【相棒16】5話視聴率は14.6%で1.8p下降!米沢守(六角精児)の再登場も賛否両論?

【相棒16】5話の視聴率とあらすじ!

  • 人気は安定で、秋ドラマ・2位の視聴率キープ中!
  • 特命係:水谷豊×反町隆史の3年目。第5話が11月15日に放送されました。
  • 米沢守・再登場で注目必至………空白の23年の謎とは?あらすじをネタバレします。
  • ゲストや感想で話題なこともまとめます!
ドラマ【相棒シーズン16】のキャストとあらすじ!水谷豊×反町隆史コンビ3年目の運命は?
10月18日(水)よる9時初回拡大スペシャルでスタート!ドラマ【相棒 season16】のキャストとあらすじ! 水谷豊さん主演…
【相棒16】の全話あらすじ・感想と最終回ネタバレ!水谷豊×反町隆史3年目で見納めか
ドラマ【相棒16】の全話あらすじ・感想と最終回ネタバレ! 水谷豊×反町隆史の相棒、運命の3年目! シーズン15の最終回で…
スポンサーリンク

【相棒16】5話の視聴率

【相棒16】5話の視聴率は14.6%

前回から1.8ポイント下降も好調キープ!

【相棒】の歴代視聴率一覧表とランキング! 最新作シーズン16の最終回まで更新中!
ドラマ【相棒】の歴代視聴率一覧表とランキング! 最新作シーズン16の最終回まで更新中! 水谷豊さん主演の国民的刑事ドラマ「相棒」の…

【相棒16】5話のゲスト

南沢奈央(役:樋口真紀

樋口真紀………自身も警察官で、教官・樋口彰吾(佐戸井けん太)の娘。家族は彰吾と2人だけ。

南沢奈央(みなみさわ なお)………1990年6月15日生まれ。埼玉県出身。スウィートパワー所属。 2006年にドラマ『恋する日曜日 ニュータイプ』で、主演デビュー。以降ドラマと映画の『赤い糸』主演など、多数出演。

佐戸井けん太(役:樋口彰吾)

樋口彰吾………元警官で、現在は警察学校の教官。23年前のある事件で現場から退いた。

佐戸井けん太(さとい けんた)………1957年5月14日生まれ。千葉県出身。シス・カンパニー所属。)。『踊る大捜査線』シリーズをはじめ多数出演。

羽場涼介(役:手塚英雄)

ⓒオフィスPSC

手塚英雄………警察学校の生徒、ある目撃証言をする。

羽場涼介(はば りょうすけ)………1991年8月13日生まれ。東京都出身。オフィスPSC所属。父は俳優の羽場裕一。テレビ出演に「土曜ワイド劇場 逆転報道の女5」「グッドパートナー無敵の弁護士」など。

六角精児(役:米沢守)

米沢守………元鑑識課。

六角精児(ろっかく せいじ)………1962年6月24日生まれ。兵庫県出身。劇団扉座所属で、マネジメントは舞プロモーション。『相棒』の初期から米沢役で活躍。映画『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』では主演を務めた。

【相棒16】5話のあらすじ

第5話「手巾(ハンケチ)」

脚本:浜田秀哉 (連続ドラマ「ラストホープ」の脚本で第2回市川森一脚本賞を受賞。ほかに「ナオミとカナコ」全10話「Chef ~三ツ星の給食~」全10話など。)

監督:内片輝 相棒シーズン14 第14話「スポットライト」、シーズン15 第16話「ギフト」, 第17話「ラストワーク」シーズン16 第3話「銀婚式」)

米沢守の緊急要請が特命係に!
警察学校で起きた「転落事故」と23年前の事件は繋がるのか?
特命係が挑んだ“空白の23年間”の謎のあらすじをネタバレ紹介。

深夜、警察学校で転落事故

右京(水谷豊)亘(反町隆史)は、警察学校で教官を務める元鑑識の米沢守(六角精児)から連絡を受け、校内で起きた“転落事故”の現場に臨場する。意識不明の重体で病院に運ばれたのは、樋口(佐戸井けん太)というベテラン教官で、亘も指導を受けた人物。

樋口は、警察学校で資質に欠けるとみたらプライベートまで調べあげる教官。不適格ならば容赦なく切り捨てた。亘も1年前に樋口の厳しい査定をくぐりぬけた内のひとり。

警察学校を訪れた右京たちは、現場の状況から事件性が高いと判断した。

独自の捜査を始めた右京と亘は、樋口の入院先で彼の娘・真紀(南沢奈央)と顔を合わせる。真紀は所轄の刑事で、現在は電機メーカーの機密データを盗んだ後、死亡した男の事件を追っているという。

真紀は父と娘・2人だけの家族。父は重体なのだが病院を去るようで…

真紀は膠着状態になっているその事件の手掛かりを見つけたと言って、意識が戻らない父親を尻目に、捜査に戻ってしまう。冷淡すぎる真紀の態度に疑念を抱く亘。

亘は目撃者捜しをする。すると、事件当日に屋上にあがっていく見知らぬ女性の目撃情報が。

特徴を絵にすると、そっくりな似顔絵となったが、それは樋口真紀だった。

さらに23年前の事件で樋口が現場を退いたことが分かる。

右京は真紀が追っている北吉祥寺署の管内の事件、伊丹たちが追うビジネスホテル変死事件を追う。所轄の真紀巡査がデータ漏えいの真相を……

右京は、教官転落とデータ漏洩、ふたつの事件に関連があるのではないかと推理。捜査を進めると、かつて刑事だった樋口が23年前にかかわった事件との奇妙な符合が発覚して…!?

警察学校で起きた教官の転落と機密漏洩事件に繋がりが?
それら2つの事件と23年前の事件の奇妙な符合とは!?
過去から現在へと繋がる難解な事件に特命係が挑む!
樋口教官の事故は午前0時から1時のあいだ、その頃に真紀巡査からこう着していた変死事件の手掛かりを伊丹に報告した。何か関わりがありそうだと右京が疑う。

伊丹が追う事件は、野田啓介がビジネスホテルで首をつっていた事件。自殺は偽装の可能性があった。ネクタイの上からタオルをまいて吉川線がのこらないようにしていた。それに金が振り込まれていなかった。

真紀によると、野田の5才の息子が拉致監禁されていたため、データを盗んだ。真紀は息子の対応で気づいたというが…
23年前の事件とは桟原誠一が自殺した事件。データ漏えい容疑があり今回に似ている。
真紀は3才の頃、養子になった。戸籍によると真紀の本当の父親は桟原誠一だった。
真紀は防犯カメラから野田翔太くんを拉致した男を探していた。
真紀は右京たちに、警察学校に入る前に本当の父を聞いたと話す。しかし最近、翔太君が描いた絵の刺青の男に見覚えがあった。断片的な記憶。つまり真紀も23年前、同じ刺青の男に拉致監禁されていたのではと疑う。
浅原は自殺でなく殺人と気づいていていたのに自殺と処理した。だから養子にした。罪悪感から。

芥川の短編を彷彿させる娘…

「花の里」にて、右京は芥川龍之介の短編「手巾(ハンケチ)」を亘に話す。子どもの死を冷静に語る母親、しかしテーブルの下でハンケチをきつく握っていたという内容。顔は冷静だが心では慟哭していたという話し。
右京は気づいていた………真紀も病院でハンカチをちぎれんばかりに握りしめていた。机の下で。
真紀から電話があり、亘は樋口教官の家へ向かう。部屋には、警察官の資質調査のため休日の行動確認をした資料でいっぱいだった。・・・青木は警察嫌いだからこそ良いという褒め言葉や、亘については『軽口をたたく傾向。目的のためには奔放。ただし彼には矜持がある。正義を貫く強さだ』と賛辞があった。
伊丹たちが刺青の男を逮捕した。久保田武士・25才、不動産会社社員だが暴力団のフロント企業だ。23年前は2才だから模倣犯。兄貴分・赤松が5年前事故で死亡したときに刺青を引き継いだ。
実行犯は、警察官失格としたなかにいるはず。樋口の調査資料を右京たちは調べると、久保田の不動産会社に出入りしている警察官を発見する。

真犯人は味方のふりを…

右京たちは目撃証言をした警察学校の生徒・手塚英雄(羽場涼介)に話しを聞く。23年前の実行犯・赤松健彦と、共犯は手塚正敏…父親だった。
手塚正敏の会社の借金の穴埋めのため、今回事件を起こした。
犯罪者になるために警察学校に入った。「俺にとって最高の犯罪養成学校だったよ」
右京は樋口教官が見逃すわけがないと話し、激昂して「警察官をなめるんじゃない!!!!」
手塚正敏たちは逮捕された。
「警察官失格です。」と真紀は引導を渡した。しかし右京は樋口教官の思いは引き継がれるだろうと思っていた。

【相棒16】5話の感想

米沢さん再登場で視聴者の反応は賛否両論!?

ネットが荒れました…

米沢さん登場に「元気だ」と安心しざわついた視聴者ですが、あまりの少ない時間に悲鳴と失望に………。

しかし予告で「ラムネだ!」と大河内監察官の登場で気持ちを持っていかれるファン多数。

相棒ファンは見続けることになりそうですね。

今回のドラマ自体は、父と娘の物語で、芥川龍之介の短編を使った巧い演出でした。

次回も期待です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク

『【相棒16】5話視聴率は14.6%で1.8p下降!米沢守(六角精児)の再登場も賛否両論?』へのコメント

  1. 名前:もも 投稿日:2017/11/16(木) 08:22:28 ID:0a3c2861e 返信

    芥川の「手巾」は、顔は平静を装っていながら隠された手は震えていた、実は心で慟哭していた、が、それは二重の演技である、という話です。芥川はストリンドベルイの言うこの演出法を臭味と名付けています。震える手も「演技」なのですよ。脚本家の浜田秀哉は知らずに書いたのでしょうか?ディレクターの面々もご存じないとは?水谷豊にこんな脚本の演技をさせるなんて、酷いです。