【リピート】7話のあらすじと視聴率!知恵(安達祐実)が怪しい?謎が謎を呼ぶ!

リピートの表紙

【リピート】7話のあらすじと視聴率!

「イニシエーション・ラブ」の乾くるみ氏原作ドラマもいよいよ後半戦!

こわキャラ演技で話題の町田由子(島崎遥香)が亡くなり、目が離せない7話(2/22放送)の内容は?

スポンサーリンク

【リピート】7話の視聴率

【リピート】7話の視聴率は、3.2%!

ここまでの全話平均は3.2%!

前クールのブラックリベンジは3.4%でした。

【リピート】7話のあらすじ

リピート7話

町田由子(島崎遥香)が篠崎鮎美(貫地谷しほり)の部屋で死亡。鮎美と毛利圭介(本郷奏多)の元に天童太郎(ゴリ)も駆け付けた。

天童は捜査が入るとリピートの秘密がばれる可能性があると判断。10か月前に戻りこの状況をなかったことを提案する。遺体は天童が処理することになった。

鮎美は圭介の部屋に避難。圭介は巻き込んだことを謝罪し、「鮎美が好きだって気持ちは変わらない。リピートして人生をやり直そう」と言う。だが鮎美は「考えさせて」と答えた。


天童は、由子の遺体を山に埋めた。由子のスマホに大森知恵(安達祐実)から着信があった。

天童は圭介とともに知恵に会う。知恵は由子にリピートを知った理由を聞きだそうと電話したという。知恵は由子の死を知ると驚く。天童はこれは風間(六角精児)の弱みになると言い出す。

鮎美と圭介が由子の件で捕まると、リピートのことが知れてしまい、一番困るのは風間だと…。揺さぶりをかけようと3人は意見が一致する。

2週間後。2017年5月2日。

鮎美が図書館の仕事に復帰すると、谷本(清水伸)という興信所の男が訪ねてきた。行方不明になった由子を探しているという。谷本は由子の図書館カードから訪れたのだ。鮎美ははぐらかすが…。

鮎美は天童と圭介に谷本の件を話す。圭介は来年の1月11日まで逃げ切って再度リピートすることを鮎美に求める。由子を死なせた記憶も抱え、一緒に共有して生きることを訴えると、鮎美は決心を固めた。

5月6日。
回龍亭に集まった天童、圭介、鮎美、知恵は風間に由子の死を伝え、「もう一度リピートをしたいんだ」と訴える。しかし、風間は断った。

天童がリピートがばれると脅すも、身を隠し、リピートすると平然とかわされた。

知恵がバイオプラントの研究のためと食い下がる。考えておく、と折れた風間。だが、何人が生き残れるかと不安を煽った。

天童らは再び行方不明の坪井要(猪野広樹)を探す。坪井が連続殺人犯として最も疑わしいからだ。

一方、圭介は風間を尾行。ミラーズコートというマンションに入っていったが見失った。

その頃、繁華街の店に坪井がいると、知恵が現れた。親に見捨てられ、女性たちに訴えられてどん底の坪井は知恵を頼った。「出し抜いて私たちだけでリピートする?」という知恵の提案に坪井は賛同した。が、その帰り道、何者かがつけてきて…。

そんな折、鮎美もつけられている気配がした。

再び天童のカフェに集まった鮎美と圭介。天童は圭介からマンションの名前を聞いて青ざめる。とある死体を思い出す天童…。

圭介はカメラマンをやり直すと話す。鮎美は喜んだ。だがその翌朝、谷本が圭介宅を訪ねてきた。鮎美も見られ疑いの眼差しが…。

一方、繁華街のゴミ集積所で、坪井が死体となって倒れていた…

【リピート】7話の感想

坪井がまさかの死亡。

そして興信所に疑われる圭介と鮎美。

大森知恵も何やらサプリを飲んでいた意味深シーンは一体?

天童も何やらマンション名に反応。まだ隠された謎が!

終盤でも飽きさせない展開に次回8話(3/1放送)も見逃せません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク