【半分、青い】143話のあらすじと視聴率!松雪泰子のタイトル回収に反響!

半分青い24週

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第24週「風を知りたい!」

143話が9月14日金曜日に放送されました。

今回は【半分、青い。】143話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】143話の視聴率

半分青い24週7

【半分、青い。】143話の視聴率は、21.7%

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】143話のあらすじネタバレ

手術は成功したものの、晴(松雪泰子)の5年生存率は50パーセントだと宣告される。

晴を心配する鈴愛(永野芽郁)は、花野(山崎莉里那)を連れ岐阜に帰省。

そこで鈴愛は晴から、毎日が幸せで仕方がないと打ち明けられる。

朝が来るだけで幸せ。どんな時もキラキラしていて幸せ病だという。

晴の手には鈴愛が幼少期に作ったゾートロープがあった。

晴は今まで見えない景色が見えていた。鈴愛が「半分、青い」とあの頃つぶやいたように…。

一方、渦のない扇風機を考えていた律(佐藤健)は、不眠不休で没頭する。

が、打開策を見出せない。見かねた津曲(有田哲平)が、少し休んだほうがいいと声をかける。

律はすぐ再婚した元妻も思い出し、風はただ風だからいい、とつぶやく。津曲も応援するよ、と共感した。

その頃、鈴愛は健人(小関裕太)の新婚旅行のイースター島のおみやげから、あることを思い出して…

【半分、青い。】143話の感想

【半分、青い。】143話のまとめ

鈴愛が「半分、青い」とつぶやくのは、幼少期の失聴の頃。

何かを失って、見方が変わっても楽しむ姿勢。

これが私の人生、と言える晴。

もちろん批判も多い本作ですが、なかなか良いタイトル回収でした。


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第24週のネタバレと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説【半分、青い。】第24…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク