【民衆の敵】9話視聴率は7.0%!市長(篠原涼子)大ピンチも視聴者は田中圭のあの音に夢中

【民衆の敵】最終回直前9話の視聴率とあらすじ!

篠原涼子、高橋一生、石田ゆり子、田中圭、千葉雄大、前田敦子ら豪華キャストを揃えたのに大爆死といわれている【民衆の敵】。

藤堂(高橋一生)が副市長になり、新市長(篠原涼子)はまたもや大ピンチに!

今回は、【民衆の敵】最終回直前9話の視聴率とあらすじ、感想について!

スポンサーリンク

【民衆の敵】見逃し動画

【民衆の的】1〜9話まで全話はTVerやFODプレミアムで配信中です。最終回前にイッキ見してみてはいかがですか?

【民衆の敵】9話の視聴率

【民衆の敵】9話の視聴率は7.0%でした。前回より1.7%アップで起死回生? 最終回には、夢の2ケタ達成できるでしょうか。

ほかのドラマはほぼ終了したので、ドラマ好きがリアタイ視聴してくれるといいのですが。

【民衆の敵】9話のあらすじ

【民衆の敵】9話/藤堂(高橋一生)が犬崎(古田新太)に宣戦布告

「あなたは幸せですか?」智子(篠原涼子)は市民ひとりひとりに問いかけ続けている。市民の幸せを実現することを理想に掲げているからだ。

一方藤堂(高橋一生)は、「政治は清濁併せ呑むもの」と育てられてきたが、智子に会ってからそのことに疑問を持ち始めてきた。

副市長に就任したら、智子の理想の社会作りに尽力すると宣言。

怒る犬崎(古田新太)に「藤堂家のことを考えたほうが…」という前田(大澄賢也)たちに、藤堂はサラブレッドじゃない、とんだハミダシものだという犬崎。

【民衆の敵】9話/映画「プライベート・ライアン」に思う幸せのための正義とは?

居酒屋で藤堂の副市長就任の前祝いをする智子、藤堂、未亜(前田敦子)、園田(斎藤司)。「目の前の人を幸せにする」という智子の政治について話し出す。

映画「プライベート・ライアン」を思い出すという藤堂。あの映画は、ライアンが助かってよかった、という感動の物語だという智子に、ライアンを救うために何人もが命を落としているのに、と疑問を呈す藤堂。

【民衆の敵】9話/ニューポート建設計画遂行のために犬崎(古田新太)が藤堂(高橋一生)に渡したジョーカーとは?

犬崎がニューポート計画を推進するためにでっちあげたアミューズメントパーク「あおばランド」建設計画について犬崎の事務所に乗り込む藤堂。

犬崎は藤堂に聞く。「あんた、俺の敵か、味方か?」

「そんなことにこだわってるなんて、小さい」と答える藤堂に、犬崎はとうとう、デリヘルの莉子(今田美桜)と藤堂の写真を切り札に出す。

演説はうまいけど、女の捨て方は下手だな。犬崎は莉子に藤堂の縁談の話を吹き込んで2人の思い出に撮ったはずの藤堂と莉子の写真を手に入れていたのだ。

【民衆の敵】9話/市長(篠原涼子)リコール騒動勃発

街中では、「佐藤市長をリコールしてあおばランドを作ろう」と、でっちあげのアミューズメント・パーク建設を餌に犬崎派が、市民をリコールへと誘導。

犬崎(古田新太)との攻防に敗れた藤堂(高橋一生)は、自分についてのスキャンダルが出ることを智子に匂わす。

「不倫? 相手は誰?」とおもしろがる智子だが、藤堂は「出てのお楽しみ」と濁す。

【民衆の敵】9話/不正献金疑惑で智子は民衆の敵に!?

しかし出てきたスキャンダルは、智子の不正献金ネタ。新聞記事のゲラを見た和美(石田ゆり子)は智子のもとに。犬崎は、実在しない後援会や開催したことがないパーティの領収書などを用意周到にねつ造していたのだった。

園田(斎藤司)は、農家の支持者から公約が守られていないと責められ、智子が市長になってから市政が滞っていると文句をいいにくる。

智子は自分の脇の甘さを痛感するとともに、簡単にウソの証拠がねつ造される現実を知る。河原田市長の汚職疑惑も、望月(細田善彦)がハメられていたのだろうと思う。

岡本(千葉雄大)は、智子の不正献金疑惑を耳にして、河原田(余貴美子)のもとを訪ねていた。

智子が河原田を尋ねると、「青葉士郎」を名乗り望月をハメた小野がやってきて、富田(渡辺いっけい)からそそのかされ、奨学金の返済のためにやったと告白。

小野にその事実を証言してほしいと頼むが、河原田は反対。自殺した望月(細田善彦)のプライバシーを守りたいのだった。

智子は、望月と小野をハメた富田(渡辺いっけい)に証言させようと、犬崎の事務所に殴り込み、宣戦布告。

市庁舎の前に押し寄せたマスコミに智子は無実を主張。そこには以前「あんたに期待してるよ」とリンゴをくれた女性が来ていて、リンゴを投げつける。

「あんたは民衆の敵なんだよ」

【民衆の敵】9話の感想

ひとりを救うために多くの人が犠牲になってもいいのか、多くの人を幸せにするためにひとりをないがしろにしていいのか、というのが「民衆の敵」の命題なんですね。

今回は居酒屋トークで「プライベート・ライアン」をいきなり導入!

高橋一生さんの主張にNHK大河「直虎」の政次を思い出した人も!

そして藤堂(高橋一生)は犬崎(古田新太)からジョーカーを突きつけられ、智子市長(篠原涼子)はねつ造の不正疑惑で最大の危機に!

という緊迫した内容だったにもかかわらず、話題を集めたのは副音声のこの2人!

田中圭さんのキュルルーというかわいいお腹の音が、マイクにしっかり拾われていて視聴者は歓喜&大爆笑。田中圭さんの自然体トーク、楽しかったですね。

そしてラストでボディガード=BDか! とつっこみたくなる高橋一生さんのスマートな見のこなし。グッときちゃいましたね。

【民衆の敵】9話のまとめ

一難去ってまた一難。犬崎(古田新太)の悪党ぶりがいよいよ本領発揮! しかし、こんなにまでして一度でも智子を市長にする必要があったのか疑問です。

智子を市長にしたのは、河原田元市長 (余貴美子)を失脚させる目的ではあったと思いますが、もともと犬崎派が最大勢力だったはずだし…。

「ニューポート建設計画」推進の裏には藤堂家がからんでいそうだし、最終回予告を見ると、藤堂(高橋一生)は実は智子の敵だったのかも? と匂わせているので、果たしてどうなるか。

最終回前話となっても着地点がまったく見えない…。

いったいどうなるのでしょうか! 佐藤家にはまた平和な日々が帰ってくるのか。

最後まで見届けましょう!

月9ドラマ【民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?】の視聴率とあらすじ! 篠原涼子主演の痛快政治エンターテインメント【民衆の…
2017年10月期のフジ月9は、【民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~】に決定! 主演は、篠原涼子。 学歴…
スポンサーリンク