結末の考察

このように【中学聖日記】の結末はハッピーエンド。

しかし、その5年後のラストには賛否もあるもよう。

なので、ここから考察していきます。

岡田健史が5年待つのは気持ち悪い?

こんなのは決して美談ではなく、ただの“粘着”ですよ。たまたま有村も独り身を貫いていたからいいものの、もし結婚してひっそりと日本に戻っていたら、岡田は想う相手が不在のタイで途方に暮れていたはず。そもそも有村の元を訪れたということは、勤務先などを調べ上げていたわけで、その行動はもはやストーカーと一緒でしょう。

出典:https://asajo.jp/excerpt/64362

「美談ではなく気持ち悪いだけ!?「中学聖日記」のラストシーンに女子が鳥肌」と題してバッサリと【中学聖日記】の最終回結末をぶった斬ったのが「アサジョ」というサイト。

*「アサジョ」とは徳間書店が運営するニュースサイトで、芸能、イケメン、ラブ、 グルメなど30代~40代の大人女子向けのニュースサイトです。

ラストは美談ではなく、黒岩晶(岡田健史)の「粘着」「ストーカー」らしいです。

晶(岡田健史)が聖(有村架純)と別れたのは高校3年・12月と推測されます。晶が高校3年の冬から4年制大学の卒業まで、ずっと聖のことを想い続けていた。

そして聖(有村架純)も28歳から33歳までの間、結婚していなかった、ということ。

粘着というより、「執着」という方が分かりやすいかもしれません。

この「気持ち悪い」は主観ではないか?と指摘したいです。

そして「執着」の何が悪い! とも言いたいです。

執着とストーカーは違う

本屋大賞・直木賞を受賞している人気作家・辻村深月氏の小説で以下の言葉があります。

「愛は、イコール執着だよ。その相手にきちんと執着することだ」

(辻村深月・著、『スロウハイツの神様(上)』文庫本p58)

愛は執着だと断言しています。

相手のことが好きなら執着するはず。

ストーカーは相手につきまとうことなのですが、【中学聖日記】の晶(岡田健史)はおそらく5年間、聖に電話したり待ち伏せしたりしていません。

一途に想い続けていた、執着していただけではないでしょうか。

岡田健史が5年待つのは純愛?

先述の「アサジョ」では多くの女子が気持ち悪いと感じたと報じていましたが…

【中学聖日記】の結末をハッピーエンドと解釈し、素直に感動した視聴者も多いです。(統計をとるのは難しいですが…)

末永聖・黒岩晶の愛は純愛!」といえる理由で浮かぶのは、肉体関係を結んでいないプラトニック・ラブ(Platonic love)なこと。

放送前、未成年に手を出すなんて「犯罪!」と言われた本作。

しかし実はキス・ハグはあったものの性的関係なしの純粋な好きを描きました。

精神的な愛だから純愛、それはそうですが…

ここでは最終回の結末に着目して、以下の3つの理由もあると考察しました。

理由①愛子(夏川結衣)が認めた愛

【中学聖日記】の深いところは、ただ障害を乗り越えてのハッピーエンドでない点。

障害になる登場人物、それぞれの人物の想いを丁寧に掬い取ったこと。

とくに晶の母・愛子の役割は本作において重要で、けっして先生と生徒の恋を肯定するドラマではない、というスタッフのメッセージが込められています。

息子の恋を邪魔する悪役のような、つらい立場にあった愛子。

そんな愛子の言動を肯定する塩谷(夏木マリ)の再登場がとても深い!

同時に聖の母・里美(中嶋朋子)の母の愛も見せます。聖とは絶縁状態なのに、海外赴任を聞いてつらい時には帰ってきなさい、食事くらい出せると愛情を示します。

母親の厳しさと同時に、どうなっても放っておけない愛を描きました。

最終回のラストでは晶が「末永聖様」と書かれた封筒と共に誓約書を渡しました。

愛子さんが晶に誓約書を渡すシーンはありませんが、渡す際にどんな声をかけたのか想像が膨らみます。

勝太郎の連絡先を知る愛子が「先生、タイにいるわよ。行ってきなさい」などと告げて後押した?

そんな妄想もふくらみます。

過程はどうあれ、最終回ラストの結末は、ついに母に認められた、晶が愛を貫いたシーンです。これこそ純愛です。

理由②末永聖(有村架純)の自立による答え

【中学聖日記】は末永聖(有村架純)の成長・自立を描いたドラマでもあります。

指摘したいのは2点。

(ⅰ)聖の誓約書サインの際の発言

最終回で聖(有村架純)は愛子さんにこう告げました。

聖「黒岩君に大事なのは、未来です。どんなに心で思っても、表に出してはいけなかった。

本当に彼を思うなら、与えなければいけなかった、時間や距離や可能性、それが大人としての責任だったのに…」

聖が晶と駆け落ちして突っ走ることはありませんでした。(島への2人の逃避行は自殺を心配しての誤解です。大雨の中の一夜など、やや都合よいですが…)

もう嘘はつけないと聖は第9話ラストで「黒岩くんが好き」と告げて、第10話で教師としてでなく黒岩くんが好きです、と愛子・里美に告げたのに…。

自分より相手のことを想って、二度と会わないという誓約書にサインした聖。

自立した聖の本当の気持ち

原口(吉田羊)は最終回にてこう発言しました。

原口「正解なんかない。わかるわけもない。だから自分自身の正解を探すの。

1人で立って、だから自分自身の正解を探すの。1人で立って、その先に答えがあるって信じてる」

聖が混乱している中、「みんなそうよ」と原口が言ってからの発言です。

先に本作は聖の成長を描いたと言いましたが、聖が迷って迷って正解をみつけるまでの物語ともいえます。

聖の出した答えは晶と別れ、タイで教師を続けること。

ここで疑問なのが、晶(岡田健史)が5年後にタイを訪問した際に聖に恋人がいる、または結婚していないか不安じゃなかったのかな? ということ。

これも本編では描かれていない余白なのですが、愛子から「先生はまだ独身よ」と言われた?

または、赤ちゃんのいる原口(吉田羊)と晶が再会して聖の近況を知ったのかも…。

聖(有村架純)が出した答えは独身。そして今は仕事に取り組むこと。

生涯一度の恋をしてしまって仕事に捧げているともいえます。

黒岩晶は、愛子または原口から自立した聖の近況・気持ちを知ったからタイへ訪問した、そんな余白を想像で補うと「5年も経って結婚してるかもしれへんのにストーカーやん!」とはなりません。

そして聖が迷って自立して辿り着いた答え、その一途な想いは「純愛」と言えるでしょう。

理由③黒岩晶(岡田健史)の純愛

黒岩晶の純愛について以下の2点がある、と考察してみました。

(ⅰ)イケメンなのに5年間一途に想い続けたこと

晶(岡田健史)の5年間はどんな日々だったのでしょうか。

あれだけイケメンだから、岩崎るな・愛称「るなち」(小野莉奈)に言い寄られたように多くの誘惑があったことでしょう。

それを断るなんて「気持ち悪い」と思う方もいるかもしれません。

しかし、5年間もフラフラしなかった一途さ。これを「純愛」と呼ばずに他の何を呼ぶ?

(ⅱ)5年前の別れにみる「応援」する愛

しかも晶はただずっと5年間、聖先生を想い続けていただけではありません。応援していました。

自分を犠牲にして相手の幸せを願う愛。お互いを思いやった観覧車の別れ…。

ラストから5年前のこの観覧車の別れをとても丁寧に描いたからこそ、ラストに爽快感があり、カタルシス(≒心の浄化)があったのでは?

観覧車に一人乗っていた聖に原口(吉田羊)の携帯を借りて電話する晶。

「黒岩君に逢えてよかった」と涙する聖に対し、晶は「聖ちゃんに幸せになってほしい。だからもう会わない。でもずっと願ってる。幸せになって」と呼びかけ「がんばれー!」と叫びました。

観覧車が上に行くたびに、遠ざかる晶のカットが印象的です。

契約違反なのですが、これくらいのズルはありでしょう。

こんなにも綺麗で、相手のためを想う、お互いを応援するロマンチックな別れがかつてあったでしょうか…。

これこそ「純愛」と言えるでしょう。

【中学聖日記・結末の考察】のまとめ

以上、【中学聖日記】の結末について考察してきました。

最後に、原口(吉田羊)が第8話・第10話で自由について語っていたことに触れてまとめに代えます。

中学聖日記の成功理由は「自由な好き」「誠実」「現実的」!

ドラマ8話にて、勝太郎(町田啓太)から籍を入れた方がしばらく遠距離でも安心、という趣旨のプロポーズをされた原口さん。

その際「試さなくていい。私たちは、自由に好きでいられるんだから」と言っていました。

されに第10話で晶に捨てられて涙する聖に対して「何もないって、何からも自由ってこと」と発言。

本作は多角的な見方ができるドラマなのですが、自分に嘘をつく聖が自分の想いを貫くドラマでもあります。

原口の解釈では、世間・常識にとらわれる必要はなく好きは「自由」なのです。

しかし成人・オトナの責任もあるため、本作がハッピーエンドな結末になるなら晶が20歳になる2020年にジャンプが予想されていました。

しかし学生結婚でなく、社会人になってからの結婚。

「愛」があれば周りに迷惑かけもいいと示す、夢いっぱいのお花畑・おとぎ話のような結末ではなく、愛には自立・責任が必要…

──そこまで示したのですから、本作を不道徳なドラマと断罪できません。

放送前や初回の印象を覆し、視聴率9%台までアップした【中学聖日記】

その成功理由は意外にも登場人物を誠実に描き、フィクションでも現実的に描いたからではないでしょうか。

ただし5年後が駆け足すぎたのは否めません。

原口・勝太郎カップルのその後も気になります。

ぜひ続編・スピンオフや5年間のことなどを補足してほしいのですが、いかがでしょうか。


【中学聖日記の関連記事】

ドラマ【中学聖日記】のキャストとあらすじ! 2018年10月スタートのTBS火曜よる10時のドラマは、有村架純主演で『中学聖日…
【中学聖日記】の視聴率と最終回ネタバレ! 2018年秋のTBS火曜22時のドラマは【中学聖日記】 主演・有村架純、新人・…
画像出典:公式HP 【中学聖日記】最終回のあらすじと予想! ”教師と生徒”の禁断愛にハマる人続出のTBS火曜ドラマ『中学…
出典:TBS公式HP ドラマ【中学聖日記】主演・有村架純の相手役・岡田健史が大人気。 これまで事務所のプロフィールページ…
画像出典:TBS 【中学聖日記】ロケ地まとめ!有村架純と岡田健史の学校・駅・逃避行先ほか 『中学聖日記』は聖先生(有村架…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク